2016年05月14日

さくらゆきさん「対い蝶」の感想( ´ ▽ ` )ノ

大谷吉継.jpg
イラスト作者様のページはこちら
http://realsengoku.blogspot.jp/
(・・・あ、今気づいてしまいましたが、死没年、1660年とある・・・。おそらく0と6を記載ミスされたのかと。てなワケでさっそく作者様にメール送りました(><))


どうも〜〜!
jamiです( ´ ▽ ` )ノ
戦国好きのjamiです( ´ ▽ ` )ノ
戦国好きなくせして詳しくないjamiであります(`_´)ゞ

本日もこのJIKOMANNブログを覗いてくださり、ありがとうございます。
はい。JIKOMANNであります。
どうぞよしなに♪( ´▽`)


さてさて

前回に引き続きまして、元祖・歴史系アーティストの『 さくらゆきさん 』の記事でございます。
今回も、アルバム『 赤き絆 』の感想でございます。


「対い蝶」


対(むか)い蝶といえば、あの方ですね(^^)
アルバムの三番手をつとめるは、大谷吉継であります。
であります。と言いつつ、他にも対い蝶が家紋の武将さん、いたのかな?
戦国好きではありますが、詳しくはないjamiであります。
スイマセンm(_ _)m
自称・戦国武将ファンでありますm(_ _)m


「譲れない想いが 止め処なく心を叩いて
 その身を賭けた覚悟を知る」

三成さんとのシーンですね。
秀吉さん亡きあと、最大勢力となった家康さん。
いずれ徳川の天下となるは明らか。
そこに待ったかける石田三成!
そして吉継さん、

「無理だからやめなはれ(・谷・)」

しかし諦めない三成さん。だから吉継さん、

「だから無理。おそらく負ける(・谷・)」

それでも諦めない三成さん。でもって吉継さん、

「死ぬよ。たぶん死ぬよ(・谷・)」

それでも三成さん・・・


そんなこんなで三成さんの覚悟が伝わったのか、最終的に加勢することを決める吉継さん。
そして迎える関ヶ原の戦い。
結果は周知の通り。
善戦するも力及ばず、討ち死にしてしまいます。


義を選んだのか友情を選んだのか、不利とされる道を選んで散っていった大谷吉継。
最初は徳川勢につくつもりだったそうです。
事実、三成さんより強大な家康さん。
それでもこの道を選んだ吉継さん。



「譲れない想いが 止め処なく心を叩いて
 その身を賭けた覚悟を知る」

良い歌詞です。
良い歌です。
心に沁みます。

戦国ロマンです。
私、こういった時、戦国ロマンを感じます。

ぶっちゃけ、歴史に関していろいろな意見・視点があります。
この吉継さんと三成さんの友情(?)も、「そんなものはない」とおっしゃる方もおりますし、「そのエピソードは江戸時代につくられたもの」といった話も聞きます。
かく言う私も、「歴史はすべて闇の中」だと思っております。
超大前提として、「歴史はすべて闇の中」なんだろうなと。
話の美化・すり替え・誤解・捏造などで溢れかえっていることでしょう。

そもそも、戦国無双のようなイケメン・美女がカッコ良く、美しく華麗に戦い、活躍していたなどとは思っておりません。
みんなもそうだよね?
分かってるよね?
実際には、おぞましくて残酷で汚くて醜くて吐き気がするほど不快な世界が広がって・・・
みんなもそうだよね?
分かってるよね?



でも!!!

それでいいんです!!!

それを分かったうえで空想するんです!!!(・谷・)
分かったうえで妄想するんです!!!(・谷・)
それが私の戦国ロマン(^^)

描きたいように描くんです!
心の中で戦国を。武将を。義将を。勇将を。知将を。猛将を。
物語を紡ぎ出すんです!
どうせ真実は闇の中。だったらいいじゃないですか、自由に思い描いちゃえば。

闇の中なら「おぞましくて残酷で汚くて醜くて吐き気がする世界が広がって・・・」ないかも知れないし。


「譲れない想いが 止め処なく心を叩いて
 その身を賭けた覚悟を知る」

良い歌詞です。
良い歌です。
心に沁みます。
この歌をつくってくださった方々に感謝ぁ!
戦国ロマンを感じさせてくださる方々に感謝感謝ぁ!!

ぜひとも多くの方に聴いてもらいたいです(^^)
戦国好きには心地良いんではなかろうか。
私は好きです(^^)

ではまた〜


ブログ移転しましたぁ〜( ´ ▽ ` )ノ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000

新ブログにて自作甲冑載せてます♪( ´▽`)
IMG_3463.jpg
IMG_3464.jpg
IMG_3470.jpg
IMG_3473.jpg
甲冑はじめました(*゜▽゜*)(冷やし中華はじめました的なや〜〜つ)


posted by jami at 20:00| Comment(0) | 日本の戦国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月13日

さくらゆきさん「蒼穹」の感想( ´ ▽ ` )ノ

関ヶ原東軍.jpg
イラスト作者様のページはこちら
http://realsengoku.blogspot.jp/


どうも〜〜!
jamiです( ´ ▽ ` )ノ
戦国好きのjamiです( ´ ▽ ` )ノ
戦国好きなくせして詳しくないjamiであります(`_´)ゞ

本日もこのJIKOMANNブログを覗いてくださり、ありがとうございます。
はい。JIKOMANNであります。
どうぞよしなに♪( ´▽`)


さてさて

前回に引き続きまして、元祖・歴史系アーティストの『 さくらゆきさん 』の記事でございます。
今回も、アルバム『 赤き絆 』の感想でございます。


「蒼穹」


アルバムの次鋒をつとめたのは、徳川秀忠であります。

徳川秀忠さん・・・

実は・・・

ぶっちゃけ・・・

あまり優れたイメージがないのです(−_−;)

あぁっ、ゴメンナサイ( ;´Д`)
秀忠ファンの皆様、ゴメンナサイ( ;´Д`)
だってだってぇ、お父様が凄すぎるし、上田合戦ではボロボロでしたもん(><)

そんなこんなで今まではあまり注目したことがなかったのですが、歌にしたいと思う方がいるぐらいですから、やはり魅力的な方なんだろうと思い、今さらながら調べてみました。
すると・・・

「遺骨から銃創の傷跡が複数見つかっている」とのこと。
どうも勇猛果敢な方だったようです。

おぉ!
熱い方ではありませんかΣ(゜д゜lll)

そして死期を悟った家康さんから「わしが死んだらどうなると思う?」との問いに、

「乱れます」

と答えたそうな。

おぉ!
知的な方ではありませんかΣ(゜д゜lll)

すいませんでしたぁ〜〜〜!!!(><)m(_ _)m
秀忠様すいませんでしたぁ〜〜〜!!!(><)m(_ _)m
誤解しておりましましぃ〜〜〜〜!!!!(><)m(_ _)m


そんなこんなで、改めて歌を聞かせていただきました。
するとどうでしょう。
聞こえてくるものが同じでも、感じるものがずいぶん変わってきます。


「揺らせ 自分だけの風
 枝に残る葉を すべて落とすように
 揺らせ 燃えさかる炎
 消し去るぐらいに 強く吹き荒れろ」


・・・ぬ?
これ、この歌詞、熱いではないか!?

私は作者様ではないので実際には分からないのですが、これ、大阪の陣ですよね!?
徳川の世に立ちはだかる豊臣という大樹。
ずいぶん葉を落したとはいえ、まだまだ大きな大樹。

そして、燃え盛る炎とは信繁さん・・ですよね?
もしくは豊臣勢ですかね?
いずれにしても、大阪の陣ですよね。

大阪の陣というと、やっぱり信繁さん(真田幸村)がなにかと注目されがちですが、それに相対した徳川勢がいたからこそ。

そしてそして、お父様が大人物だったからこそ、秀忠さんもプレッシャーに感じていたかも知れない。
決して「家康の息子」ではなく、「秀忠」として生きる!「秀忠」として戦う!!
そんな意気を感じました。


秀忠さんの視点で大阪の陣を考えたことがなかったので、とても新鮮な気持ちになりました。
うむ!確かにこれも熱い!!
信繁さんも熱いけど、これもまた熱い!!!

とともに感謝ぁ!
この歌をつくってくださった方々に感謝感謝ぁ!!

