2014年10月09日

戦国武将紹介・その59 〜本多正信〜

IMG_6442.jpg
新ブログはコチラ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000
___________________


はい!
どもども!
ど〜〜もです!!

jami です(^^)
戦国武将大好きな jami であります(^^)
好きなくせしてそんなに詳しくない jami であります!( ;´Д`)

当ブログにお越しくださり、誠にありがとうございます☆
当ブログは自己満仕様となっております。
調べればすぐに分かることを知って驚いたり狂喜したり切なくなったりする素人です。
そう、素人なのです。
玄人様から見ましたら・・・その・・・言葉が綺麗ではないのですが・・・


ゴミです!(((o(*゜▽゜*)o)))
ゴミであります!!(((o(*゜▽゜*)o)))
ゴミブログなのであります!!!(((o(*゜▽゜*)o)))

最近 戦国武将ファンになった方に向けての内容になっているかと思われます。
なにとぞ宜しくお願いいたします!


さてさて

本日もいきましょう、あのコーナー!!
jami 的戦国武将紹介ぃ〜〜〜!!!
魅力的な戦国武将の方々を、jami 的視点で書いていきます。

そしてそしてぇ!
jami 的能力値判定なるものを設け、誠に勝手ながら、【武力】【知力】【魅力】の数値をつけさせていただきました。

1 ・・・ 凡庸
2 ・・・ 人並み以上
3 ・・・ 優秀
4 ・・・ かなり優秀
5 ・・・ 超かなり優秀

これも、かなり!かな〜〜〜〜り!!個人的見解ですので、「ふ〜〜〜〜ん、あそ(´・_・`)」ってな感じで、大きな心で見てやってくだされば幸いです(^^;)
まぁ、お気軽に読んでやってくださいな( ´ ▽ ` )ノ

本日はこの方ぁ!!!



本多正信。


jami 的能力値判定
【武力】 2 ★★
【知力】 4 ★★★★
【魅力】 3 ★★★

はい。本多正信(ほんだまさのぶ)さんです。
徳川家康に仕えた名将であります。
と説明いたしましたらば、「 ・・・ん? 本多忠勝?? 」 と連想される方もいらっしゃるかもしれません。
忠勝さんではございません(^^;) 正信さんであります(^^;)
家康配下の武将で本多と言ったら、まず思い浮かぶのが本多忠勝さんだと思います。
多くの武将ファンがそうだと思いますし、私もそうです。

が、今回ご紹介いたしますのは、あくまで正信さんです。
忠勝さんが 『 武 』 を司る猛将であれば、正信さんは 『 知 』 を司る知将であります。
謀将と呼んでも間違ってはいないでしょう。

この正信さん、なかなかに頭が良かったようでして、その頭脳で家康さんを大いにサポートしました。
家康さんが行なった謀略の大半は、彼の献策によるものであったと言われているほどです。
また家康さんが将軍職に就任するために朝廷との交渉で尽力したともいわれております。
そして徳川政権において、絶大なる力を有すこととなります。



しかし・・・

あまりに大きな権力を得たため、他の家臣たちから嫌われることとなります。
特に、本多忠勝ら武功派の者たちから、かなり嫌われたようです。
腰抜け扱いされ、あげくに 「 同じ本多一族でもあやつとは全く無関係である 」 とまで言われるほど(^^;)
忠勝と同じ徳川四天王である榊原康政からも、 「 腸の腐った奴 」 と言われております(^^;)

いやぁ〜〜〜・・・相当な嫌われようですね(><)
ところが、主君・家康からは大いに信用されていたようです。
帯刀したままでも、家康の寝室に自由に出入りできたと言いますから、相当なものです。
さらには、正信の言っていることが第三者には理解できなくても、家康は理解できたと言われているそうです。

・・・あ、私、突然呼び捨てしたり、さんづけしたりしますが気にしないでください(^^;)
気分のままに書いてますんで(^^;)


話を中断してゴメンナサイ。戻ります(><)

やはり武辺者と知恵者の考えていることは違うのでしょうね。
一国を治める国主ともなると、ただ戦で勝つことだけを考えてはいられません。
その辺のところ、正信さんは家康さんのかゆいところに手が届いたのではないでしょうか。
特に、関ヶ原の戦いが終わってからは、戦いよりも、新しい国づくり、運営の仕方などを考えなくてはいけなくなりました。
今までの考え方を捨てて、新しい考え方が求められていたことでしょう。
ですので、武功派の方々との衝突は避けがたいものだったのでしょうね。


とまぁ、戦国時代を生きた同世代の方々から多くの罵りを受けた正信さんですが、梟雄・松永久秀さんはこう評しております。

「 徳川の侍を見ることは少なくないが、多くは武勇一辺倒の輩。しかしひとり正信は剛にあらず、柔にあらず、卑にあらず、非常の器である 」


・・・さすが。

さすがです、チョイ悪オヤジ・松永さん。(ホントはかなり悪いけど(^^;))
見る目があります。



本日もこのブログを読んでくださり、ありがとうございました(^^)

ではまた〜



★ ★ ★ ★

ブログ移転しましたぁ〜( ´ ▽ ` )ノ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000

新ブログにて自作甲冑載せてます♪( ´▽`)
IMG_3463.jpg
IMG_3464.jpg
IMG_3470.jpg
IMG_3473.jpg
甲冑はじめました(*゜▽゜*)(冷やし中華はじめました的なや〜〜つ)
posted by jami at 12:05| Comment(0) | 日本の戦国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: