2016年05月19日

さくらゆきさん「時の花」の感想( ´ ▽ ` )ノ

真田幸村.jpg
イラスト作者様のページはこちら
http://realsengoku.blogspot.jp/


どうも〜〜!
jamiです( ´ ▽ ` )ノ
戦国好きのjamiです( ´ ▽ ` )ノ
戦国好きなくせして詳しくないjamiであります(`_´)ゞ

本日もこのJIKOMANNブログを覗いてくださり、ありがとうございます。
はい。JIKOMANNであります。
自由気ままに、書きたいように書いております。
どうぞよしなに♪( ´▽`)


さてさて

元祖・歴史系アーティストの『 さくらゆきさん 』のアルバム『 赤き絆 』の感想を書かせていただきました(^^)
最初は一つの記事にまとめようかなぁ〜って思ったけど、長くなる気がしたんで分けて書きました。
そしたらやっぱり、1曲1記事ですわ☆
やっぱね、書きたいこと書いてると、じょじょに長くなっていっちゃいますね。


ではでは

今回もいきましょうかね☆


「時の花」


今回の楽曲は阿梅さんのイメージ曲とのこと。
分かりますかね、阿梅さん。
真田信繁さんの娘さんです。
かく言う私も、真田丸を観てはじめて知りました(^^;)

はい。戦国武将ファンでありながら、知りませんでした(^^;)
好きではあるけれど、詳しくはないという・・・


話は逸れますが、ファンを自称するのって、ア・リトル 勇気がいる時があります(^^;)
まぁ、自称ですから別に勝手に言えばいいことなんですけど、それを言ってしまうと、

「じゃあ、この人 詳しいのかな。」

と思われてしまうのがプチ恐ろしいですね。
スカウターで戦闘力を測定されてしまうかのごとく。
実は詳しくないってことがバレちゃった時、

「・・・戦闘力、たったの5か・・・。」

「・・・この程度か・・・。」

って内心思われてるかも知れないというか。
だって、本当に詳しい方って、めっちゃ詳しいじゃないですか?(><)
戦闘力10000とか100000とか、それぐらいいっちゃってるじゃないですか。


だからね だからね

優しくしてね( ´ ▽ ` )ノ


はい。では話を歌に戻しまして。



「時の花」


いいですね(^^)
何がいいかって?
女性を歌ってるところです。
戦国というと、まずはやっぱり武将さんが思い浮かぶと思うんですよ。
多分。大部分の方は。

でも、女性だって同じ時代に生きております。
もちろん、女武将とか、そういったある意味インパクトの強い女性は限られている。
当然のことですけども。
悲しいことながら、武将さんに比べて戦国を生きた女性の資料は多くはない・・・(−_−;)

それでも、確かに生きておりました。
そういったところに視点をおいたのが良いなと思ったワケであります。

歌詞を読んでいただければお分かりかと思いますが、決して戦国時代特有の歌詞(メッセージ?)ではありません。
現代の、いえ、どの時代であっても共感する人がいるであろうメッセージ。

ここに歌詞を転載したいところですが、自粛いたします。
きっとたくさん載せたくなってしまうと思うので(−_−;)
ぜひご自分で購入して聴いてくださいませ。





と見せかけてからの転載〜〜〜!!!(((o(*゜▽゜*)o)))


「生きてゆくことが あなたへの弔い」


これだけ。
これだけ載せさせておくんなましっ(`_´)ゞ

後日この記事が削除されておりましたら、作者様からのクレームが入ったってことで( ´ ▽ ` )ノ


「生きてゆくことが あなたへの弔い」

このフレーズが私の心に一番残りました。
・・・あぁ、これだな、と。
戦国時代に限りませんよね、この想い。

今を生きてる方々も、この想いを持って生きておられる人がたくさんいらっしゃるはずです。
今だけでなく、いつの時代も。
戦国に生きた武将さま、お姫さま、家臣の方々、農民の方々、
今を生きる貴方、私、あの人、この人、
後世に名を遺した人、時の流れに忘れ去られた人、
あの時代を生きた、あの人、この人、えとせとら〜〜〜


一人の人間の心を覗くことで聴こえてきたメロディー

そのメロディーが教えてくれるのは、人の数だけ物語があること

そして、聴こうとした人にだけ聴こえてくる・・・かも知れないこと
(それもまた幻想でしかないと、jamiは乾いたこと思うのですが、それでいいとも思う)


主役、メインキャストも好きですが、通常脇役とされてしまう方々も時にはクローズアップしてくれると嬉しくなるjamiでありました( ´ ▽ ` )ノ
実在したかは分かりませんが、「最強の農民・茂吉」の作品とかあったら面白いかも(^^)
まぁ、この方のエピソード、情報源が分からないので実在は期待しておりませんが、そんなの関係ないっ!
空想でも妄想でもいいのだ(*゜▽゜*)
それがjamiの戦国ロマンなのだ(*゜▽゜*)

ではまた〜


ブログ移転しましたぁ〜( ´ ▽ ` )ノ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000

新ブログにて自作甲冑載せてます♪( ´▽`)
IMG_3463.jpg
IMG_3464.jpg
IMG_3470.jpg
IMG_3473.jpg
甲冑はじめました(*゜▽゜*)(冷やし中華はじめました的なや〜〜つ)


posted by jami at 20:00| Comment(0) | 日本の戦国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月18日

さくらゆきさん「弧月」の感想( ´ ▽ ` )ノ

武田信玄携帯から.jpg
(記事とは関係ないけど武田信玄☆)
イラスト作者様のページはこちら
http://realsengoku.blogspot.jp/


どうも〜〜!
jamiです( ´ ▽ ` )ノ
戦国好きのjamiです( ´ ▽ ` )ノ
戦国好きなくせして詳しくないjamiであります(`_´)ゞ

本日もこのJIKOMANNブログを覗いてくださり、ありがとうございます。
はい。JIKOMANNであります。
自由気ままに、書きたいように書いております。
どうぞよしなに♪( ´▽`)


さてさて

前回に引き続きまして、元祖・歴史系アーティストの『 さくらゆきさん 』の記事でございます。
今回も、アルバム『 赤き絆 』の感想でございます。


「弧月」


今回の楽曲は真田信之公のイメージ曲とのこと。
真田信之さん。
もうね、それだけで哀し気なイメージがあります。
なんだか戦国無双4の信之さんを思い出してしまいます。

あ、やったことはないんですよ、戦国無双4(^^;)
戦国無双はですね、2しかやったことないです(^^;)
4はyoutubeにて、ムービーを観たことがあるだけであります。
もうね、泣いちゃいましたよ( ; _ ; )
エンディングで泣いちゃいましたよ。

この「弧月」を聴いて、また泣けてきました。
私、よく泣きますね、しかもすべて空想的やつで(^^;)

基本的に私、「泣かせようとする作品」は好きではないんです。
映像作品とかでそういうの観ると、

「・・・いやいや、そんなんじゃ泣けませんって。」

とか思っちゃうんですけど、信長協奏曲では毎回泣いてました(^^;)
なんだろうなぁ、役者さんがうまいからかなぁ。


歌詞のなかの、

「さあ立ち向かえ運命(さだめ)に」

ってところが好きです。


ちなみに、あれですね。
同じ大阪の陣を描いた楽曲でも、誰をクローズアップするか、さらにはどんな想いを描くかによって、できあがる作品は千変万化ですね。
まぁ、当たり前ではあるのですが。
それでも、いいなぁ〜と思うワケであります。
楽しみ方いろいろ、みたいな(^^)

とともに、無限大だなぁと。
これからもこういった楽曲をつくってくださると嬉しいです(^^)

戦国好きな方、特に無双系が好きな方には、ぜひとも聴いてほしいです( ´ ▽ ` )ノ

ではまた〜


ブログ移転しましたぁ〜( ´ ▽ ` )ノ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000

新ブログにて自作甲冑載せてます♪( ´▽`)
IMG_3463.jpg
IMG_3464.jpg
IMG_3470.jpg
IMG_3473.jpg
甲冑はじめました(*゜▽゜*)(冷やし中華はじめました的なや〜〜つ)
posted by jami at 20:00| Comment(0) | 日本の戦国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月17日

さくらゆきさん「青嵐の城」の感想( ´ ▽ ` )ノ

井伊直政携帯から.jpg
(記事とは関係ないけど井伊直政☆)
イラスト作者様のページはこちら
http://realsengoku.blogspot.jp/


どうも〜〜!
jamiです( ´ ▽ ` )ノ
戦国好きのjamiです( ´ ▽ ` )ノ
戦国好きなくせして詳しくないjamiであります(`_´)ゞ

本日もこのJIKOMANNブログを覗いてくださり、ありがとうございます。
はい。JIKOMANNであります。
自由気ままに、書きたいように書いております。
どうぞよしなに♪( ´▽`)


さてさて

前回に引き続きまして、元祖・歴史系アーティストの『 さくらゆきさん 』の記事でございます。
今回も、アルバム『 赤き絆 』の感想でございます。


「青嵐の城」


今回の楽曲は毛利勝永さんのイメージ曲だそうです。

・・・ん?毛利勝永??

