2014年08月14日

るろ剣 キャラ紹介・その7 〜石動雷十太〜

IMG_6442.jpg
新ブログはコチラ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000
___________________


は〜〜〜〜い!
どうも!
jamiです(^^)

戦国好きな自己満ヤロウ、jamiです( ´ ▽ ` )ノ
本日も自己満かましていきますのでおつき合いの程、宜しくお願いいたします!

今回も行きますよ 「るろ剣 キャラ紹介」のコーナー〜〜〜!( ´ ▽ ` )ノ
るろ剣にて活躍した魅力的なキャラをjami的視点で語っていきます!
今回も、るろうに剣心を語る上で欠かせない 『 あの人 』 の登場だぁ〜〜〜〜〜!!!!!!



登場時のインパクト凄かったのに!!

なんであんなオチになっちゃったぁ〜〜〜!!

ご存じ!


石動雷十太 先生だぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!


だぁ〜〜〜〜〜!!!!!!


だぁ〜〜〜〜〜!!!!!!ってやっぱりまだ剣心こないのね(((o(*゜▽゜*)o)))


石動雷十太。
いやぁ〜〜〜、強そう。
いや、現に強い!・・・はずなのですが・・・
「本物」(?)の強者とは違うそうです。

私の中ではかなりの実力者なのですが・・・実際には、
古流剣術を語ってはいるが、人を斬ったことのない甘ちゃんさんとのこと。

剣の技もなかなかで、その上
「纏飯綱(まといいづな)」と「飛飯綱(とびいづな)」
を使う剛の者・・・のはずなのですが・・・


賢者Wikipedia様に聞いてみましたら、こう返されました。
以下、転載文

塚山家(後述)の財力を利用し、古流剣術を元に10年をかけて自ら創設した
真古流という剣術団体を広めようとしていた剣客。
一人称は「吾輩」(アニメでは「俺」も使っている)。
キネマ版では「俺」。
身長190cm、体重90kg、1850年(嘉永3年)5月生まれ[10]、血液型B。
剣心を真古流に勧誘しようとして断られ、戦闘に及んだ。

見た目は粗暴で豪胆な雰囲気の強い大男だが、実は自己の思想に酔っているだけの愚物。
殺人剣を謳うも実際には1度も人を殺した経験がなく、
最後は人質に取った弥彦にすら気迫負けした。

剣心の飛龍閃をくらった後、剣心からの悟りに自信を粉砕され、廃人同様になった。
肩の辺りに黒羽根を付けており、左之助からは「羽根オヤジ」と呼ばれていた。
名前は長岡市石動町に由来。

アニメ版では雷十太のエピソードそのものが大きく変更されており、
伊豆の富豪である塚山家の御曹司・由太郎の剣の師匠となり、
塚山家の土地と財産、立地を利用し、明治政府から伊豆を独立させようと画策していた。

展開の変更に伴い設定が変わり、性格もより卑劣になり、
狂言強盗で雇ったゴロツキを斬り殺すなど殺人も犯しているほか、
剣心が抜刀斎であることにすぐに気付いている。

真古流もかなりの規模の集団となっており、原作では4人だけだった弟子
(この4名はアニメでは「真古流四天王」と呼ばれ、個別に名前も設定されている)
だけでなく、数え切れないほど大勢の手下・同士を抱えている。

最終的には剣心の土龍閃を受け、原作では耐えた龍槌閃で倒される。


以上!賢者Wikipedia様のお言葉でした。
ありがとうございます!!

そうなのですね。アニメでは違ったキャラになってたんですね。
私、アニメは観てなかったので初めて知りました。

あぁ、なんだかjami的にはアニメ版の雷十太先生の方が良いなぁ〜って思いました(^^;)
だって、原作ほど竜頭蛇尾じゃないんですもの(^^;)

ま、いいんですけどね(^^)
それでも好きです雷十太先生。
登場キャラみんな好きです☆


本日もこのブログを読んでくださりありがとうございます。


ではまた〜



★ ★ ★ ★

ブログ移転しましたぁ〜( ´ ▽ ` )ノ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000

新ブログにて自作甲冑載せてます♪( ´▽`)
IMG_3463.jpg
IMG_3464.jpg
IMG_3470.jpg
IMG_3473.jpg
甲冑はじめました(*゜▽゜*)(冷やし中華はじめました的なや〜〜つ)
posted by jami at 20:00| Comment(0) | るろうに剣心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: