2014年10月03日

戦国武将紹介・その49 〜山本勘助〜

IMG_6442.jpg
新ブログはコチラ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000
___________________


はい!
どもども!
ど〜〜もです!!

jamiです(^^)
戦国武将大好きなjamiであります(^^)
好きなくせしてそんなに詳しくないjamiであります!( ;´Д`)

当ブログにお越しくださり、誠にありがとうございます☆
当ブログは自己満仕様となっております。
何も得るものがないとは思いますが、なにとぞ宜しくお願いいたします!


さてさて

本日もいきましょう、あのコーナー!!
jami的戦国武将紹介ぃ〜〜〜!!!
魅力的な戦国武将の方々を、jami的視点で書いていきます。

そしてそしてぇ!
jami的能力値判定なるものを設け、誠に勝手ながら、【武力】【知力】【魅力】の数値をつけさせていただきました。
これも、かなり!かな〜〜〜〜り!!個人的見解ですので、「ふ〜〜〜〜ん、あそ(´・_・`)」ってな感じで、大きな心で見てやってくだされば幸いです(^^;)
まぁ、お気軽に読んでやってくださいな( ´ ▽ ` )ノ

本日はこの方ぁ!!!



山本勘助。


jami的能力値判定
【武力】 3 ★★★
【知力】 5 ★★★★★
【魅力】 4 ★★★★

はい。山本勘助(やまもとかんすけ)さんです。
武田信玄に仕えた、隻眼の名軍師であります。
近年までその存在が疑問視されておりましたが、現在は実在していたとする説が主流のようです。

勘助さんのエピソードで有名なのは、何と言ってもあの 「 啄木鳥(きつつき)戦法 」 を考案したことではないでしょうか。
第四次川中島の戦いにおいて、妻女山に布陣した上杉軍を奇襲し敗走させ、山から降りたところを待ち伏せしていた軍で挟撃するという作戦を用いた。
これが啄木鳥戦法であります。
しかし残念ながら、この作戦は失敗し、逆に武田軍が窮地に陥ってしまいます。
その失態に責任を感じたのか、勘助は攻め寄せる敵軍に攻撃を仕掛け、川中島に散ってしまいます。


あぁ・・・良いですねぇ☆
とっても良いです(^^)
戦国ロマンです。
大河ドラマにもなりましたね。2007年の大河ドラマ 「風林火山」 です。
主人公はこの、山本勘助であります。
この作品のおかげで知名度も上がったのではないでしょうか。


つくづく思うのですが、やはり 「川中島の戦い」 というのは、存在感がデカイなと言わざるを得ない。
武田信玄・上杉謙信、そしてこの山本勘助の存在を光り輝かせているのは、この川中島の戦いだと感じます。
英雄たちの 「 知 」 と 「 勇 」 がぶつかりあった名勝負であり、その結果もまた、戦術においては謙信の勝利。
戦略においては信玄の勝利と、なかば引き分けのような形で幕を引いている。

中には、信玄と謙信の一騎打ちという、胸躍るも信憑性のないエピソードも多々あります。
が!
個人的には史実かどうかは重要ではございません(´・_・`)
あくまで、戦国ロマンを感じれるかどうか!
そこにかかっております。


ですので、一騎打ちはありました!
信玄と謙信の一騎打ちはありましたぁ〜〜〜!!!
と、叫んでおきます(^^;)



ふと山本勘助さんからこの川中島の戦いが連想されたのでこんなこと書いたワケですが、この川中島の戦いに思いを馳せたら、戦国時代全般のことが想起されました。
この長い長い戦いの歴史の中で、なんとな〜〜く三つの期間に分けられるような気がします。



【前編】

武田信玄・上杉謙信・北条氏康らの攻防。
毛利元就による中国地方の席巻。
桶狭間の戦いに始まる信長の台頭。

前編に当たります部分は、大まかにはこんな感じです。
もちろん細かく見ていけばもっともっと特筆すべきエピソードは増えていきます。
そして山本勘助が戦い散っていった川中島の戦いも、この前編における一大イベントであります。


【中編】

信長の快進撃と信長包囲網。
本能寺の変を起因とする秀吉の台頭。
小田原征伐を成し、秀吉の天下統一。

中編に当たります部分は、大まかにはこんな感じです。
次々と版図を広げていく信長と、そうはさせじと徹底抗戦する勢力たち。
その信長も討たれ、その後秀吉によって、とりあえずは争乱の日々は終わりを迎えた・・・かに見えた時代であります。


【後編】

秀吉が没したことによる、家康の台頭。
天下分け目の関ヶ原。
戦国時代の終わりを告げた、大阪の陣。

後編に当たります部分は、秀吉・ひいては豊臣政権と家康との対決がメインとなります。
関ヶ原にて家康と反家康連合が戦い、これに勝利した家康の天下がほぼ決します。
しかしまだ豊臣政権は健在であり、ついに大阪の陣にて最期の一撃を加え完全勝利。


いやぁ〜〜〜〜、熱い!
熱いですね!戦国時代!!
まぁ一般的には戦国時代の始まりは、応仁の乱からと見るのが主流ですが、jami的には、「 桶狭間から大阪の陣 」 といった印象であります。
あ、これ別に1560年から始まるって意味ではなく、なんとな〜〜く、ニュアンスとしてです(^^;)
ゴメンナサイね、ちょくちょく適当なこと言っちゃって(^^;)


そしてあれですね。
武将一人を見ていても、いつの間にか他の人物やエピソードにまで意識が行ってしまいます。
今回も山本勘助さんに関わることだけ書くつもりだったのが、どんどん連想が連想を呼び、こんなことまで書いてしまいました(^^;)



本日もこのブログを読んでくださり、ありがとうございました(^^)

ではまた〜



★ ★ ★ ★

ブログ移転しましたぁ〜( ´ ▽ ` )ノ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000

新ブログにて自作甲冑載せてます♪( ´▽`)
IMG_3463.jpg
IMG_3464.jpg
IMG_3470.jpg
IMG_3473.jpg
甲冑はじめました(*゜▽゜*)(冷やし中華はじめました的なや〜〜つ)


posted by jami at 18:19| Comment(0) | 日本の戦国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

戦国武将紹介・その48 〜宇佐美定満〜

IMG_6442.jpg
新ブログはコチラ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000
___________________


はい!
どもども!
ど〜〜もです!!

jamiです(^^)
戦国武将大好きなjamiであります(^^)
好きなくせしてそんなに詳しくないjamiであります!( ;´Д`)

当ブログにお越しくださり、誠にありがとうございます☆
当ブログは自己満仕様となっております。
何も得るものがないとは思いますが、なにとぞ宜しくお願いいたします!


さてさて

本日もいきましょう、あのコーナー!!
jami的戦国武将紹介ぃ〜〜〜!!!
魅力的な戦国武将の方々を、jami的視点で書いていきます。

そしてそしてぇ!
jami的能力値判定なるものを設け、誠に勝手ながら、【武力】【知力】【魅力】の数値をつけさせていただきました。
これも、かなり!かな〜〜〜〜り!!個人的見解ですので、「ふ〜〜〜〜ん、あそ(´・_・`)」ってな感じで、大きな心で見てやってくだされば幸いです(^^;)
まぁ、お気軽に読んでやってくださいな( ´ ▽ ` )ノ

本日はこの方ぁ!!!



宇佐美定満。


jami的能力値判定
【武力】 3 ★★★
【知力】 4 ★★★★
【魅力】 3 ★★★

はい。宇佐美定満(うさみさだみつ)さんです。
あの上杉謙信の軍師として名を馳せた知将です。
信玄に山本勘助あらば、謙信に宇佐美定満あり!
そんなイメージであります。
そして実力的にも山本勘助と双璧を成すに値する!!!


と・・・よくも知らないくせにほざいてみました(^^;)
はい、ゴメンナサイ(^^;)
毎度のごとく、詳しくございません。
大河ドラマ 「風林火山」 にて大活躍しておりましたので、こんなこと書いちゃった次第であります。
そしてその内容すらも、今となってはあまり覚えていないのが現実(^^;)
はいスイマセン。


そんなワケで彼のことを調べてみることにしたのですが・・・これがまた興味深いのです。

上杉家の軍記物である 『北越軍記』 『北越耆談』 『上杉三代日記(上杉軍記)』 『川中島五箇度合戦之次第』 『松隣夜話』 などには定満の名がないのです。
代わりに上杉謙信の参謀として 「宇佐美駿河守定行」 という人物が活躍しているのです。
定行は上杉家公式の武将列伝とも言える 『上杉将士書上』 にも結構なスペースを割いて登場しています。
その記述内容はなんと定満の生涯と同じもの。

実は定満は架空の人物で、定行をモデルとして創られたのではないかと言われております。

つまり、宇佐美定行という人物をもとに宇佐美定満が創られ幾つかの軍記ものが創られた。
なぜそのようなことになったかと言えば、江戸初期から広く読まれていた 『 甲陽軍鑑 』(こうようぐんかん)への対抗意識ではないかとの説があります。
『 甲陽軍鑑 』 は、武田氏の戦略・戦術を記した軍学書であり、そこに登場する伝説的軍師・山本勘助に対抗する意図があったのではないか?
ということです。



う〜〜〜〜ん、となると、実在した宇佐美定満さんは、山本勘助ほどの活躍はしていないように見受けられます。

どうなんだろう・・・( ;´Д`)

実際どうなんだ???Σ(・□・;)

と思いましたが、この際そんなことは良しとします!(^^)
実在したとしておきます( ´ ▽ ` )ノ
史実は分かりませんよ。
分かりませんけど、実在したとしておきます( ´ ▽ ` )ノ

え? なにそれ??(^^;)

って感じですね(^^;)
でも、良いんです。
その方が戦国ロマンを感じますから☆
なので今一度申します。


信玄に山本勘助あらば、謙信に宇佐美定満あり!


信玄に山本勘助あらば、謙信に宇佐美定満ありぃ〜〜〜!!!!



