2016年02月26日

戦国Web小説『コミュニオン』第9話の解説

IMG_6442.jpg
新ブログはコチラ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000
___________________


【注意!ネタバレありんす( ´ ▽ ` )ノ】


どうも!
jamiです(^^)

この記事は、戦国Web小説『コミュニオン』第9話の解説(?)記事でありんす。
解説と言いますか、裏話と言いますか、まぁとにかく連動記事なのでありんす。

てなワケで、いろいろとネタバレあります。
本編読む前にこっち読むのイヤ!( ;´Д`)ってな方は、こちらへどうぞ。
無料で読めます☆(1〜15話)
 ↓ ↓ ↓
http://senngokusukidesu.com/


ではでは本題に。

この回で描きたかったもの、それはズバリ!


豪傑 vs 達人

であります(^^)
いいですよね〜、熱いですよね〜。
圧倒的な体格とパワーを持った豪傑と、これまた圧倒的なスピードとテクニックを持った達人。
この質の違う両者がぶつかりあうシチュエーションは燃えますよね。
・・・あれ、燃えない?(^^;)
いいんです。
私は燃えるんです(^^)

まさに『剛』と『柔』。
どちらもjamiが好きなフレーズであります。
そしてjamiが描きたかったものの一つに、「スピードとテクニックを持った豪傑」というのがあります。

主人公である隼介は、ただの怪力男ではなく、技術も速さも人並み以上である設定で描きました。
パワーの面では極めている。その上で、スピードとテクニックも極めてはいないけれど、なかなかなものを持っている。
そんなキャラであります。
そして、そんなキャラと互角の戦いを展開してしまう相手!

いやぁ〜、やっぱり強敵を出すってのは熱いですな( ´ ▽ ` )ノ

・・・こいつとあいつ、どっちが強いんだ?

といった思いを抱かせてくれるキャラクター、大好きです。
ではまた〜


戦国Web小説『コミュニオン』を読む。(1〜15話まで無料)
http://senngokusukidesu.com/

【注意!】
小説・関連イラストの無断転載は禁止であります!
宜しくお願い申し上げますm(_ _)m

ブログ移転しましたぁ〜( ´ ▽ ` )ノ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000

新ブログにて自作甲冑載せてます♪( ´▽`)
IMG_3463.jpg
IMG_3464.jpg
IMG_3470.jpg
IMG_3473.jpg
甲冑はじめました(*゜▽゜*)(冷やし中華はじめました的なや〜〜つ)


posted by jami at 17:48| Comment(0) | 戦国Web小説『コミュニオン』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

戦国Web小説『コミュニオン』第8話の解説

IMG_6442.jpg
新ブログはコチラ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000
___________________


【注意!ネタバレありんす( ´ ▽ ` )ノ】


どうも!
jamiです(^^)

この記事は、戦国Web小説『コミュニオン』第8話の解説(?)記事でありんす。
解説と言いますか、裏話と言いますか、まぁとにかく連動記事なのでありんす。

てなワケで、いろいろとネタバレあります。
本編読む前にこっち読むのイヤ!( ;´Д`)ってな方は、こちらへどうぞ。
無料で読めます☆(1〜15話)
 ↓ ↓ ↓
http://senngokusukidesu.com/


ではでは本題に。

この作品、剣道らしき武道が出てきますよね。
でも、作品中にこのような記載があります。
以下、本編から転載
 ↓ ↓ ↓ ↓


そして、ついに試合が始まる。試合のルールは以下の通り。
一本勝負。先に一本とった方の勝ち。 二度の場外で一本とみなし勝負あり。
有効打突は、面・胴・突きの他、肩狙いの袈裟斬りも有効。
また突きはのどからみぞおちにかけての正中線上であれば、どこでも有効。
胴もまた、胴体であればどこでも有効。 小手は無効。


以上、転載終わり。

はい、そうなんです。
剣道ではないんです(^^;)
剣道に似て非なるものなんです(^^;)

