2014年10月09日

戦国武将紹介・その60 〜馬場信春〜

IMG_6442.jpg
新ブログはコチラ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000
___________________


はい!
どうも!
ど〜〜もです!!

jami です(^^)
戦国武将大好きな jami であります(^^)
好きなくせしてそんなに詳しくない jami であります!( ;´Д`)

当ブログにお越しくださり、誠にありがとうございます☆
当ブログは自己満仕様となっております。
調べればすぐに分かることを知って驚いたり狂喜したり切なくなったりする素人です。
そう、素人なのです。
玄人様から見ましたら・・・その・・・言葉が綺麗ではないのですが・・・


ゴミです!(((o(*゜▽゜*)o)))
ゴミであります!!(((o(*゜▽゜*)o)))
ゴミブログなのであります!!!(((o(*゜▽゜*)o)))

最近 戦国武将ファンになった方に向けての内容になっているかと思われます。
なにとぞ宜しくお願いいたします!


さてさて

本日もいきましょう、あのコーナー!!
jami 的戦国武将紹介ぃ〜〜〜!!!
魅力的な戦国武将の方々を、jami 的視点で書いていきます。

そしてそしてぇ!
jami 的能力値判定なるものを設け、誠に勝手ながら、【武力】【知力】【魅力】の数値をつけさせていただきました。

1 ・・・ 凡庸
2 ・・・ 人並み以上
3 ・・・ 優秀
4 ・・・ かなり優秀
5 ・・・ 超かなり優秀

これも、かなり!かな〜〜〜〜り!!個人的見解ですので、「ふ〜〜〜〜ん、あそ(´・_・`)」ってな感じで、大きな心で見てやってくだされば幸いです(^^;)
まぁ、お気軽に読んでやってくださいな( ´ ▽ ` )ノ

本日はこの方ぁ!!!



馬場信春。


jami 的能力値判定
【武力】 3 ★★★
【知力】 4 ★★★★
【魅力】 4 ★★★★

はい。馬場信春(ばばのぶはる)さんです。
甲斐の虎・武田信玄に仕えた名将であります。
そしてこの馬場信春さん、最期の戦いとなる長篠の戦まで、一度たりとも傷を負わなかったという凄まじい戦歴を持っております。
40数年の間、70回を越える戦闘に参加して、それでもかすり傷一つ負わなかったのです。

やばいですね(^^;)

そのため 「 不死身の鬼美濃 」 と呼ばれ恐れられていました。
そりゃそうですよね。
こんな人を敵に回したくはないですよね(^^;)


私の好きな漫画 「 センゴク 」 にも登場しておりました。
と言うより、この漫画にて馬場信春さんのことを知りました(^^;)

「 凄い武将がいたもんだ・・・。」

と感じたのを記憶しております。



無傷と言えば、徳川四天王の本多忠勝さんを思い浮かべるのですが、他にもいらっしゃったのですね。
長篠の戦いにて討ち死にしてしまうワケですが、それでもやっぱり凄いです。

しかも、敗戦が決定的となり、主君・武田勝頼さんを逃がすため殿を引き受け、逃げ切ったのを確認した後、敵に突撃したとのことです。
圧倒的に不利な状況でしたから、さすがの馬場さんでも生き残ることが出来なかったのですね。
もしかしたら生き残ることも出来たのかも知れませんが、それを潔しとせず散ることを選んだのかも知れません。


やはり良いですね、信玄配下の武将さんたち。
信玄なくとも光り輝いております。
この馬場さん然り。
山県昌景さん然り。


武田軍の強さは信玄さんあってのものではあるでしょうが、信玄さんのみで成り立っていたワケではないかと思われます。
信玄さんに見いだされた有能な家臣たちあってのもの。

馬場信春さんをはじめ、
山県昌景
高坂昌信
内藤昌豊

の武田四天王。そして武田二十四将。

熱いですね(^^)
戦国最強と畏怖された武田軍、魅力的であります。



本日もこのブログを読んでくださり、ありがとうございました(^^)

ではまた〜



★ ★ ★ ★

ブログ移転しましたぁ〜( ´ ▽ ` )ノ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000

新ブログにて自作甲冑載せてます♪( ´▽`)
IMG_3463.jpg
IMG_3464.jpg
IMG_3470.jpg
IMG_3473.jpg
甲冑はじめました(*゜▽゜*)(冷やし中華はじめました的なや〜〜つ)
posted by jami at 16:07| Comment(0) | 日本の戦国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: