2014年10月21日

三国志 登場人物紹介・その15 〜呂布 奉先〜

IMG_6442.jpg
新ブログはコチラ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000
___________________


は〜〜〜い!
どうも!
ど〜〜もです!!

jami です(^^)
戦国武将や三国志が大好きな jami であります(^^)
好きなくせしてそんなに詳しくない jami であります!( ;´Д`)

当ブログにお越しくださり、誠にありがとうございます☆
当ブログは自己満仕様となっております。
調べればすぐに分かることを知って驚いたり狂喜したり切なくなったりする素人です。
素人でございます。


大いなる物語(?)・三国志を jami 的視点で語らせていただきます。
が、大した内容はございません。
最近 戦国武将・三国志ファンになった方に向けて、入門書の前の入口だと思って読んでいただけましたら幸いです。

「入門書の前の入口」 って、どれだけ内容薄いんだってな感じですが(^^;)

なにとぞ宜しくお願いいたします!


ではでは

今回もいきましょう、あのコーナー!!
jami 的三国志・登場人物 紹介ぃ〜〜〜!!!
三国志に登場する魅力的な方々を、jami 的視点で書いていきます。

そしてそしてぇ!
jami 的能力値判定なるものを設け、誠に勝手ながら、【武力】【知力】【魅力】の数値をつけさせていただきました。

1 ・・・ 凡庸
2 ・・・ 人並み以上
3 ・・・ 優秀
4 ・・・ かなり優秀
5 ・・・ 超かなり優秀

これも、かなり!かな〜〜〜〜り!!個人的見解ですので、「ふ〜〜〜〜ん、あそ(´・_・`)」ってな感じで、大きな心で見てやってくだされば幸いです(^^;)
まぁ、お気軽に読んでやってくださいな( ´ ▽ ` )ノ

本日はこの方ぁ!!!



呂布 奉先。


jami 的能力値判定
【武力】 5 ★★★★★
【知力】 1 ★
【魅力】 1 ★

はい。呂布 奉先 (りょふ ほうせん)さんです。
来ました!
来ましたよぉ〜〜、三国志最強の武将!!!
野戦においては無敵の武を誇った漢であります。
その武は、関羽・張飛・劉備と 3 対 1 で戦っても討ち取れぬ凄まじきもの。
また軍を率いれば、その下々の兵士一人一人を屈強の戦士へと変えてしまう。
主を裏切り、悪逆・董卓につき、さらにその董卓さえも裏切った不義の悪漢でもあります。
董卓ほどではないにしろ、三国志の中ではその悪役ぶりは、黒き光を放っております。
そして曹操との戦いにおいて得意の野戦を封じられ、籠城戦となり敗れました。


とまぁ、これが一般的な呂布さんのイメージではないでしょうか。

良いですねぇ(^^)
まさに最強ってな感じですねぇ。
強さだけでなく、その生き様も個性的ですねぇ。
人徳者として名高いあの劉備も、わりと同じことしてるんですけどねぇ(^^;)
呂布は悪者で劉備は正義・・・そんな感じですねぇ(^^;)

不器用な方だったのでしょうかね。
己の武を過信し過ぎて、配下の者たちの諫言に耳を傾けなかったとのこと。
それが彼を、ただの横暴な、蛮勇の士としてしまった。
そして滅びる要因となってしまった。


・・・あくまで一般的イメージとしてはね♪



そして!
定説(?)がこんな感じですので、それとは違った描かれ方をされている作品は、超面白い!
と思うのです(^^)
最近、「 蒼天航路 」 という漫画を再読しております。
最初に読んだ時は、あまり三国志に詳しくない時期でした。
まぁ、今でも詳しくありませんが(^^;)

当時も読んでいて面白かったのですが、知識が少々ついた上で読み返してみますと、尚更面白い!!
「 おぉ! こんな描き方をするのかぁ!!? 」
ってな感じで衝撃を受けます。


ちなみに蒼天航路での呂布もまた、超強い武将として描かれております。
そして、軍師の陳宮(ちんきゅう)とのタッグが素晴らしいです。
定説では、優れた進言を何度もするのに呂布に退けられ、そのせいで曹操に負けてしまいます。
が、この作品においては違います。

陳宮は、自分は軍師として、呂布との相性が一番良いと自負しております。
呂布の強さ・弱さを知った上で、最善の策をぶつけてきます。
敗北の原因となった籠城戦においても、呂布のその武、ひいてはそこから生まれる畏怖を最大限に活かした、まさに 「 最強の籠城戦 」 を展開します。


いやぁ〜〜〜、シビレましたねぇ〜〜〜♪( ´▽`)
野戦においても最強、籠城戦においても最強。
そして、軍師とともに戦う呂布。
そして陳宮と同じく呂布に魅せられた武将・張遼(ちょうりょう)と高順(こうじゅん)たちが率いし呂布軍。


結局それでも曹操の方が上手で負けてしまうのですが。
本当に胸躍る戦いでした。

あ、不謹慎ですね、戦いで胸躍るとか言っちゃうのは(−_−;)
が!!!
三国志の漫画ですからアリです!!!
そうゆうのも戦い系の作品の見所なのですから。



さてさて

ここまで散々と呂布さんの強さ、そして三国志作品における呂布さんの魅力を語ってきましたが・・・

正史において、呂布がそこまで絶対的な強さを示す戦歴は書かれておりません。
『 布便弓馬,膂力過人,號為飛將.( 呂布は弓術と馬術にすぐれ、抜群の腕力を有していたため 「 飛将 」 と呼ばれた。 ) 〔呂布伝〕 』
とあるので、強かったことは間違いないようですが。

やっぱり、人はどこかでヒーローを求めているのかも知れません。
それは正義としてだけではなく、いろいろなヒーローが。
正義を輝かせるために悪をも輝かせ、義を輝かせるために暴をも輝かせる。
また知を輝かせるために、痴ですらも輝かせる(?)。


そんなことを考えるのも楽しいものです。
戦国ロマンであります(^^)



本日もこのブログを読んでくださり、ありがとうございました(^^)

ではまた〜



★ ★ ★ ★

ブログ移転しましたぁ〜( ´ ▽ ` )ノ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000

新ブログにて自作甲冑載せてます♪( ´▽`)
IMG_3463.jpg
IMG_3464.jpg
IMG_3470.jpg
IMG_3473.jpg
甲冑はじめました(*゜▽゜*)(冷やし中華はじめました的なや〜〜つ)


posted by jami at 18:34| Comment(0) | 三国志 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。