2014年11月27日

信長の天下布武とは?

IMG_6442.jpg
新ブログはコチラ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000
___________________


は〜〜〜い!
ど〜〜もぉっ☆
jamiでございますぅ〜〜( ´ ▽ ` )ノ
戦国好きのjamiでございますぅ〜〜( ´ ▽ ` )ノ
好きではありますが詳しくはございませんjamiでございますぅ〜〜( ´ ▽ ` )ノ

玄人様の御目汚しとなるやも知れませぬが、何卒宜しくお願いいたします!!!
自己満であります!
これ自己満ブログであります!!
あらかじめ謝っておきます〜〜〜!!!m(_ _)m



とまぁ、いつも通り、ふざけた感じで始まりましたが、今日は真面目な話を。

タイトルにもありますように、『 信長の天下布武とは? 』 をテーマにて語らせていただきます。


有名な戦国武将は? と問われれば、おそらく多くの方が答えるであろう、織田信長。
歴史に興味のない方でも、おそらく名前ぐらいは聞いたことがあるかと思います。

群雄割拠の戦国時代をその武力と英知で戦い抜いてきた武将たち。
中でも三英傑の活躍は歴史に大きな影響を及ぼしました。
さらにその中でも、織田信長の覇業は特に際立っています。

すでに大きく成長した織田の勢力を引き継いだ豊臣秀吉とは違い、守護大名ですらなかった時代から大きく躍進した信長。
徳川家康もまた、なみいる強豪たちが倒れていく中、しぶとく生き抜き天下を獲ったわけであるが、その躍進ぶりからすれば信長には及ばずといった感が、個人的にはあります。


では、その戦国時代の寵児とまで言われる、織田信長の強さの秘密は何だったのか?
これには多くの意見が出ることでしょう。


●戦上手であったこと。

●流通といった観点から戦略を展開したこと。

●先見性があったこと。


などなど、他にも多くの意見があることでしょう。
しかしながら、信長は実はそこまで戦での勝率が高いわけではありません。
多くの勝ちを重ねているとともに、多くの負けも経験しています。

流通といった観点から戦略を展開していったふしがあり、確かにこれは有効だったと思われます。
土地を支配する、といった従来の感覚を一新した、革命的なものです。

上記の点や、鉄砲を積極的に戦に用いたことなどから、確かに先見性があったというのも分かる気がします。



しかし


しかし、そんなことは実は些末なことなのです。
彼が時代を切り拓いていけた、本当の理由。
織田信長の、その強さの秘訣・真髄は、別のところにあります。


今、新しい考察がなされています。

その考察とは、未だ誰も発表していない、常識を覆す、とてつもない奇抜なものです。
私もこの新しい研究結果・新説を目の当たりにした時、衝撃を受けました。


正直、 

「 そんなバカな話はない。」

「 デタラメだ。」

と思ったものです。
しかし、だからこそ信憑性も感じました。

時代の寵児とは、いつの時代も、常識を破ってきた者だからです。
天才と呼ばれる人間は、最初はなかなか理解されないものです。
生きている間はその天才性に気づかれずに死んでいった者たちも数知れません。



では、織田信長の強さとは何だったのか?

それは、彼の特技にありました。

圧倒的に秀でたその特技は、まさに人間離れした凄まじいものでした。

その特技とは?


それは




それは・・・・・





ローキックだったぁ〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!(((o(*゜▽゜*)o)))

その圧倒的な強さの右ローキックの前に、敵は次々と打ち破られたのであります!!!

桶狭間の戦いにおいて、織田軍は、圧倒的な兵力を有す今川軍を前に窮地に立たされます。
織田軍およそ3000。
対する今川軍は、25000とも40000とも言われる。
これでは勝ち目はない。

しかぁ〜〜〜し!
信長のその卓越したローキックにて、敵兵をバッタバッタと薙ぎ倒していきます。
戦闘に突入する前、彼は熱田神宮にて戦勝祈願します。

その時なんと! 戦の神が信長に、最強のローキックを授けたのである!
「 勝ちたい 」
「 なんとしても勝ちたい 」 と願う信長の祈りが天に通じ、天から神の力が舞い降り、彼の足に宿ったのである。
彼のその左足に。


って左足ぃ〜〜〜!!!!???Σ(゜д゜lll)

右足じゃないの!!!???Σ(゜д゜lll)

右ローキックじゃないの!!!???Σ(゜д゜lll)

と突っ込みたくなるであろうがそうではない。
蹴りは軸足も大切なのだ。
蹴る方の足も大切だが、軸足も大切なのだ。
その辺りを考慮した神様が、右足ではなく左足に、特別な力を授けたのだ。

そして誕生したのが、伝家の宝刀 「 ノブさんの右ローキック 」 である。



この 「 ノブさんの右ローキック 」 が、圧倒的に数で勝る今川軍の兵士たちを 「 あうち 」 と言わせた。
信長が自ら敵兵と戦ったことは、記録にも残っている。
ローキックとは地味であるが、非常に有効な技である。
後になれば後になるほど効いてくる。

