2014年10月20日

三国志 登場人物紹介・その13 〜孫権 仲謀〜

IMG_6442.jpg
新ブログはコチラ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000
___________________


は〜〜〜い!
どうも!
ど〜〜もです!!

jami です(^^)
戦国武将や三国志が大好きな jami であります(^^)
好きなくせしてそんなに詳しくない jami であります!( ;´Д`)

当ブログにお越しくださり、誠にありがとうございます☆
当ブログは自己満仕様となっております。
調べればすぐに分かることを知って驚いたり狂喜したり切なくなったりする素人です。
素人でございます。


大いなる物語(?)・三国志を jami 的視点で語らせていただきます。
が、大した内容はございません。
最近 戦国武将・三国志ファンになった方に向けて、入門書の前の入口だと思って読んでいただけましたら幸いです。

「入門書の前の入口」 って、どれだけ内容薄いんだってな感じですが(^^;)

なにとぞ宜しくお願いいたします!


ではでは

今回もいきましょう、あのコーナー!!
jami 的三国志・登場人物 紹介ぃ〜〜〜!!!
三国志に登場する魅力的な方々を、jami 的視点で書いていきます。

そしてそしてぇ!
jami 的能力値判定なるものを設け、誠に勝手ながら、【武力】【知力】【魅力】の数値をつけさせていただきました。

1 ・・・ 凡庸
2 ・・・ 人並み以上
3 ・・・ 優秀
4 ・・・ かなり優秀
5 ・・・ 超かなり優秀

これも、かなり!かな〜〜〜〜り!!個人的見解ですので、「ふ〜〜〜〜ん、あそ(´・_・`)」ってな感じで、大きな心で見てやってくだされば幸いです(^^;)
まぁ、お気軽に読んでやってくださいな( ´ ▽ ` )ノ

本日はこの方ぁ!!!



孫権 仲謀。


jami 的能力値判定
【武力】 2 ★★
【知力】 3 ★★★
【魅力】 4 ★★★★★

はい。孫権 仲謀 (そんけん ちゅうぼう)さんです。
呉の君主であり、父・兄の覇業を受け継ぎし者であります。
正直な印象を申しますと・・・
父の孫堅、兄の孫策、そして曹操・劉備といった他の群雄に比べ、インパクトが弱い気がします。
武力・勢い・カリスマ性など、パッと人目を惹くものが・・・ない・・・とは申しません〜〜〜!!!!( ;´Д`)
が・・・とういった感じでございます( ;´Д`)


しか〜〜し!
これらの群雄の中で、一番長生きしたのがこの孫権さんです。
政情が不安定な中、家臣団をまとめあげました。
また積極的な人材登用を行い、有能な人材を集めていきました。
実はかなり堅実な方だったような気がします。
その堅実さが実を結び、国力を徐々に強くしていったのではないでしょうか。

自分自身に武力や知力がなくとも、それらを有した人材を多く持ち力を発揮してもらうことで勢力をつけていった。
そんな気がします。いわば適材適所ですね。
そう考えますと、他の群雄らに、何ら引けを取らない人物だと言えます。


そんな見事な国づくりを成功させた孫権さんですが、最後の最期にして、後継者問題を残してしまいます。
やがてそれは家臣団の間に大きな亀裂を生むこととなり、呉の崩壊へと繋がっていきます。

なんだか難しいですね。
皆いろいろな能力を持っていて、それらがバランス良く関係を築いていないと、全体としてうまく機能しなくなってしまうのですね。
もちろんそこには運も必要なのかも知れません。


さてさて

jami的にはこんな感じですが、他ではどういった評価がなされているんでしょうかね(´・_・`)

と、いうワケで、賢者・Wikipedia様から転載させていただきます。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


************************************


時勢を読んだ外交を始めとして思慮深さを見せる人物であったが、一方で感情のままに行動を取り部下から諌められた逸話が複数残っている。

正史『三国志』の著者の陳寿は、呉主伝の中で「身を低くして恥を忍び、才能の有る者に仕事を任せ、綿密に計略を練る等、越王勾践と同様の非凡さを具えた、万人に優れ傑出した人物であった(屈身忍辱、任才尚計、有勾踐之奇、英人之傑矣。身を屈して恥を忍び、計を重んじ、勾践の奇英あり、人の傑なり)。」と褒める一方、「ただその性格は疑り深く、容赦なく殺戮を行い(然性多嫌忌、果於殺戮(然れども性は嫌忌多く殺戮に果なり))、晩年に至ってはそれが愈々募った。」と批判している。

その上で「その結果、讒言が人々の正しい行いを断ち切り、跡嗣ぎ(孫和)も廃され殺される事になった。子孫達に平安の策を遺して、慎み深く子孫の安全を図った者とは謂い難い。その後、代が衰微しやがて国が滅びる事になるのだが、その遠因が彼のこうした行いになかったとは言い切れない」と締めている。

また下記の逸話にもあるように無類の酒好きで、部下に酒を勧めるときは、酔い潰すまで飲ませる悪癖を持っていた。

酔いつぶれた者に水をかけて叩き起こし、さらに飲ませるという行為にも及んでいたという。


************************************


以上、転載終わり。

なんと・・・(^^;)
酒癖の悪い方だったのですね(^^;)
やはり誰しも、長けた部分と厄介な部分があるようですね(^^;)



本日もこのブログを読んでくださり、ありがとうございました(^^)

ではまた〜



★ ★ ★ ★

ブログ移転しましたぁ〜( ´ ▽ ` )ノ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000

新ブログにて自作甲冑載せてます♪( ´▽`)
IMG_3463.jpg
IMG_3464.jpg
IMG_3470.jpg
IMG_3473.jpg
甲冑はじめました(*゜▽゜*)(冷やし中華はじめました的なや〜〜つ)
posted by jami at 18:59| Comment(0) | 三国志 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: