2016年05月13日

さくらゆきさん「蒼穹」の感想( ´ ▽ ` )ノ

関ヶ原東軍.jpg
イラスト作者様のページはこちら
http://realsengoku.blogspot.jp/


どうも〜〜!
jamiです( ´ ▽ ` )ノ
戦国好きのjamiです( ´ ▽ ` )ノ
戦国好きなくせして詳しくないjamiであります(`_´)ゞ

本日もこのJIKOMANNブログを覗いてくださり、ありがとうございます。
はい。JIKOMANNであります。
どうぞよしなに♪( ´▽`)


さてさて

前回に引き続きまして、元祖・歴史系アーティストの『 さくらゆきさん 』の記事でございます。
今回も、アルバム『 赤き絆 』の感想でございます。


「蒼穹」


アルバムの次鋒をつとめたのは、徳川秀忠であります。

徳川秀忠さん・・・

実は・・・

ぶっちゃけ・・・

あまり優れたイメージがないのです(−_−;)

あぁっ、ゴメンナサイ( ;´Д`)
秀忠ファンの皆様、ゴメンナサイ( ;´Д`)
だってだってぇ、お父様が凄すぎるし、上田合戦ではボロボロでしたもん(><)

そんなこんなで今まではあまり注目したことがなかったのですが、歌にしたいと思う方がいるぐらいですから、やはり魅力的な方なんだろうと思い、今さらながら調べてみました。
すると・・・

「遺骨から銃創の傷跡が複数見つかっている」とのこと。
どうも勇猛果敢な方だったようです。

おぉ!
熱い方ではありませんかΣ(゜д゜lll)

そして死期を悟った家康さんから「わしが死んだらどうなると思う?」との問いに、

「乱れます」

と答えたそうな。

おぉ!
知的な方ではありませんかΣ(゜д゜lll)

すいませんでしたぁ〜〜〜!!!(><)m(_ _)m
秀忠様すいませんでしたぁ〜〜〜!!!(><)m(_ _)m
誤解しておりましましぃ〜〜〜〜!!!!(><)m(_ _)m


そんなこんなで、改めて歌を聞かせていただきました。
するとどうでしょう。
聞こえてくるものが同じでも、感じるものがずいぶん変わってきます。


「揺らせ 自分だけの風
 枝に残る葉を すべて落とすように
 揺らせ 燃えさかる炎
 消し去るぐらいに 強く吹き荒れろ」


・・・ぬ?
これ、この歌詞、熱いではないか!?

私は作者様ではないので実際には分からないのですが、これ、大阪の陣ですよね!?
徳川の世に立ちはだかる豊臣という大樹。
ずいぶん葉を落したとはいえ、まだまだ大きな大樹。

そして、燃え盛る炎とは信繁さん・・ですよね?
もしくは豊臣勢ですかね?
いずれにしても、大阪の陣ですよね。

大阪の陣というと、やっぱり信繁さん(真田幸村)がなにかと注目されがちですが、それに相対した徳川勢がいたからこそ。

そしてそして、お父様が大人物だったからこそ、秀忠さんもプレッシャーに感じていたかも知れない。
決して「家康の息子」ではなく、「秀忠」として生きる!「秀忠」として戦う!!
そんな意気を感じました。


秀忠さんの視点で大阪の陣を考えたことがなかったので、とても新鮮な気持ちになりました。
うむ!確かにこれも熱い!!
信繁さんも熱いけど、これもまた熱い!!!

とともに感謝ぁ!
この歌をつくってくださった方々に感謝感謝ぁ!!

ありがたいですなぁ〜(T_T)
戦国好きにはありがたい。
なんだか、餌を与えられた小動物になったような気分でございます(^^;)
美味しそうなものを差し出されたら、すぐに食いついてしまう・・・
そんな感じ(^^;)


歌詞の続きを書きたいけれど、これ以上は自粛(´・_・`)
ぜひぜひご自分の耳で聴いてみてください!!
戦国好きにはオススメであります♪

そもそも、歌詞、ここに載せちゃっても良かったのかな( ;´Д`)
と、今さら気になる・・・
これぐらいならいいよね?(((o(*゜▽゜*)o)))
ほんのちょっとだからいいよね?(((o(*゜▽゜*)o)))

と、いうことにしておきます☆
もしこの記事が削除されておりましたら、

「作者様からクレームが入ったのかなぁ〜」

と思ってください(;´Д`A

ではまた〜


ブログ移転しましたぁ〜( ´ ▽ ` )ノ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000

新ブログにて自作甲冑載せてます♪( ´▽`)
IMG_3463.jpg
IMG_3464.jpg
IMG_3470.jpg
IMG_3473.jpg
甲冑はじめました(*゜▽゜*)(冷やし中華はじめました的なや〜〜つ)


posted by jami at 20:00| Comment(0) | 日本の戦国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。