えぇ〜〜っと・・・どちら様でしたっけ?(^^;)



「ってオ〜〜〜〜イ!!!Σ(゜д゜lll)」

「自称・戦国武将ファン オ〜〜〜〜イ!!!Σ(゜д゜lll)」


も、もちろん知ってますとも(;´Д`A
毛利さんでしょ、
あれでしょ、あの、中国の覇者の(;´Д`A

「ってそれ毛利元就ちゃうんかいっ!?Σ(゜д゜lll)」


冗談冗談(⌒-⌒; )
ヤだなぁ〜〜、冗談でっせ。
毛利さんでしょ、
あれでしょ、あの、桶狭間で今川義元さん討ちとった

「ってそれ毛利良勝ちゃうんかいっ!?Σ(゜д゜lll)」


じょ、じょ〜くッス( ;´Д`)
じょ〜くにキマッテんじゃないですか( ;´Д`)
毛利さんでしょ、
あれでしょ、あの、「エンデバー毛利」の異名をもつ猛将でしょ?♪( ´▽`)

「ってそれ毛利衛さんやないかぁ〜〜〜!!!!?Σ(゜д゜lll)」

「っていうか毛利衛さん宇宙飛行士やしっ!!!!?Σ(゜д゜lll)」

「武将ですらなくなっとるやんかっ!Σ(゜ロ゜ノ)ノΣ(゜ロ゜ノ)ノΣ(゜ロ゜ノ)ノ」



・・・てなワケで。

検索検索ぅ〜( ´ ▽ ` )ノ


↓ ↓ ↓ ↓

そして検索後

↓ ↓ ↓ ↓



ぬぅわにぃ〜〜〜!!!!???Σ(゜д゜lll)
大阪の陣で、秀頼さんの介錯された方だったのぉ〜〜〜!!!!???Σ(゜д゜lll)
めっちゃ重要人物やんかぁ!!!???( ;´Д`)

そしてめっちゃ武勇の方やん!!!
次々と敵部隊を蹴散らしとるやん!!!
そもそも「大阪城の五人衆」って呼ばれるほどの実力者だそうな( ;´Д`)


大阪城の五人衆・・・てことは、五人いるんだよね?
真田信繁さん、後藤又兵衛さん、そしてこの毛利勝永さん、そしてそして・・・誰?( ´ ▽ ` )ノ


「ってオ〜〜〜〜イ!!!Σ(゜д゜lll)」

「自称・戦国武将ファン オ〜〜〜〜イ!!!Σ(゜д゜lll)」


・・・てなワケで。

検索検索ぅ〜( ´ ▽ ` )ノ


↓ ↓ ↓ ↓

そして検索後

↓ ↓ ↓ ↓

明石全登さんと長宗我部盛親さん。

・・・だそうです( ´ ▽ ` )ノ


「だそうですやないわぁ〜〜!!!Σ(゜ロ゜)」

「知ってる人は知ってるわぁ〜〜!!!Σ(゜ロ゜)」

「っていうかはやく歌の話に戻せやぁ〜〜!!!(・谷・)」



はい。ではあらためまして(^^)
知識を得た上でこの歌「青嵐の城」を聴かせていただきました。

感じたものは、

無念・憧れ・幻・終わり・・・


もうね、最初の歌詞からしてディープです。

「残された者に出来るのは何か
 問いかけて果てる未来に答えはない」


信繁さんが戦死し、もはや敗北は明らか。
・・・で、どうする?

そんな情景が浮かびます。
そして、この歌詞


―花が落ちゆく
―鳥が飛び去る
―風が嘶く
―月が隠れる



「花鳥風月とは、美しい自然の風景や、それを重んじる風流を意味する四字熟語である。」

とは、賢者・Wikipedia様のお言葉。

この歌の歌詞にある花鳥風月は、なんとも心がキリキリするような、心がざわめくような心境を想起させます。
風流なる絶望といいましょうか無念といいましょうか。
「青嵐の城」とういタイトルも、なんともまた・・・

葵の嵐に崩れていく大阪城を想起してしまいます。
・・・あ、作者様のイメージと同じものを思い浮かべたのかどうかは分かりませんよ(^^;)
あくまで私の連想でございます(^^;)


そしてですね、私思ったのが、
「こういったシチュエーション、心境を歌にするとは、新鮮だ・・・」
ということです。

悲哀、とも違うような、
絶望、ではあるのだけど それだけではないような、
無念・・なのかな。うん、無念が私のなかでは一番しっくりくる言葉かな。


憧れ・希望・輝き。そういった強い想いがすべて「無念」に変換されてしまった。
そんなイメージ。

あ、再度言っておきますが、作者様のイメージと同じものを思い浮かべたのかどうかは分かりませんよ(^^;)
あくまで!
あくまで私の連想でございます(^^;)


気になった方は、ぜひとも聴いてみてくださいな( ´ ▽ ` )ノ

ではまた〜


ブログ移転しましたぁ〜( ´ ▽ ` )ノ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000

新ブログにて自作甲冑載せてます♪( ´▽`)
IMG_3463.jpg
IMG_3464.jpg
IMG_3470.jpg
IMG_3473.jpg
甲冑はじめました(*゜▽゜*)(冷やし中華はじめました的なや〜〜つ)
posted by jami at 20:00| Comment(0) | 日本の戦国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。