2014年08月25日

るろ剣 キャラ紹介・その16 〜鵜堂刃衛〜

IMG_6442.jpg
新ブログはコチラ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000
___________________


は〜〜〜〜い!
どうも!
jamiです(^^)

戦国好きな自己満ヤロウ、jamiです( ´ ▽ ` )ノ
本日も自己満かましていきますのでおつき合いの程、宜しくお願いいたします!

今回も行きますよ 「るろ剣 キャラ紹介」のコーナー〜〜〜!( ´ ▽ ` )ノ
るろ剣にて活躍した魅力的なキャラをjami的視点で語っていきます!
今回も、るろうに剣心を語る上で欠かせない 『 あの人 』 の登場だぁ〜〜〜〜〜!!!!!!


サイコな人斬りMr.黒笠!

本気モードはマッチョなタイツ!!

ご存じ!


鵜堂刃衛だぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!


だぁ〜〜〜〜〜!!!!!!


だぁ〜〜〜〜〜!!!ってか(((o(*゜▽゜*)o)))


鵜堂刃衛。
はい、刃衛さんです。るろ剣にて最初に現れた強敵・刃衛さんです。
いやぁ〜〜〜、サイコな方ですねぇ〜。
ホント良い感じのヤバさが爆裂しておりますね。

あの白黒逆転した瞳といい、笑い方といい、何より快楽殺人者としてのキャラが強烈に際立ってますね。
はい、好きです(^^)
ヤバいけど好きですね(^^)
むしろそのヤバさが魅力ですね、この方は(^^;)
もちろんそれは、剣心でさえピンチに追い込むほどの強さがあったればこそですが。


映画にも登場しましたね。
第一作目の、ボスキャラ的存在として活躍しましたね。刃衛役を演じられた吉川晃司さん、本当にハマリ役でございました。

もう、それはそれは見事に演じてらっしゃり満足です!
ナイスキャスティングです。
殺陣も良かったのですが、やはり何と言っても、そのイカレっぷりが素敵に怖かったです(^^;)
この作品では、偽抜刀斎として暗躍してましたね。

「人斬り抜刀斎」への憧れ(?)と言いますか、思い入れが、幕末の人斬りを「明治の人斬り」へと生まれ変わらせたかのような印象を受けました。


ちなみにモチーフは幕末に実在した本物の人斬り・岡田以蔵とのこと。
なんだか熱くなりますね。え?何がって??
はい、剣心もまたモチーフが幕末に実在した本物の人斬りだからです。
言わずと知れた、河上彦斎ですね。
ですねって言われても、知らない方は知りませんでしょうが(^^;)

とにかく、それを知って私の頭の中で想像してしまうのです。
人斬り同士の対決シーンを。


河上彦斎 VS 岡田以蔵

です。
実は最初に原作のるろ剣を読んだ時には、河上彦斎も岡田以蔵も、それどころか新撰組すら知らなかったのですが(^^;)

ですが、いろいろと知るにつれて、想像して楽しむという技術を得たのです。
あの人とあの人が戦ったら、どっちが勝つだろう・・・とか(^^;)
もう、楽しくて楽しくてたまりません。

そんなこんなで私の脳内は、


河上彦斎 VS 岡田以蔵

の映像を創り上げては楽しんでいるワケです。

あ、どうでもいいですね、そんなことは(^^;)
とてもキャラが立っていて魅力的な刃衛さんですが、剣心に敗れ自害してしまいます。
作者の和月さんいわく、彼はあそこで死んでこそ彼の美学が完結する・・・みたいなことをおっしゃっていたような記憶があります。

確か単行本の製作秘話みたいな形で。
違ったかな・・・(^^;)
私の記憶違いだったらゴメンナサイ(^^;)


何はともあれ、鵜堂刃衛さん
人斬りとしての天寿を全う(?)し、最期まで人斬りであり続けた人生でありました。
剣心との対比が浮彫になったみたいで、それもまた印象に残りました。


ではまた〜



★ ★ ★ ★

ブログ移転しましたぁ〜( ´ ▽ ` )ノ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000

新ブログにて自作甲冑載せてます♪( ´▽`)
IMG_3463.jpg
IMG_3464.jpg
IMG_3470.jpg
IMG_3473.jpg
甲冑はじめました(*゜▽゜*)(冷やし中華はじめました的なや〜〜つ)
posted by jami at 00:54| Comment(0) | るろうに剣心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: