2014年09月18日

戦国武将紹介・その15 〜堀 秀政〜

IMG_6442.jpg
新ブログはコチラ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000
___________________


は〜〜〜い!
どうも!
どうもです!!

jamiです(^^)
戦国武将大好きなjamiであります(^^)
好きなくせしてそんなに詳しくないjamiであります!( ;´Д`)

当ブログにお越しくださり、誠にありがとうございます☆
当ブログは自己満仕様となっております。
何も得るものがないとは思いますが、なにとぞ宜しくお願いいたします!


さてさて

本日もいきましょう、あのコーナー!!
jami的戦国武将紹介ぃ〜〜〜!!!
魅力的な戦国武将の方々を、jami的視点で書いていきます。

そしてそして!
jami的能力値判定なるものを設け、誠に勝手ながら、【武力】【知力】【魅力】の数値をつけさせていただきました。
これも、かなり!かな〜〜〜〜り!!個人的見解ですので、「ふ〜〜〜〜ん、あそ(´・_・`)」ってな感じで、大きな心で見てやってくだされば幸いです(^^;)
まぁ、お気軽に読んでやってくださいな( ´ ▽ ` )ノ

本日はこの方ぁ!!!



堀 秀政。


jami的能力値判定
【武力】 4 ★★★★
【知力】 4 ★★★★
【魅力】 3 ★★★

はい。堀 秀政(ほりひでまさ)さんです。
キュ〜さんです。名人・久太郎(きゅうたろう)の通称でおなじみですね(((o(*゜▽゜*)o)))

って知らんがな!( ´ ▽ ` )ノ
はい、ゴメンナサイ。
おなじみなのです。名人・久太郎の通称で☆

何の名人か?
戦です(^^)
有能な戦国武将なのであります。


若くして織田信長にとりたてられ、早々にその才能を開花させていった久太郎さん。
信長の側近として多くの戦に参加、武功をあげていく。
本能寺の変の後は、豊臣秀吉のもとで活躍。

多くの活躍の中でjamiが特に注目するのは、長久手合戦において。
味方の軍は大敗を喫する中、唯一勝ちを収めております。

後続の三好秀次勢が徳川軍に急襲され、敗走。
その余勢を駆って攻め寄せる敵を待ちかまえ、十分に引き付けてからの鉄砲一斉射撃。
形勢は逆転し、堀隊は散々に敵を打ち負かす。
この時、秀政は家康本隊が接近していることを察知し、撤退する。

その後に行われた戦闘にて、徳川軍大勝利。

この長久手合戦において、徳川軍は野戦での強さを証明しているが、その中において唯一異色を放つ堀秀政の活躍。
さすがは名人・久太郎。といったところである。



さてさて

私jamiは漫画 『 センゴク 』 にて堀秀政さんを知りました。
そしてこの漫画のおかげで彼のファンになりました。

まぁ、ファンとは言ってもにわかファンですが(^^;)
コアなファンの方には申し訳ないです(^^;)
ファンと言うのもおこがましいですね(><)
自称にわかファンですが、なにとぞお許しを(^^;)


とはいえ!

それで良いとも思っております。
漫画であれゲームであれ、それはそれで窓口です。
歴史に決して興味を惹かれない人に対して開かれた扉です。
その扉を開け、その向こう側の世界に何歩踏み入れるかはその人次第。

がっつりその世界の果てまで歩いていく人もいれば、一歩だけ踏み込んで帰る人もいるでしょう。
それをその世界の元々の住人たちが非難することもありましょう。
その気持ちも分からなくはないので。

でも私は暖かく見守っております(^^)
昨日扉を開いたばかりの方が 「ファンになりました」 と言ってくれたら、とてもとても幸せな気分になります。
そのまま扉を閉めて去ってしまっても、それはそれ(^^)
それでも良いと思ってます(^^)


・・・ん?

私は何の話をしているのだ?(´・_・`)

ま いっか( ´ ▽ ` )ノ



本日もこのブログを読んでくださり、ありがとうございました(^^)

ではまた〜



★ ★ ★ ★

ブログ移転しましたぁ〜( ´ ▽ ` )ノ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000

新ブログにて自作甲冑載せてます♪( ´▽`)
IMG_3463.jpg
IMG_3464.jpg
IMG_3470.jpg
IMG_3473.jpg
甲冑はじめました(*゜▽゜*)(冷やし中華はじめました的なや〜〜つ)
posted by jami at 09:46| Comment(0) | 日本の戦国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: