2014年10月06日

戦国武将紹介・その51 〜丹羽長秀〜

IMG_6442.jpg
新ブログはコチラ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000
___________________


はい!
どもども!
ど〜〜もです!!

jamiです(^^)
戦国武将大好きなjamiであります(^^)
好きなくせしてそんなに詳しくないjamiであります!( ;´Д`)

当ブログにお越しくださり、誠にありがとうございます☆
当ブログは自己満仕様となっております。
何も得るものがないとは思いますが、なにとぞ宜しくお願いいたします!


さてさて

本日もいきましょう、あのコーナー!!
jami的戦国武将紹介ぃ〜〜〜!!!
魅力的な戦国武将の方々を、jami的視点で書いていきます。

そしてそしてぇ!
jami的能力値判定なるものを設け、誠に勝手ながら、【武力】【知力】【魅力】の数値をつけさせていただきました。
これも、かなり!かな〜〜〜〜り!!個人的見解ですので、「ふ〜〜〜〜ん、あそ(´・_・`)」ってな感じで、大きな心で見てやってくだされば幸いです(^^;)
まぁ、お気軽に読んでやってくださいな( ´ ▽ ` )ノ

本日はこの方ぁ!!!



丹羽長秀。


jami的能力値判定
【武力】 3 ★★★
【知力】 3 ★★★
【魅力】 3 ★★★

はい。丹羽長秀(にわながひで)さんです。
武将好きの方でしたらおそらくご存じかと思いますが、興味のない方でも名前ぐらいは聞いたことがあるかも知れません。
あの三谷幸喜さんの映画 「 清須会議 」 にも登場し、なかなかの存在感を放っておりましたね。

この丹羽長秀さん、織田家の重臣であります。
織田家中には 「 木綿藤吉、米五郎左、掛かれ柴田に、退き佐久間 」 という風評があり、長秀さんもここに名を連ねております。
「 米五郎左 」 というのがそれで、長秀さんは五郎左衛門尉という通称であったためこの米五郎左とあります。
どういう意味かと言いますと、米のように欠かせない存在ということです。
織田家にとって、この長秀さんの役割が重要であったことを示すものであります。


安土城の普請など行政において大いに活躍し、高い能力を発揮しておりました。
また 「 鬼五郎左 」 と称されるほどの戦上手だったようで、猛将と呼んでも過言ではないかと思われます。
このように、行政・軍事両面に秀でた有能な武将だったようです。

正直 私jamiめも、能力値を設定するにあたり、迷いました(^^;)
【武力】【知力】 ともに、4をつけても良いのではないか・・・と。
まぁ、結局 3にしましたけどね(^^;)



そして忘れてはならないのが先に挙げました 「 清州会議 」 です。
信長なき後の織田家を、ひいては日本の行く末を左右したこの場においても、長秀さんは強く影響を与えております。
柴田勝家・羽柴秀吉・池田恒興、そしてこの丹羽長秀さんがこの清須会議に出席しました。
そこで柴田勝家と羽柴秀吉が対立。
長秀さんとしては織田家の古株として、勝家側につきたかったのかも知れません。
が、結果として秀吉側につきます(正確には秀吉が擁立せんとする三法師)。


この丹羽長秀さんの現在の評価ですが・・・どうなんでしょうね(^^;)
どうと言いますのは、高いのか低いのか?
知名度があるのかないのか?
なかなかに評価され、なかなかに有名。
しかしながら、やはり・・・なかなか・・・といった域にある・・・のか???
といった印象が、個人的にはあります。


確かに方面軍司令の地位こそ持ってはいませんでしたが、それはそれ。
各方面に遊撃軍として参加しておりますし、やはり織田軍にはなくてはならない存在だったのではないでしょうか。


「 米五郎左の名は、伊達じゃない! 」


と、アムロ・レイ風に言いたくなったjamiであります(^^)
・・・あ、分かります? このネタ??

分かる方だけ分かっていただければ満足であります( ´ ▽ ` )ノ



本日もこのブログを読んでくださり、ありがとうございました(^^)

ではまた〜



★ ★ ★ ★

ブログ移転しましたぁ〜( ´ ▽ ` )ノ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000

新ブログにて自作甲冑載せてます♪( ´▽`)
IMG_3463.jpg
IMG_3464.jpg
IMG_3470.jpg
IMG_3473.jpg
甲冑はじめました(*゜▽゜*)(冷やし中華はじめました的なや〜〜つ)


posted by jami at 11:16| Comment(0) | 日本の戦国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。