2014年08月20日

るろ剣 キャラ紹介・その13 〜志々雄真実〜

IMG_6442.jpg
新ブログはコチラ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000
___________________


は〜〜〜〜い!
どうも!
jamiです(^^)

戦国好きな自己満ヤロウ、jamiです( ´ ▽ ` )ノ
本日も自己満かましていきますのでおつき合いの程、宜しくお願いいたします!

今回も行きますよ 「るろ剣 キャラ紹介」のコーナー〜〜〜!( ´ ▽ ` )ノ
るろ剣にて活躍した魅力的なキャラをjami的視点で語っていきます!
今回も、るろうに剣心を語る上で欠かせない 『 あの人 』 の登場だぁ〜〜〜〜〜!!!!!!


人斬り・緋村抜刀斎の後継者にて明治政府転覆を目論む闇の覇者。

十の精鋭・二千の兵を率いし最狂の男

ご存じ!


志々雄真実だぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!


だぁ〜〜〜〜〜!!!!!!


だぁ〜〜〜〜〜!!!!!!ってようやくだぜいっ!!(((o(*゜▽゜*)o)))
ようやく来たぜぃっ!!(((o(*゜▽゜*)o)))

「シシオ」 も 「マコト」 も名前みたいだぜぃ!

「シシオ」 って言われても苗字に聞こえないぜぃ!!

いやぁ〜〜〜〜、来ましたねぇ〜〜ついに☆
志々雄編、この方がいないと始まりませんね(^^)

志々雄真実の魅力とはなんでしょう?
と問われましたら、いろいろと思い浮かべますね。たとえば強さ。
剣心をも圧倒するその比類なき実力は、彼を物語るうえで欠かせません。

そしてその野望もまた彼の魅力の一つではないでしょうか。
維新政府にことごとく利用され闇に葬られた怨念。それが彼の野望に火をつけた。
なんともおどろおどろしいのですが、その過去があったからこそ、
この現世の修羅が誕生したワケですね。

う〜〜〜ん、熱い(((o(*゜▽゜*)o)))

不謹慎ながらも、やっぱり熱いですね(((o(*゜▽゜*)o)))


そしてですね、やっぱり人望も凄まじかったところがまた惹かれる点ですね。
カリスマですね。ただ強いってだけでは、あれだけの規模の組織は創れません。
そのカリスマ性でもって、宗次郎・宇水のような強者から方治・才槌のような知恵者を
集めていき、一大組織・志々雄一派が産声をあげたんだろうな〜〜と考えるだけでもシビレます。



さてさて

映画 「 るろうに剣心 京都大火編 」 を観たjamiでありますが、予想通り
素敵な実写版・志々雄真実でございました(^^)
藤原竜也さん、本当に素晴らしい役者さんですね。

満足です。

さてさて、実写化にあたり、原作とは違った部分がいくつもあるワケですが、志々雄さんの
秘剣はどこまで再現されるのでしょうか。CMを観た限り 「壱の秘剣・焔霊(ほむらだま)」
は使っていましたが、さすがに紅蓮腕(ぐれんかいな)や火産霊神(カグヅチ)までは再現しないですよね???


ですよね??? って聞かれてもって感じですよね(^^;)
いやぁ〜〜〜、さすがにああいった現実離れした技はあくまで漫画だからこそ描けるのかなと思う次第で。
だって、手甲の表に仕込んだ火薬を爆発させて攻撃って・・・
自分の手の方が危ないですもん(^^;)


まぁ、それはいいとしまして、先ほど賢者Wikipedia様を覗いてきました。
志々雄さんのモデルは、新撰組の芹沢鴨さんだったんですね。知りませんでした(^^;)
もしかしたら単行本に和月さんが書いていたかも知れませんが、覚えておりません(^^;)
あぁ・・・るろ剣ファンを称してるのに、残念な私です。
でも言われてみれば確かに!と思えますね。あの破天荒な生き様は正に芹沢鴨ですね。


あぁ、やっぱり志々雄さんは良いですね☆
今日はこの辺にしておきます。


ではまた〜



★ ★ ★ ★

ブログ移転しましたぁ〜( ´ ▽ ` )ノ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000

新ブログにて自作甲冑載せてます♪( ´▽`)
IMG_3463.jpg
IMG_3464.jpg
IMG_3470.jpg
IMG_3473.jpg
甲冑はじめました(*゜▽゜*)(冷やし中華はじめました的なや〜〜つ)
posted by jami at 20:00| Comment(0) | るろうに剣心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: