2014年09月27日

戦国武将紹介・その34 〜毛利良勝〜

IMG_6442.jpg
新ブログはコチラ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000
___________________


はい!
ども!
ど〜〜もです!!

jamiです(^^)
戦国武将大好きなjamiであります(^^)
好きなくせしてそんなに詳しくないjamiであります!( ;´Д`)

当ブログにお越しくださり、誠にありがとうございます☆
当ブログは自己満仕様となっております。
何も得るものがないとは思いますが、なにとぞ宜しくお願いいたします!


さてさて

本日もいきましょう、あのコーナー!!
jami的戦国武将紹介ぃ〜〜〜!!!
魅力的な戦国武将の方々を、jami的視点で書いていきます。

そしてそしてぇ!
jami的能力値判定なるものを設け、誠に勝手ながら、【武力】【知力】【魅力】の数値をつけさせていただきました。
これも、かなり!かな〜〜〜〜り!!個人的見解ですので、「ふ〜〜〜〜ん、あそ(´・_・`)」ってな感じで、大きな心で見てやってくだされば幸いです(^^;)
まぁ、お気軽に読んでやってくださいな( ´ ▽ ` )ノ

本日はこの方ぁ!!!



毛利良勝。


jami的能力値判定
【武力】 3 ★★★
【知力】 1 ★
【魅力】 2 ★★

はい。毛利良勝(もうりよしかつ)さんです。
毛利新助(新介とも)さんと呼んだ方が私は馴染みがあります(^^)

この毛利新助さんを知っている方は、なかなかに戦国通ですね☆
初めてこの名前を目にする方も多いかと思われます。
この毛利新助さん、織田信長に仕え、あの桶狭間の戦いにて敵将・今川義元を討ちとった方なのです。
その後は信長の側近として旗本部隊に属し、本能寺の変の際は京都に随行、信長の長子・信忠とともに奮戦の末に討死した。
といった生涯を送られております。

桶狭間以後は目立つ活躍も記録されていないのですが、なんだか好感を持っております。
こうゆう方も良いなぁ〜と。
私が新助さんのことを知ったきっかけは、例によって例の如く漫画 『 センゴク 』 です。
正確には、 『 センゴク外伝・桶狭間戦記 』 であります。
タイトル通り桶狭間の戦いを描いた作品なのですが、これに新助さんは登場します。


最近読むのを中断していたセンゴクを再び読み始め、ついに本能寺の変に至ったのですが、新助さんが再登場したのに胸が熱くなりました。

「・・・あぁ・・・間もなく死闘の末、討ち死にされるんだ・・・」

と。
この時代、新助さんは英雄だったと思います。
猛将・知将ではないけれど、一兵卒にて大手柄をたて、精鋭部隊(馬廻・黒母衣衆)として活躍する。
足軽たちの憧れの的だったのではないでしょうか。


今回表記しました能力値判定にて 【魅力】 を 2としましたが、そういった観点に重きを置いたならば、もっともっと高い評価となったでしょう。
個人的に思うのですが、当時の人の皆が皆、名将になりたいと思っていたわけではないと思います。
上にいけばいくほど責任はどんどん重くなっていきます。
その重圧は相当なものだったかと推測いたします。
それを踏まえて鑑みるに、この新助さんのポジションこそベストだと感じる人も少なくなかったのでは?
そんなことを思ったりします。

これもまた、戦国ロマンを感じます(^^)
新助さんの生涯もまた、猛将・知将に負けないくらい魅力的で惹かれるものであります。



あぁ〜〜〜〜!!!!
なんだか熱くなってきました!!!!

と、いうワケで、近いうちにまた 『 センゴク外伝・桶狭間戦記 』 を読み返す気がしなくもないです(^^;)
と言いつつすでに、私の傍らには 『 センゴク外伝・桶狭間戦記 』 全巻がすでにスタンバイされている状況であります(^^;)

う〜〜〜〜ん、良いですね(^^)
毛利新助さん、良い☆
戦国ロマン、失うことなかれ☆



本日もこのブログを読んでくださり、ありがとうございました(^^)

ではまた〜



★ ★ ★ ★

ブログ移転しましたぁ〜( ´ ▽ ` )ノ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000

新ブログにて自作甲冑載せてます♪( ´▽`)
IMG_3463.jpg
IMG_3464.jpg
IMG_3470.jpg
IMG_3473.jpg
甲冑はじめました(*゜▽゜*)(冷やし中華はじめました的なや〜〜つ)
posted by jami at 17:22| Comment(0) | 日本の戦国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: