2014年10月02日

戦国武将紹介・その42 〜斎藤道三〜

IMG_6442.jpg
新ブログはコチラ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000
___________________


はい!
どもども!
ど〜〜もです!!

jamiです(^^)
戦国武将大好きなjamiであります(^^)
好きなくせしてそんなに詳しくないjamiであります!( ;´Д`)

当ブログにお越しくださり、誠にありがとうございます☆
当ブログは自己満仕様となっております。
何も得るものがないとは思いますが、なにとぞ宜しくお願いいたします!


さてさて

本日もいきましょう、あのコーナー!!
jami的戦国武将紹介ぃ〜〜〜!!!
魅力的な戦国武将の方々を、jami的視点で書いていきます。

そしてそしてぇ!
jami的能力値判定なるものを設け、誠に勝手ながら、【武力】【知力】【魅力】の数値をつけさせていただきました。
これも、かなり!かな〜〜〜〜り!!個人的見解ですので、「ふ〜〜〜〜ん、あそ(´・_・`)」ってな感じで、大きな心で見てやってくだされば幸いです(^^;)
まぁ、お気軽に読んでやってくださいな( ´ ▽ ` )ノ

本日はこの方ぁ!!!



斎藤道三。


jami的能力値判定
【武力】 3 ★★★
【知力】 4 ★★★★
【魅力】 4 ★★★★

はい。斎藤道三(さいとうどうさん)さんです。
道三さん。道SUNSUN!
燦々と輝く陽があたる道を進みし者であります。
はい、ウソです。

「 美濃の蝮 」 と呼ばれ恐れられた梟雄でございます。
下剋上により戦国大名にまで成り上がった代表人物の一人です。
なお近年では 『岐阜県史』 編纂の過程で発見された古文書 「六角承禎条書写」 によって、美濃の国盗りは道三一代のものではなく、父子2代にわたるものではないかという説が有力となっているそうです。


そうそう、「 国盗り物語 」 。
これを知らねば、道SUNSUNを知ったことにはなりません!
かの有名な小説家・司馬遼太郎 先生が書かれた小説で、映画化までされております。
この作品にて、道SUNSUNの活躍が描かれております!


しか〜〜〜し!
私は読んだことありません!!(´・_・`)
映画も観たことありません!!!(´・_・`)
って言うかこれ、司馬遼太郎 先生の作品だったのね?( ´ ▽ ` )ノ
って言うかこれ、信長さんの話かと思ってた( ´ ▽ ` )ノ
道SUNSUNの話だったのね( ´ ▽ ` )ノ


ってアホかぁ〜〜〜〜!!!!!!Σ(゜д゜lll)

どこが戦国ファンじゃぁ〜〜〜〜!!!!!!Σ(゜д゜lll)

って道SUNSUNって誰じゃぁ〜〜〜〜!!!!!!Σ(゜д゜lll)



・・・てな感じですね(^^;)
ゴメンナサイ。
本当に無知なのです(^^;)
一応好きなので自分なりには調べたりもするのですが、やはり素人の域でして(^^;)
大目に見ていただけましたら幸いですm(_ _)m



では気を取り直しまして。
私の中で道三さんの印象を語りますれば、「 若き日の信長の物語に登場する人物 」 となります。
けっこう出てくるんですよね、信長さんの作品に。
しかも若い頃。
結婚する前後ですね。
はい、ご存じの方も多いとは思いますが、この道三さんの娘こそ、信長さんの正室である 帰蝶 さんであります。
濃姫さんのことですね。

濃い姫?

なぜに濃姫? と思ったりしてましたが、美濃国出身の高貴な女性という意味だそうです。
したがって信長さんに嫁いだ後につけられた呼び名のようです。

そんなこんなで信長さんとは親戚同士で、周囲から 「うつけ者」 と呼ばれ侮られていた彼の実力を見抜き、娘を嫁がせたと言われております。
さすがに洞察力がおありですね。
下剋上を成功させただけのことはありますね。



ところが、その道三さんもまた、下剋上により果てることとなります。
息子である斎藤義龍が謀反を起こし挙兵。
長良川河畔での激戦の末、討ち取られます。

因果応報・・・なんでしょうかね。
実は本当の親子ではなかった。
とか、本当の親子ではないと吹聴され、それを真に受けた(どちらか、もしくは両者が)。
など、いろいろな陰謀説があるようですが、下剋上により命を落としたことは確かですね。

う〜〜〜〜ん、いろいろと思うところがございます。



そんな波乱万丈の道三さんですが、地元・岐阜では愛されており、毎年4月上旬には 「道三まつり」 というイベントが開催されています。
岐阜のまちづくりに貢献してくださった道三さんの遺徳を偲び、多くの人がつめかけ賑わいを見せます。
誰の人生にも愛憎がありますよね。
人生を全うしたなら、たとえそれがどんな人生であっても、祝福と感謝をささげたいものです。

それが出来る人間でありたいです(^^)



本日もこのブログを読んでくださり、ありがとうございました(^^)

ではまた〜



★ ★ ★ ★

ブログ移転しましたぁ〜( ´ ▽ ` )ノ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000

新ブログにて自作甲冑載せてます♪( ´▽`)
IMG_3463.jpg
IMG_3464.jpg
IMG_3470.jpg
IMG_3473.jpg
甲冑はじめました(*゜▽゜*)(冷やし中華はじめました的なや〜〜つ)


posted by jami at 10:37| Comment(0) | 日本の戦国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。