2014年09月16日

戦国武将紹介・その11 〜黒田孝高〜

IMG_6442.jpg
新ブログはコチラ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000
___________________


は〜〜〜い!
どうも!
どうもです!!

jamiです(^^)
戦国武将大好きなjamiであります(^^)
好きなくせしてそんなに詳しくないjamiであります!( ;´Д`)

当ブログにお越しくださり、誠にありがとうございます☆
当ブログは自己満仕様となっております。
何も得るものがないとは思いますが、なにとぞ宜しくお願いいたします!


さてさて

本日もいきましょう、あのコーナー!!
jami的戦国武将紹介ぃ〜〜〜!!!
魅力的な戦国武将の方々を、jami的視点で書いていきます。

そしてそして!
jami的能力値判定なるものを設け、誠に勝手ながら、【武力】【知力】【魅力】の数値をつけさせていただきました。
これも、かなり!かな〜〜〜〜り!!個人的見解ですので、「ふ〜〜〜〜ん、あそ(´・_・`)」ってな感じで、大きな心で見てやってくだされば幸いです(^^;)
まぁ、お気軽に読んでやってくださいな( ´ ▽ ` )ノ

本日はこの方ぁ!!!



黒田孝高。


jami的能力値判定
【武力】 3 ★★★
【知力】 5 ★★★★★
【魅力】 4 ★★★★

はい。黒田孝高(くろだよしたか)さんです。
天才軍師・黒田官兵衛のことですね。
テレビや漫画などで大活躍しておりますので、ご存じの方も多いかと思います。
竹中半兵衛とともに秀吉を支えた名軍師であります。

官兵衛の策は数多く、中でも備中高松城の水攻めや中国大返しなどがよく知られているところであります。
いやぁ〜〜〜、すごいですね。
天才的な軍略に感服いたします。

ただ・・・このような話もあります。
たびたびお世話になっている、賢者Wikipedia様にて
 ↓ ↓ ↓ ↓ 

備中高松城水攻めと中国大返しは孝高の献策などといった話は、黒田家の命において寛文11年(1671年)に編纂を開始された『黒田家譜』(貝原益軒著、1688年)以降の逸話である。


とのこと。
もしかしたら・・・
もしかしたら、備中高松城の水攻め・中国大返しは、実際には官兵衛の策ではないのかも?


なぁ〜〜〜んてことを、ちょっぴり考えたりしちゃいました(^^;)
まぁ、疑い出したらキリがありませんね(^^;)

「100年後に書かれたもの」

だとか

「縁のある方が書かれたもの」

ってだけで、どことな〜〜く疑念がわいてきてしまいます(^^;)
疑い深いですかね?(^^;)


しか〜〜し!

私は、信じております。
黒田官兵衛は天才軍師であったと!

・・・今のところは(^^;)
と言いますか、そう思いたいからそう思っております(^^;)
実際には、 『歴史はすべて、闇の中』 だと思っております(^^)



それはよいとしまして。
官兵衛さんのことを調べて思ったことがあります。
それは、 「なんだか大変な人生を送ってこられたなぁ・・・」 ということ。
もちろん大変な人生を送った方々は数えきれませんし、戦国時代ですので尚更です。

にしても、辛いこと多いな・・・と感じました。
興味がある方は、ぜひ調べてみると良いかと思います。



本日もこのブログを読んでくださり、ありがとうございました(^^)

ではまた〜



★ ★ ★ ★

ブログ移転しましたぁ〜( ´ ▽ ` )ノ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000

新ブログにて自作甲冑載せてます♪( ´▽`)
IMG_3463.jpg
IMG_3464.jpg
IMG_3470.jpg
IMG_3473.jpg
甲冑はじめました(*゜▽゜*)(冷やし中華はじめました的なや〜〜つ)


posted by jami at 18:56| Comment(0) | 日本の戦国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。