2016年05月15日

さくらゆきさん「沈まぬ太陽」の感想( ´ ▽ ` )ノ

真田幸村.jpg
イラスト作者様のページはこちら
http://realsengoku.blogspot.jp/


どうも〜〜!
jamiです( ´ ▽ ` )ノ
戦国好きのjamiです( ´ ▽ ` )ノ
戦国好きなくせして詳しくないjamiであります(`_´)ゞ

本日もこのJIKOMANNブログを覗いてくださり、ありがとうございます。
はい。JIKOMANNであります。
どうぞよしなに♪( ´▽`)


さてさて

前回に引き続きまして、元祖・歴史系アーティストの『 さくらゆきさん 』の記事でございます。
今回も、アルバム『 赤き絆 』の感想でございます。


「沈まぬ太陽」


アルバムの四番手をつとめるは、真田信繁であります。
疾走感!
感じるのは疾走感。
連想するは錘行の陣(すいこうのじん。錐行とも書く)!
赤い甲冑の騎馬隊が敵陣を斬り裂いていくイメージ。
その先端には六文銭のあの男!


なんだか前曲の「対い蝶」とは対照的にアグレッシブな曲調であります(^^)
そりゃそうか(^^;)信繁さんですもの☆
日の本一のTUWAMONOですもの☆
と思いつつ、描き方もいろいろあるよなと思いました。

・大きな壁にぶつかっていく情熱あふれる描き方
・勝ち目の薄い戦いに挑む悲壮感
・はたまた勇壮感
・兄と対峙することとなる悲壮感
・はたまた真田戦略のしたたかさ

そんななかで今回の楽曲は、信繁さんの『陽』の部分を描いた作品なのかなと感じました。
とても良いと思います(^^)


それとともに、

「闘うこと 挑む事がすべてじゃない
 それでも槍を向けよう」

ってフレーズがお気に入りです。
決して武だけではない彼の、知の部分を感じさせてくれます☆


と、いうワケで!
気になった方は、ぜひとも聴いてみてくださいな( ´ ▽ ` )ノ

ではまた〜


ブログ移転しましたぁ〜( ´ ▽ ` )ノ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000

新ブログにて自作甲冑載せてます♪( ´▽`)
IMG_3463.jpg
IMG_3464.jpg
IMG_3470.jpg
IMG_3473.jpg
甲冑はじめました(*゜▽゜*)(冷やし中華はじめました的なや〜〜つ)


posted by jami at 22:05| Comment(0) | 日本の戦国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。