2014年10月20日

三国志 登場人物紹介・その11 〜簡雍 憲和〜

IMG_6442.jpg
新ブログはコチラ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000
___________________


は〜〜〜い!
どうも!
ど〜〜もです!!

jami です(^^)
戦国武将や三国志が大好きな jami であります(^^)
好きなくせしてそんなに詳しくない jami であります!( ;´Д`)

当ブログにお越しくださり、誠にありがとうございます☆
当ブログは自己満仕様となっております。
調べればすぐに分かることを知って驚いたり狂喜したり切なくなったりする素人です。
素人でございます。


大いなる物語(?)・三国志を jami 的視点で語らせていただきます。
が、大した内容はございません。
最近 戦国武将・三国志ファンになった方に向けて、入門書の前の入口だと思って読んでいただけましたら幸いです。

「入門書の前の入口」 って、どれだけ内容薄いんだってな感じですが(^^;)

なにとぞ宜しくお願いいたします!


ではでは

今回もいきましょう、あのコーナー!!
jami 的三国志・登場人物 紹介ぃ〜〜〜!!!
三国志に登場する魅力的な方々を、jami 的視点で書いていきます。

そしてそしてぇ!
jami 的能力値判定なるものを設け、誠に勝手ながら、【武力】【知力】【魅力】の数値をつけさせていただきました。

1 ・・・ 凡庸
2 ・・・ 人並み以上
3 ・・・ 優秀
4 ・・・ かなり優秀
5 ・・・ 超かなり優秀

これも、かなり!かな〜〜〜〜り!!個人的見解ですので、「ふ〜〜〜〜ん、あそ(´・_・`)」ってな感じで、大きな心で見てやってくだされば幸いです(^^;)
まぁ、お気軽に読んでやってくださいな( ´ ▽ ` )ノ

本日はこの方ぁ!!!



簡雍 憲和。


jami 的能力値判定
【武力】 2 ★★
【知力】 2 ★★
【魅力】 3 ★★★

はい。簡雍 憲和 (かんよう けんわ)さんです。
こう言ってはなんですが・・・マイナーな方ですかね(^^;)
もちろん三国志ファンの多くはご存じですが・・いや、ご存じであろう・・ご存じであって欲しい方です(^^;)

と言いますのも、三国志には多くの人物が登場します。
猛将・知将・天才軍師・名君・名参謀・義将・暴君・暗君、とまぁ色々と出てきます。
その中に於いて、簡雍さんのような人物は貴重であると思うからであります。


大して活躍の記録はございません。
強いて言うなら、劉璋への降伏勧告の使者として派遣され、成功させていることぐらいです。
ぐらいです・・などと軽い言い方をしましたが、使者というのは重要な仕事です。


大戦や壮大なる戦略、凄まじい戦術など、やはり目立つのはそういった一見派手なものであります。
三国志にはそういった派手なエピソードが満載しているがために、「 静かなる大事 」 が隠れがちになります。

あ、「 静かなる大事 」 ってのは私が勝手に作った言葉です(^^;)
意味としては読んで字のごとく、目立たないけど大事(だいじ)なこと、目立たないけど大事(おおごと)であることです。

使者は場合によっては、死の危険がつきまといます。
特に敵方へ出向く使者はそうです。戦のさなかであればもちろんのこと、平時であっても他国・他勢力へ出向くことは何が起こるか分かりません。
また、交渉力が求められることもあります。
その他、人柄や評判が使者としての役目を全う出来るか否か分かれることがあります。
そのため重要な交渉の場では、それなりの人物が使者を務めます。


ですので、この簡雍さんの劉璋説得の成功は高く評価されて然りです。
多くの人の死を未然に防ぐことができたわけですし。
もともと簡雍さんは劉璋さんに気にいられていたようです。



そもそも簡雍さんは、どんな人であったのか?

傲慢で無頓着、君主・劉備の前でさえだらしない恰好をしていたそうです。
劉備に対してそんなだったので、諸葛亮 以下の前では寝そべったまま話を聞くような自由奔放ぶりです。
もともと劉備とは旧知の間柄であり、君主というより古くからの仲間といった感じだったのかも知れません。

これで使者が務まるのか?(^^;)といった感じですが、こんな感じだったから好かれたようです。
ちなみに、こんなエピソードもあります。
以下、賢者・Wikipedia様から転載
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


************************************


水不足で禁酒令が出ていた際、酒造道具を所持していたというだけで、役人がこれを逮捕し告発した事があった。

ある日、簡雍が劉備と共に市街を歩いていた時、簡雍は道行く男女を見て「あの二人は淫行の罪を犯そうとしているのに、何故捕らえないのですか」と尋ねた。

劉備が「何故それが分かるのか」と尋ねると、簡雍は「あの者達は淫行の道具を持っていますから…」と答えた。

劉備は大笑いし、酒造道具の所持者を赦す事にしたという。


************************************


以上、転載終わり。

なんともユーモアに溢れた、それでいて知的な進言ですね(^^)
しかも、進言なのかどうかさえ分かりません。
ただの冗談であってもおかしくありませんし、それでいて真っ当なことを言っております。
自然体なんでしょうね(^^)

とても好感が持てます。
そして、こういった人って大事だな〜と思います。

簡雍さんみたいな方は、乱世であっても平和な世であっても輝いて見えるのではないでしょうか。



本日もこのブログを読んでくださり、ありがとうございました(^^)

ではまた〜



★ ★ ★ ★

ブログ移転しましたぁ〜( ´ ▽ ` )ノ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000

新ブログにて自作甲冑載せてます♪( ´▽`)
IMG_3463.jpg
IMG_3464.jpg
IMG_3470.jpg
IMG_3473.jpg
甲冑はじめました(*゜▽゜*)(冷やし中華はじめました的なや〜〜つ)


posted by jami at 02:26| Comment(0) | 三国志 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。