2014年10月22日

『 信長協奏曲・第一話 』 感想

IMG_6442.jpg
新ブログはコチラ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000
___________________


は〜〜〜い!
どうも!
jamiです(^^)
戦国好きのjamiであります!


観ました☆

ちょっと遅くなりましたが、『 信長協奏曲・第一話 』 観させていただきました☆
録画したのをまだ観れてなかったのですが、ようやく観ることが出来ました。

というワケで、感想を書かせていただきます。

良い(((o(*゜▽゜*)o)))

っていうか泣いた( ; _ ; )

意外! 意外すぎる!!
まさか泣けるとは思ってなかった。
もともと漫画は最初の方だけは読んでおりました。
が、途中で読むのを止めてしまいました。

面白くないと思ったワケではないのですが・・・そこまでjami的に惹かれるものも感じなかったようでして・・・

あぁっ! ゴメンナサイ!!( ;´Д`)

原作ファンの方ゴメンナサイ!!( ;´Д`)

あくまで! あくまで個人的見解ですのでご容赦くださいまし〜〜〜!!!(><)



てなワケで、原作とはかなり違った印象を受けました。
こんなことを言うと、またまた怒られそうなのですが・・・そもそも、そこまで期待して録画予約したワケではありませんでした。
なんと言いますか、癖で予約を(^^;)

はい。癖です。
「 おぉ! 戦国系の番組だ。 予約しとこ〜☆ 」
みたいな感じで録画してました(^^;)
こうやって録画しまくって、結局観ないまま消してしまう番組も多いのですが、今回は観ました。


いやぁ〜〜〜、良いですね。
設定としては超ありきたりなのですが、主人公と、彼をとりまく人達が優しいんですね。
いろいろとツッコミ処はあるかと思いますが、そこんとこはスルーします。
作者さんや演者さん方が伝えたいこととは関係ないので。
もちろん、あまりにツッコミ処が目立ってしまい、物語に集中できない場合は別ですが、全然OKな範囲でしょう。

話を戻します。
主人公と取り巻きの方々が優しいって話です。
もしかしたら、そこに尽きるのかも知れません。

もちろん明らかな悪役も出てきましたが。
はい。織田信行さんですね。
しかし彼にしたって、その心情を吐露し、悪役(?)となってしまった理由も明らかとなったので、完全に悪とも思えません。



あ・・・

今さらですが(^^;)

話が全然分からない方に向けてご説明いたします。

現代の高校生サブローが戦国時代にタイムスリップして、信長に似ていたから信長と成り替わる。
そして、戦国時代の人々の価値観・行動に異質さを感じて絶叫する、といった話でした。
簡単に説明しますとこんな感じであります。
・・・う〜〜〜ん、略しすぎたかも知れません(^^;)
が、まぁ、そんな感じです(^^;)


確かになぁ〜
現代の人が、しかも戦国時代に興味なかった人が戦国時代の人の価値観や行動に触れたら、意味不明すぎて混乱してしまうかもな〜。
なんて思いました。
もちろん現代人と言っても色々な人がいますし、高校生と言っても色々な高校生がいます。

サブロー君はきっと、優しいんですね。
自分の命を狙っている信行のことを 「 信行君 」 と呼んでいたのがとても印象に残りました。
戦国の乾いた風に吹かれても、この平和な時代の感覚でものを言う彼に感動・・・したのかな(^^;)

もちろん創作の世界だからこそ、そんな生易しい展開が許されるワケですが、ですが・・・
とても大事なことを訴えている気がしてなりません。


とにかく!!!

期待作です!!!
観て良かったです♪



本日もこのブログを読んでくださり、誠にありがとうございます(^^)

ではまた〜



★ ★ ★ ★

ブログ移転しましたぁ〜( ´ ▽ ` )ノ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000

新ブログにて自作甲冑載せてます♪( ´▽`)
IMG_3463.jpg
IMG_3464.jpg
IMG_3470.jpg
IMG_3473.jpg
甲冑はじめました(*゜▽゜*)(冷やし中華はじめました的なや〜〜つ)


posted by jami at 10:53| Comment(0) | 日本の戦国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。