2014年09月14日

戦国武将紹介・その6 〜安国寺恵瓊〜

IMG_6442.jpg
新ブログはコチラ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000
___________________


は〜〜〜い!
どうも!
どうもです!!

jamiです(^^)
戦国武将大好きなjamiであります(^^)
好きなくせしてそんなに詳しくないjamiであります!( ;´Д`)

当ブログにお越しくださり、誠にありがとうございます☆
当ブログは自己満仕様となっております。
何も得るものがないとは思いますが、なにとぞ宜しくお願いいたします!


さてさて

本日もいきましょう、あのコーナー!!
jami的戦国武将紹介ぃ〜〜〜!!!
魅力的な戦国武将の方々を、jami的視点で書いていきます。

そしてそして!
jami的能力値判定なるものを設け、誠に勝手ながら、【武力】【知力】【魅力】の数値をつけさせていただきました。
これも、かなり!かな〜〜〜〜り!!個人的見解ですので、「ふ〜〜〜〜ん、あそ(´・_・`)」ってな感じで、大きな心で見てやってくだされば幸いです(^^;)
まぁ、お気軽に読んでやってくださいな( ´ ▽ ` )ノ

本日はこの方ぁ!!!



安国寺恵瓊。


jami的能力値判定
【武力】 2 ★★
【知力】 4 ★★★★
【魅力】 3 ★★★

はい。安国寺恵瓊(あんこくじえけい)さんです。
外交に長けた毛利の名参謀・恵瓊さんでありますが、この方、僧侶でございます。
僧侶なのですが、イメージとしてはなかなかにブラックな面も持ち合わせている感じがしております(^^;)

まぁ、戦国の世ですからね。仕方ありません。
綺麗ごとばかり言ってられませんよね。
誰かの味方をすれば誰かを敵に回すわけで、でも敵にまわさないための知恵や話術があればそれを回避できたりするわけで。
でもまぁ、すべてなんとかなるわけでもなく、やっぱり敵は出来てしまうわけでして・・・
結局は天下分け目の関ヶ原にて西軍につくも敗北。最期を遂げます。


ですが、これよくよく思うことなのですが、負けたからといって、負けた側が必ずしも弱かったわけではない。
いろいろな要素があって戦の勝敗がつく。
恵瓊さんも関ヶ原にて負けた側についたけれど、勝った側の陣営の知恵者たちに劣っているわけではありません。
・・・と思います。・・・思いたい?(^^;)



そもそも毛利輝元をまるめこみ(?)西軍総大将として大阪城に入らせたのは恵瓊さんであります。
(・・・あ、でも、言いだしっぺは大谷吉継さんだったような気がします(^^;) 多分。 いい加減でゴメンナサイ(^^;))

これにより、東軍と西軍のどちらにつこうか迷っていた第三勢力の多くを引き入れることに成功。
九州の強者・島津までも味方に引き入れることに成功。
中国と九州の巨大勢力を一つにまとめ上げたその外交力は見事。
恵瓊さんのこの働きがなければ、関ヶ原の戦いは 『天下分け目』 と呼べるほどの大規模で拮抗したものにはならなかったでしょう。

まぁ、そもそも戦場が関ヶ原ですらなくなっていたかも知れませんが(^^;)


とまぁ、いろいろと恵瓊さんのことを褒めそやしてはおりますが、全然詳しくありませんm(_ _)m
興味が出てきたのもわりと最近ですm(_ _)m
こんなんで申し訳ありません( ´ ▽ ` )ノ

いやぁ〜〜、いいですね(^^)
まだまだ魅力的な方々が私の視界の外にいらっしゃるようです☆
素敵なことです♪



本日もこのブログを読んでくださり、ありがとうございました(^^)

ではまた〜



★ ★ ★ ★

ブログ移転しましたぁ〜( ´ ▽ ` )ノ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000

新ブログにて自作甲冑載せてます♪( ´▽`)
IMG_3463.jpg
IMG_3464.jpg
IMG_3470.jpg
IMG_3473.jpg
甲冑はじめました(*゜▽゜*)(冷やし中華はじめました的なや〜〜つ)


posted by jami at 22:20| Comment(0) | 日本の戦国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。