加えて、この 「 ノブさんの右ローキック 」 は、その一撃だけで相手を倒してしまうほどの威力を持っている。
この戦いにおいて、ほとんどの敵はこの技に敗れていった。
40000人いる敵兵のうち、39999人は、この技に敗れたという事実は驚愕に値する。


最後の一人となった敵将・今川義元は・・・強かった。
記録にも、義元は自ら戦ったと記されている。


圧倒的な強さで39999人の兵を倒した信長の前に、今川義元が立ちはだかる。
義元は名刀・左文字を抜き、構える。
そして、信長めがけて一気に踏み込んでいく。
そして左文字を振り上げ、前蹴り〜〜〜〜!!!!!!


な、なんと、斬撃に見せかけておいて、まさかの前蹴り〜〜〜〜!!!!!!!
これにはさすがの信長も意表を突かれ、クリーンヒット!!!
吹っ飛ばされます。
そのパワーは凄まじく、信長はダウンしてしまいます。

そう、この今川義元、前蹴りの達人だったのだ!!!
桶狭間の本戦に入る前哨戦にて、織田方のいくつもの砦を破壊したのは、この義元の前蹴りだったのである。
その凄まじさゆえ、彼は 「 海道一の弓取り 」 と呼ばれ、恐れられていた。


みぞおちにダイレクトに前蹴りを喰らった信長は、うずくまってしまいます。
立ち上がろうにもダメージが深く、立ち上がれない。

そこにゆっくりと歩み寄る今川義元。
固唾を飲んで見守る、織田の将兵たち。
彼らは手を出さない。
これは一騎討ちなのだ。
手を出すわけにはいかないのだ。


うずくまる信長の前に立つ義元。
そして左文字を振り上げる。
そしてそのまま前蹴り〜〜〜〜!!!!!!。・゜・(ノД`)・゜・。

斬ると見せかけて前蹴り〜〜〜〜!!!!!!。・゜・(ノД`)・゜・。


これにはさすがの信長も意表を突かれ、クリーンヒット!!!
吹っ飛ばされます。
そのパワーは凄まじく、信長は二度目のダウンを喫してしまいます。


そこにゆっくりと歩み寄る今川義元。
固唾を飲んで見守る、織田の将兵たち。
彼らは手を出さない。
これは一騎討ちなのだ。
手を出すわけにはいかないのだ。


うずくまる信長の前に立つ義元。
そして左文字を振り上げる。
次の瞬間!



・・・今川義元は討たれていた。
織田軍の、毛利良勝の手によるものだった。

え? 加勢してもいいの?

といった面持ちの織田軍の将兵たちを横目に、ドヤ顔の毛利良勝。


そしてこう告げたと言われる。


「 いんぢゃね♪ てへぺろ( ´ ▽ ` )ノ 」






いやぁ・・・語ってしまった。
こうも真面目に語ったのはいつぶりであろうか。

信長の天下布武の道はまだまだ始まったばかり。
気が向きましたら、また続きを書かせていただきます。

いやぁ〜〜、真面目な話をすると厳粛なる心持ちになりますな。
うむ、結構結構。



本日もこのブログを読んでくださり、誠にありがとうございます(^^)

ではまた〜




★ ★ ★ ★

ブログ移転しましたぁ〜( ´ ▽ ` )ノ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000

新ブログにて自作甲冑載せてます♪( ´▽`)
IMG_3463.jpg
IMG_3464.jpg
IMG_3470.jpg
IMG_3473.jpg
甲冑はじめました(*゜▽゜*)(冷やし中華はじめました的なや〜〜つ)


posted by jami at 16:18| Comment(0) | 日本の戦国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月20日

『 信長協奏曲・第六話 』 感想

IMG_6442.jpg
新ブログはコチラ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000
___________________


は〜〜〜い!
どうも!
jamiです(^^)
戦国好きのjamiであります!


なんだか久しぶりのブログ更新な気がします。
五日間 空けてましたね。
最近では珍しい。
ここんとこ毎日書いてましたから。

ま、書きたい時に書きたいだけ書く♪
それがモットーでございますよんっ( ´ ▽ ` )ノ



観ました☆

『 信長協奏曲・第六話 』 観させていただきました☆

って六話!??Σ(゜д゜lll)

五話じゃなくて六話!!??Σ(゜д゜lll)

またかいな・・・

ちゅ、中途半端ぁ〜〜〜!!!( ;´Д`)

はい、中途半端ですね(^^;)
ゴメンナサイな☆
書きたくなった時に書きたくなったことを書かせていただきますです。




さてさて。
『 信長協奏曲・第六話 』 感想であります。


毎度のことながら


良い!
良いですねぇ〜〜〜(^^)
非常に良いです。

熱い!
熱いです!!

そしてやはり、良い人がいっぱい☆
今回は特に、浅井長政さんの良い人っぷりに心が高鳴りました。

しかし!

愛する人のため、我が子のため、
信長を裏切ることとなる・・・


くぅ〜〜〜(><)

胸が締め付けられる思いです。

まぁ、予定調和な泣けるお話ですね( ´ ▽ ` )ノ

が!

感動するんですわぁ〜〜〜。・゜・(ノД`)・゜・。

ホンマ感動するんですわぁ〜〜〜。・゜・(ノД`)・゜・。


今回は金ヶ崎のエピソードなのですが、信長さん一向が会見(和平)のために出向くってのがまた、私的に良いですね。
通説では、朝倉に攻め込むために金ヶ崎へ行きますからね。
そのへんの史実(ホントに史実かは別)との違いが、うまいこと書かれた脚本だなぁと思います。

ってなワケで、やっぱりオススメします、この作品!



本日もこのブログを読んでくださり、誠にありがとうございます(^^)

ではまた〜



★ ★ ★ ★

ブログ移転しましたぁ〜( ´ ▽ ` )ノ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000

新ブログにて自作甲冑載せてます♪( ´▽`)
IMG_3463.jpg
IMG_3464.jpg
IMG_3470.jpg
IMG_3473.jpg
甲冑はじめました(*゜▽゜*)(冷やし中華はじめました的なや〜〜つ)
posted by jami at 20:03| Comment(0) | 日本の戦国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月14日

るろうに剣心キネマ版・下巻 感想

IMG_6442.jpg
新ブログはコチラ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000
___________________


は〜〜い!どうも!!
どうもです!!
jamiです(^^)
jamiであります(^^)
戦国大好き三国志大好きなjamiであります( ´ ▽ ` )ノ
もちろん! るろ剣、大大大好きであります♪

読みました。
上巻に引き続き読ませていただきました。


『 るろうに剣心キネマ版・下巻 』


感想。



【その1】

刃衛さん変わりすぎぃ〜〜〜〜!!!Σ(゜д゜lll)

もはやモンスターと化しておりました(^^;)

いやはや、八ツ目無名異 的な方になっておられました(^^;)
いえ、それ以上です(^^;)



【その2】

闇乃武、弱ぁ〜〜〜!!!???Σ(゜д゜lll)

私の大好きな闇乃武メンバーが、あっけなく刃衛さんにやられてしまいましたでありんす( ;´Д`)
しかも、まとめて( ;´Д`)
む・・・無念( ;´Д`)

・・・あ、そういえばその中に知らない顔の方がいらっしゃったなぁ。
あの人はいったい誰だったんだろぅ。
鎖のついた刀を持っていたので、おそらくはあの方・・・あの方でしょう・・・

闇乃武 大好きな私が、その中でも一番好きなあの方・・・
連鎖刀の村上さん。
あぁ・・・あっけない( ;´Д`)



【その3】

武田観柳さんEぃ〜〜〜〜〜!!!(((o(*゜▽゜*)o)))
楽しい!!!(((o(*゜▽゜*)o)))
面白すぎる〜〜〜!!!(((o(*゜▽゜*)o)))

札束詰まったバッグを武器に、弥彦をメッタ打ち!

「 思い知ったか、金の力 」

ってセリフに笑っちゃいました(^^;)
か、観柳さん、そういう意味ではないと思います(^^;)
超良かったです☆



【その4】

下印さん、イケメ〜〜〜ン!(((o(*゜▽゜*)o)))

確か、原作の時に、「 顔が良い奴が覆面をする意味がない 」 といった理由で、お爺ちゃんキャラだったのですが、読者さん方からブーイングがあったそうです。
しかもわりと多く。
そして原作者の和月さんも、「 確かに考えてみれば、覆面してたら美形キャラを期待するよなぁ。 」「 誰も覆面外れたらお爺ちゃん、なんてのは望んでないよなぁ。 」 と、悔いたそうです。

で、その結果でしょうかね(^^)
はい。確かに私もこっちの方が良いと思います(^^)



【その5】

奥義が!

奥義が、あの技になっている・・・






はい。何でしょうね、あの技とは(^^)
あとは読んでのお楽しみ〜♪
気が向きましたら、ぜひとも〜☆
でも、あえて読まないってのもアリな選択でございます。



本日もこのブログを読んでくださり、誠にありがとうございました(^^)

ではまた〜



★ ★ ★ ★

ブログ移転しましたぁ〜( ´ ▽ ` )ノ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000

新ブログにて自作甲冑載せてます♪( ´▽`)
IMG_3463.jpg
IMG_3464.jpg
IMG_3470.jpg
IMG_3473.jpg
甲冑はじめました(*゜▽゜*)(冷やし中華はじめました的なや〜〜つ)
posted by jami at 16:40| Comment(0) | るろうに剣心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。