2014年10月02日

戦国武将紹介・その45 〜直江兼続〜

IMG_6442.jpg
新ブログはコチラ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000
___________________


はい!
どもども!
ど〜〜もです!!

jamiです(^^)
戦国武将大好きなjamiであります(^^)
好きなくせしてそんなに詳しくないjamiであります!( ;´Д`)

当ブログにお越しくださり、誠にありがとうございます☆
当ブログは自己満仕様となっております。
何も得るものがないとは思いますが、なにとぞ宜しくお願いいたします!


さてさて

本日もいきましょう、あのコーナー!!
jami的戦国武将紹介ぃ〜〜〜!!!
魅力的な戦国武将の方々を、jami的視点で書いていきます。

そしてそしてぇ!
jami的能力値判定なるものを設け、誠に勝手ながら、【武力】【知力】【魅力】の数値をつけさせていただきました。
これも、かなり!かな〜〜〜〜り!!個人的見解ですので、「ふ〜〜〜〜ん、あそ(´・_・`)」ってな感じで、大きな心で見てやってくだされば幸いです(^^;)
まぁ、お気軽に読んでやってくださいな( ´ ▽ ` )ノ

本日はこの方ぁ!!!



直江兼続。


jami的能力値判定
【武力】 3 ★★★
【知力】 4 ★★★★
【魅力】 4 ★★★★

はい。直江兼続(なおえかねつぐ)さんです。

「 愛 」 の人ですね(^^)

は? って感じですね、ゴメンナサイ。
この直江兼続さん、自分の兜の前立てに 「 愛 」 という字をつけておりました。
歴史に興味のない方も見たことがあるかも知れません。
大河ドラマ 「 天地人 」 の主人公として活躍しておりました。
確か、妻夫木聡さんが兼続役を演じてらっしゃったかと思います。


ただ、実は私、この兼続さんのこと・・・


詳しくないんですぅ〜〜〜〜!!!!!!(T_T)(T_T)(T_T)

「 天地人 」 もほとんど観たことないんですぅ〜〜〜〜!!!!!!(T_T)(T_T)(T_T)


はいゴメンナサイ申し訳わけワケぇ〜〜〜!!!
詳しくないし作品もあまり観てないですですぅ〜〜〜〜!!!

が、ふと思い出したので書いてみようかと思った次第です。
いやね、私は詳しくないけれど、実はファンの方が多いのではと思いまして。
ならば私も無知のままではいかんかなと、思いまして。



とりあえず現状の私は、ゲームでしか直江兼続さんのことをイメージできません(^^;)
戦国無双2 であります(^^;)
では彼の印象を箇条書きにて☆


●イケメン

●上杉謙信の家臣

●真田信繁(幸村)と仲が良い

●兜がやや縦長

●色的には、白

●いつまで経っても若いまま



hahahahaha・・・(^^;)

苦笑いですね(^^;)

戦国武将ファンが聞いて呆れますね(^^;)



なんと言いますか、「そんだけかいっ!?」「まさにゲームオンリーからの情報源」 ですね。
と、いうワケで、ちょっとばかし検索してみました。

そしたらば賢者Wikipedia様が、

「時の天下人豊臣秀吉の信任を受け秀吉はこの日本で最も政治が行える武将の一人であると評価された因みにもう一人は西国大名の小早川隆景である。」

と申されました。

へぇ〜〜! 凄い!!Σ(゜д゜lll)
秀吉さんがそこまで評価していたとは!?
小早川隆景さんと同格ですと!???( ;´Д`)
あの毛利の智将と同格とは、いやはや、恐れ入りました。


また、賢者Wikipedia様はこのようにも仰いました。

「『最上記』によると、長谷堂城の戦いの撤退戦での直江兼続の采配振りを「古今無双の兵」と評している。」

おぉ〜〜〜! ちょっと意外(;゜0゜)
戦に関しては、そこまで力量はない印象でしたので。
とか言いつつ、もともと知識がないのに失礼極まりないですね(><)
ゴメンナサイ!(><)



またまた賢者Wikipedia様からの転載ですが、気になるものがあったのでご紹介いたします。

「兼続の死後、主君を誤らせ石田三成と結んで徳川家康に刃向かい、上杉家を窮地に陥れた奸臣とされていたが、米沢藩第9代藩主の上杉鷹山が兼続を手本に藩政改革を行なったことから次第に再評価が高まった。」

う〜〜〜〜ん、そうなんですよねぇ・・・
その方の評価って時代によって変わるんですよねぇ・・・


その時代、それぞれがそれぞれの考えに従って行動して、その結果、戦に勝ったり負けたり、国を獲ったり獲られたり。
もっと言うと、歴史書に残らないような方々がもっともっと沢山いて、いろいろ考え苦悩したり歓喜したりして生きて、そして死んで。

願わくば、「必死に生きた方は皆、評価するに値する」 。
そうゆう心持ちで在りたいです。
そして、「本当は敵も味方もない」 「いろいろあるけど、それはそれ。これはこれ」
といった感じで、あの時代に生きた、すべての人が評価されて欲しいです。


何が言いたいかよく分かりませんよね(^^;)
スイマセン(^^;)
つまり、

「あの武将は好きだけど、あの武将は嫌い。」
「あの武将は義に厚く良い人だけど、あの武将は裏切りまくるから悪い人だ。」
「武将は好きだけど、農民は興味ない」

って思いがあっても全然良いけど、根本的な部分では、その存在を認めて欲しいということです。

あぁ・・・全然分かりませんよね(^^;)
ゴメンナサイ(^^;)


直江兼続さんのトレードマーク 『 愛 』 を考えておりましたら、ふとこんな思いがわいてきて、こんなこと書いてしまいました(^^;)



本日もこのブログを読んでくださり、ありがとうございました(^^)

ではまた〜



★ ★ ★ ★

ブログ移転しましたぁ〜( ´ ▽ ` )ノ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000

新ブログにて自作甲冑載せてます♪( ´▽`)
IMG_3463.jpg
IMG_3464.jpg
IMG_3470.jpg
IMG_3473.jpg
甲冑はじめました(*゜▽゜*)(冷やし中華はじめました的なや〜〜つ)
posted by jami at 20:57| Comment(0) | 日本の戦国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: