2014年08月09日

るろ剣 キャラ紹介・その4 〜斎藤一〜

IMG_6442.jpg
新ブログはコチラ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000
___________________


は〜〜〜〜い!
どうも!
jamiです(^^)

戦国好きな自己満ヤロウ、jamiです( ´ ▽ ` )ノ
本日も自己満かましていきますのでおつき合いの程、宜しくお願いいたします!


今回も行きますよ 「るろ剣 キャラ紹介」のコーナー〜〜〜!( ´ ▽ ` )ノ
るろ剣にて活躍した魅力的なキャラをjami的視点で語っていきます!
今回も、るろうに剣心を語る上で欠かせない 『 あの人 』 の登場だぁ〜〜〜〜〜!!!!!!


ご存じ!

新撰組三番隊組長!!!!

斎藤一だぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!


だぁ〜〜〜〜〜!!!!!!


だぁ〜〜〜〜〜!!!!!!ってようやくマトモなキャラ来たね(((o(*゜▽゜*)o)))
いやぁ〜〜〜、ホントにようやくですね(^^;)
私メインのキャラももちろん好きなんですが、マイナーなキャラに目がいってしまいがちなので(^^;)

でもやっぱり!
メインキャラがいてこそ、マイナーキャラも際立つんです。

と言うわけで、今回は斎藤さんです。


人気ですね(^^)
大人気ですね、斎藤さん(^^)
るろ剣好きでなくとも、歴史好き・幕末好きの方々の間で大人気な方ですね。
実在した幕末の剣客ですからね。
るろ剣でも描かれてますが、幕末を生き抜き、明治時代になってからも彼はご健在でした。
藤田五郎と名乗り、警官をされていたご様子。


さてさて、この斎藤一さんですが、原作の登場直後は、けっこう読者さんの反応が悪かったようです。
もともと斎藤さんファンの方々でしょうかね。
悪役として描かれている点が、どうもお気に障ったようでして。

私としましては、るろ剣で初めて 『 斎藤一 』『 新撰組 』 を知ったものですから、
全然抵抗なかったんですけど。
確かに、好きな人にとってはあまり気分のいいものではないかもしれません。

ビジュアル・・・というか目つきも悪かったと記憶しております。

「斎藤さんはこんな奴じゃない!!!」

って思うのも分からなくはないです。

その後、実は斎藤さんは訳あって剣心のもとに現れ、
正義のため(悪・即・斬)今も戦っていることが明らかになっていきます。
それに伴い、評価がどんどん良くなっていったとか。


そうそう!

悪! 即!! 斬!!!

これを忘れてはいけませんね。
斎藤さんの信じる正義。
彼はこの信念のもと戦っている。
カッコ良いですね。
剣心が 不殺(ころさず)の誓いのもと戦っているのと同じように、
斎藤さんにも戦うに値する理由があった。

いいですね。
うん。いいです。
シビれます。

そしてそして
アレのことにも触れないわけにはいきませんね( ´ ▽ ` )ノ


『 牙突 』

です!

牙突。
斎藤さんと言えば牙突。
牙突と言えば斎藤さん。
それぐらいのイメージでおります。jami的には。

そして、

「 戦場では同じ相手と二度以上相対することは極めて稀であり、
見切られる心配をして多数の技を考案するよりも己の得意技を徹底的に磨き上げ、
戦ったその場で相手を一撃で確実に仕留める方が合理的である 」

との理論も好きです。
なんだか、本当に強いんだろうなぁ〜〜、なんて思ったりします。

あ、実際の斎藤一さんがそう言ったかどうかは知りませんよ(^^;)
でも実際に史実の斎藤さんも、 「 左片手一本突き 」 を得意技としていたそうです。
なんだか作者である和月さんの熱意と言いますか、愛(?)を感じます。

しかもしかもぉ〜〜〜(((o(*゜▽゜*)o)))
バリエーションがあるのも良いです(((o(*゜▽゜*)o)))
以下、賢者 Wikipedia様から転載いたします☆

●牙突・壱式(がとつ・いっしき)

通常の牙突。
劇中で最も多く使用された。片手で放つ以外は通常の平刺突と同じ性質を持つ。
刀ではなく拳を放つ無刀版も存在する。
飛天御剣流最速の突進術「九頭龍閃」に匹敵する突進力を持ち、
その威力は鋼鉄の扉ですら一撃で粉砕する。

●牙突・弐式(がとつ・にしき)

斜め上から突き下ろす形の牙突。
別名本気の牙突。志々雄曰く人間を殺傷する目的に特化した「本来の姿」であるという。
アニメでは志々雄に斎藤自らが跳び上がり使用した。

●牙突・参式(がとつ・さんしき)

対空迎撃用の牙突。
別名対空の牙突。上空にいる相手に向かって下から突き上げる。
神谷道場での剣心との戦いで使用。アニメでは志々雄に対しても使用する。

●牙突・零式(がとつ・ゼロしき)

間合いのない密着状態から、上半身のバネのみで繰り出す牙突。
アニメ版では体を回転させることで加速を付ける動作が加わった。
まともに決まれば相手を胴から真っ二つにしてしまうほどの破壊力を誇る。
斎藤はこれを「抜刀斎と決着をつける時のとっておき」だと宇水に語っている
(しかし剣心との対決の機会がなく、結局使用することは無かった)。
京都編では宇水との対決の他、志々雄にも繰り出すが宇水との対決の傷が原因で
本来の力が出せずに防がれてしまう。
人誅編では八ツ目との戦いでも使用しているが、この時は力を加減したものであった。


以上!
賢者Wikipedia様、ありがとうございましたぁ!!

いやぁ〜〜、
やっぱり斎藤さんはカッコ良いですね(((o(*゜▽゜*)o)))

うん。カッコ良い!


ではまた〜



★ ★ ★ ★

ブログ移転しましたぁ〜( ´ ▽ ` )ノ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000

新ブログにて自作甲冑載せてます♪( ´▽`)
IMG_3463.jpg
IMG_3464.jpg
IMG_3470.jpg
IMG_3473.jpg
甲冑はじめました(*゜▽゜*)(冷やし中華はじめました的なや〜〜つ)


posted by jami at 20:00| Comment(0) | るろうに剣心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。