防具は剣道と同じようなものと考えていただいて良いです。
ただしルールが違います。
jamiは剣道に詳しくはありません。
そんなjamiが動画を観ていて思ったことがありました。
つばぜり合い(と言ってよいのかな?)からの、退いて小手!という動きがわりと見受けられるなぁ、ということ。
小手が有効であるので、こういったテクニックが生まれたのでしょう。(多分(^^;))

ただjami的には、もっとぶつかり合うシーンを描きたかったのです。
主人公である隼介の、その圧倒的な体格と筋力を表現できるように。
小手(前腕)より深く相手に踏み込まなくてはいけないルールにしたかったわけであります。
またぶつかり合ってつばぜり合い(?)となった際、パワーで押し切って相手のバランスを崩した側が有利になるようにしたかった。

「ここで退いても仕切り直しになるだけで、有利にはならないよ」

というルールが望ましいわけであります(^^)
もちろん退いて面!という手もなくはないですが。
すべては隼介の豪快さを描くため、しいては少しでも実戦に近づけるため、このような設定になりました。
作品を読むうえで参考になりましたら幸いであります。


てなワケで、ぜひぜひ読んでおくんなましっ♪( ´▽`)

戦国Web小説『コミュニオン』を読む。(1〜15話まで無料)
http://senngokusukidesu.com/

【注意!】
小説・関連イラストの無断転載は禁止であります!
宜しくお願い申し上げますm(_ _)m

ブログ移転しましたぁ〜( ´ ▽ ` )ノ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000

新ブログにて自作甲冑載せてます♪( ´▽`)
IMG_3463.jpg
IMG_3464.jpg
IMG_3470.jpg
IMG_3473.jpg
甲冑はじめました(*゜▽゜*)(冷やし中華はじめました的なや〜〜つ)
posted by jami at 17:45| Comment(0) | 戦国Web小説『コミュニオン』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

戦国Web小説『コミュニオン』第5話の解説

IMG_6442.jpg
新ブログはコチラ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000
___________________


【注意!ネタバレありんす( ´ ▽ ` )ノ】


どうも!
jamiです(^^)

この記事は、戦国Web小説『コミュニオン』第5話の解説(?)記事でありんす。
解説と言いますか、裏話と言いますか、まぁとにかく連動記事なのでありんす。

てなワケで、いろいろとネタバレあります。
本編読む前にこっち読むのイヤ!( ;´Д`)ってな方は、こちらへどうぞ。
無料で読めます☆(1〜15話)
 ↓ ↓ ↓
http://senngokusukidesu.com/


ではでは本題に。


私にとって衝撃的な映画があります。

「あなたにとって一番怖い映画って何ですか?」

と問われれば、間違いなくとある二つの作品を挙げることでしょう。
「二つかいっ!?」ってツッコミはナッスィングですよん( ´ ▽ ` )ノ


あ、ホラー映画じゃないですよ(^^;)
ホラー映画は観ないんです、私。
昔は観てたんですが、ここしばらくご無沙汰ですね。


なぜって?
だって、なんでわざわざお金出して怖い思いしなきゃならないんですか( ´ ▽ ` )ノ
という思いからであります。

観たい方が観ればいいんです、ホラー映画は(^^)

「じゃあアンタが怖いって言った映画って何よ?」

ってな感じですよね。
それは、この二つの作品
 ↓ ↓ ↓ ↓


「 ホテルルワンダ 」

「 ルワンダの涙 」


です。

何ソレ?って方も多いかと思います。
簡単に言いますと、『 大虐殺 』 の映画です。
1994年に実際にあった事件の映画化です。

ひとつの国の中のふたつの種族の対立が激化し、ついに最悪の事態となってしまいます。
意図的に人を怖がらせようとするホラー映画と違って、

抑えて抑えて抑えて表現したらこうなったんだろうな・・・って感想です。

虐殺された人数は、80万〜100万人と言われてます。


分かりますでしょうか。
80万〜100万人です。
80万〜100万人ですよ?

しかも先ほどふたつの種族の対立と書きましたが、実際には大きな違いはないんです。
現地の人でさえ違いが分からないぐらい。
私の感覚では、関東人か関西人かの違いぐらいに思えます。

ちょっと想像してみてください。
あなたが仮に東京に住んでいる関西人だとして、ある日突然、


「関西人は敵だ!殺される前に殺してやる!」


なんて言われて襲われたら。

え!? ちょ、ちょっと待ってぇ〜〜〜!!!???Σ(゜д゜lll)Σ(゜д゜lll)Σ(゜д゜lll)

ってなりません?
しかも、昨日まで隣人だったりクラスメイトだった人から襲われたとしたら。


もうね、狂気ですよ。
狂気の沙汰ですよ。
でもね、あったんですよ。
実際にあったんですよ。

怖くないですか。
想像できないぐらい怖くありませんか。
たとえ逃げても見つかったら


「・・・お前、関西人?関東人?」


って聞かれるんですよ。
血まみれの鉈(なた)とか斧とか持った人たちに。

そこに知り合いがいようもんなら、

「コイツ、関西人だよ。」

ってなもんですよ。
そうでなくとも身分証明の提示を強制されます。
自分が関西人であることが明記してあるので一発でバレてしまいます。
もちろん提示を拒否すれば・・・アウトとなります・・・

まぁ、詳しく知りたい方は賢者・Wikipedia様にお聞きください。


この事件の怖いところは、隣人がある日突然襲ってくるというところです。
これが戦争だったなら、敵国の兵士が襲ってくるわけですよね。
敵兵士と自軍兵士の戦い。
敵国民間人への攻撃。
敵兵士の侵攻による自国民への攻撃。
といったことになりますよね。

もちろんこれらも、とても恐ろしいことです。
が、それらとはまた違った怖さがあるのです。


私がWeb小説『 コミュニオン 』を書いた理由のひとつに、これを表現したかったという思いがあります。

いつも仲良くしている人たち・クラスメイト・想いを寄せる人。
彼ら彼女らに

「実は私・・・関西人なの。」

と、言えるかどうか。
また、言ったとしたらどうなるのか。
それとは逆に、そう言われたとしたら自分はどう思うのか。

その答えは人それぞれでしょう。
もし自分が関西人であれば

安心?
同情?
結束?
秘密?
絆??

もし自分が関東人であれば

嫌悪感?
優越感?
同情?
敵意?
憎悪?


それとも、

殺意???


そしてそう思ったとして、どうするのか。

守る?

殺す?



などなど、穏やかでない想像が止めどなく巻き上がり、脳内はもう混沌としてしまいます。

ハハハ(^^;)

ごめんなさいね、こんな黒いこと書いちゃって(^^;)

まぁ、そんな思いも詰まってるわけですよ、『 コミュニオン 』という小説には。
この小説を読んでくださっている、有難い読者の方々にはお伝えしておきたかったのです。


てなワケでぇ!
まだ読んでない方も、ぜひぜひ読んでおくんなましっ♪( ´▽`)

戦国Web小説『コミュニオン』を読む。(1〜15話まで無料)
http://senngokusukidesu.com/

【注意!】
小説・関連イラストの無断転載は禁止であります!
宜しくお願い申し上げますm(_ _)m

ブログ移転しましたぁ〜( ´ ▽ ` )ノ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000

新ブログにて自作甲冑載せてます♪( ´▽`)
IMG_3463.jpg
IMG_3464.jpg
IMG_3470.jpg
IMG_3473.jpg
甲冑はじめました(*゜▽゜*)(冷やし中華はじめました的なや〜〜つ)
posted by jami at 17:42| Comment(0) | 戦国Web小説『コミュニオン』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。