ありがたいですなぁ〜(T_T)
戦国好きにはありがたい。
なんだか、餌を与えられた小動物になったような気分でございます(^^;)
美味しそうなものを差し出されたら、すぐに食いついてしまう・・・
そんな感じ(^^;)


歌詞の続きを書きたいけれど、これ以上は自粛(´・_・`)
ぜひぜひご自分の耳で聴いてみてください!!
戦国好きにはオススメであります♪

そもそも、歌詞、ここに載せちゃっても良かったのかな( ;´Д`)
と、今さら気になる・・・
これぐらいならいいよね?(((o(*゜▽゜*)o)))
ほんのちょっとだからいいよね?(((o(*゜▽゜*)o)))

と、いうことにしておきます☆
もしこの記事が削除されておりましたら、

「作者様からクレームが入ったのかなぁ〜」

と思ってください(;´Д`A

ではまた〜


ブログ移転しましたぁ〜( ´ ▽ ` )ノ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000

新ブログにて自作甲冑載せてます♪( ´▽`)
IMG_3463.jpg
IMG_3464.jpg
IMG_3470.jpg
IMG_3473.jpg
甲冑はじめました(*゜▽゜*)(冷やし中華はじめました的なや〜〜つ)
posted by jami at 20:00| Comment(0) | 日本の戦国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月12日

さくらゆきさん「比類なき眼」の感想( ´ ▽ ` )ノ

真田幸村.jpg
イラスト作者様のページはこちら
http://realsengoku.blogspot.jp/


どうも〜〜!
jamiです( ´ ▽ ` )ノ
戦国好きのjamiです( ´ ▽ ` )ノ
戦国好きなくせして詳しくないjamiであります(`_´)ゞ

本日もこのJIKOMANNブログを覗いてくださり、ありがとうございます。
はい。JIKOMANNであります。
どうぞよしなに♪( ´▽`)


さてさて

前回に引き続きまして、元祖・歴史系アーティストの『 さくらゆきさん 』の記事でございます。
さっそくアルバム『 赤き絆 』を購入してしまった私。
今回はjamiの感想でございます。


「比類なき眼」


アルバムの先鋒をつとめたのは、知将・真田昌幸であります。
この「比類なき眼」は真田昌幸さんを歌にしたものです。

いいですね、昌幸さん(^^)
私、実は真田のなかで一番印象深いのは昌幸さんなんですよ。
今年は大河ドラマ『 真田丸 』の影響で、昌幸さんもずいぶんと活躍されているので、昌幸ファンの方も増えたのではないかと推測しております。
役者さんがいいですね(^^)
草刈正雄さん。
脚本もいい(^^)
三谷幸喜さん。

とまぁ、話し出すと真田丸の話も長くなりそうなのでカットぉ( ´ ▽ ` )ノ

話を歌に戻しまして、歌詞の中にあるこのフレーズ

「軍配を持つその手が指す戦い焼きつけた」

ぬわっはぁ〜〜o(≧▽≦)o
熱い!熱いぜよ!!
甲斐の虎、出たぁ〜〜o(≧▽≦)o


ですよねですよね♪
信玄公あっての昌幸さんですよね。
いやぁ〜〜、戦国好きの心をわしづかみですわ。
分かっておられる、戦国好きの心を(^^;)


「己の行くさき立ち塞がる者が入れ替わっては
 天を目指し嵐を巻き起こす」

・・・そうでした・・・
信長、秀吉、家康。さらには上杉、北条・・・
強豪者に囲まれて、パッと見、風前の灯火のような状態なのに、それをことごとく凌いでいく。
やっぱり昌幸さん凄い。


「一つの場所固く守り
 生きる術s・・・」


・・・う〜〜〜ん、このままだと歌詞の大部分を転載することになってしまう(^^;)

それ宜しくなかろうて(^^;)
てなワケで、実際に聴いてみると良いかと思います。
戦国好きな方でしたら、気に入るんではなかろうかと☆


なぁ〜〜んて、勝手に宣伝してしまって良かったのかな(^^;)
いいよね?(((o(*゜▽゜*)o)))
宣伝だったらいいよね?(((o(*゜▽゜*)o)))


しかしまぁ、この歌つくった方、熱いですわ。
武将さんへの愛を感じます(^^)
そして、こういった歌をつくってくださったことに感謝であります(^^)

・・・と、ここまでで一曲目の感想か・・・
やっぱり長くなる予感(^^;)

てなワケで、次の曲の感想は次回でありんす( ´ ▽ ` )ノ

ではまた〜


ブログ移転しましたぁ〜( ´ ▽ ` )ノ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000

新ブログにて自作甲冑載せてます♪( ´▽`)
IMG_3463.jpg
IMG_3464.jpg
IMG_3470.jpg
IMG_3473.jpg
甲冑はじめました(*゜▽゜*)(冷やし中華はじめました的なや〜〜つ)
posted by jami at 21:39| Comment(0) | 日本の戦国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。