本日もこのブログを読んでくださり、ありがとうございました(^^)

ではまた〜



★ ★ ★ ★

ブログ移転しましたぁ〜( ´ ▽ ` )ノ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000

新ブログにて自作甲冑載せてます♪( ´▽`)
IMG_3463.jpg
IMG_3464.jpg
IMG_3470.jpg
IMG_3473.jpg
甲冑はじめました(*゜▽゜*)(冷やし中華はじめました的なや〜〜つ)
posted by jami at 15:13| Comment(0) | 日本の戦国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

戦国武将紹介・その47 〜可児吉長〜

IMG_6442.jpg
新ブログはコチラ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000
___________________


はい!
どもども!
ど〜〜もです!!

jamiです(^^)
戦国武将大好きなjamiであります(^^)
好きなくせしてそんなに詳しくないjamiであります!( ;´Д`)

当ブログにお越しくださり、誠にありがとうございます☆
当ブログは自己満仕様となっております。
何も得るものがないとは思いますが、なにとぞ宜しくお願いいたします!


さてさて

本日もいきましょう、あのコーナー!!
jami的戦国武将紹介ぃ〜〜〜!!!
魅力的な戦国武将の方々を、jami的視点で書いていきます。

そしてそしてぇ!
jami的能力値判定なるものを設け、誠に勝手ながら、【武力】【知力】【魅力】の数値をつけさせていただきました。
これも、かなり!かな〜〜〜〜り!!個人的見解ですので、「ふ〜〜〜〜ん、あそ(´・_・`)」ってな感じで、大きな心で見てやってくだされば幸いです(^^;)
まぁ、お気軽に読んでやってくださいな( ´ ▽ ` )ノ

本日はこの方ぁ!!!



可児吉長。


jami的能力値判定
【武力】 4 ★★★★
【知力】 3 ★★★
【魅力】 3 ★★★

はい。可児吉長(かによしなが)さんです。
可児才蔵(さいぞう)さんと呼んだ方が馴染が深いですかね(^^)
勇猛果敢な武人として名が知られております。

なお、私は漫画 「センゴク」 にて、初めてその存在を知りました。

いやぁ〜〜〜、インパクト強かったですねぇ〜〜〜(^^)
何と言っても強い!
筋骨隆々な上、槍術にも長けているってのが良いですね。
生まれ持ったその体格だけでなく、あくまでも武術の心得があるというのが尊敬できます。


とは言え、私は才蔵さんのことをよく知っているワケではないので、調べてみました。
毎度毎度のことですね(^^;)


この才蔵さん、主君をころころ替えているのですね。


斎藤龍興さんに始まり、
→柴田勝家
→明智光秀
→前田利家
→織田信孝
→豊臣秀次
→佐々成政
→福島正則


おぉ〜〜〜、かなり転々としておりますね。
そして特筆すべきは、同じように主君を何度も変えている藤堂高虎に対しては非難の声が現在でも高いのに対し、才蔵さんの人気は当時からかなり高かったということ。
当時、墓前を通る者は才蔵の武勇を賞賛しその墓前で下馬して礼を送ったらしいのです。

そして個人的に驚いたと言いますか嬉しかった(?)のが、森長可さんに仕えていた可能性があることです。
森長可さんと言えば、「 鬼武蔵 」 の異名を持つ猛将で、槍の達人であります。
私の好きな武将です(^^)
その長可さんの部隊に才蔵さんがいたとなれば、まさに鬼の部隊です。


さらに、これは史実ですが、福島正則に仕えていたこと。
これもポイントが高いですね。
何のポイントだっ!?(^^;) ってな感じですが、jami的ポイントであります(^^;)
上記の森長可さん同様、この福島正則さんもまた名のある猛将です。
才蔵さん在りし福島部隊というのも、なかなかに鬼部隊であっただろうかと思われます。
そんなことを空想・妄想しておりましたら、戦国ロマンを感じました。



やはりこの才蔵さんは武の人であり、それを扱う側もまた武の人であって欲しいといった個人的な思いがあります。
ですので、漫画 「 センゴク 」 にて柴田勝家の部隊に所属している姿を見て、なんとも心地良いものを感じました。

と言うより・・・むしろ逆かも知れません(^^;)
初めて見たのがその漫画のそのシーンで、それが気に入ったために、「 武の人に仕える武人・可児才蔵 」 が好きになったのかも知れません。
「 仕える 」 ってのもジャストな表現ではない気がしますね(^^;)
その枠組みの中で自由に 「 暴れる 」 といった感じでしょうか。


なんにせよ、私の好きな武将であります(^^)



本日もこのブログを読んでくださり、ありがとうございました(^^)

ではまた〜



★ ★ ★ ★

ブログ移転しましたぁ〜( ´ ▽ ` )ノ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000

新ブログにて自作甲冑載せてます♪( ´▽`)
IMG_3463.jpg
IMG_3464.jpg
IMG_3470.jpg
IMG_3473.jpg
甲冑はじめました(*゜▽゜*)(冷やし中華はじめました的なや〜〜つ)
posted by jami at 13:19| Comment(0) | 日本の戦国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

戦国武将紹介・その46 〜片倉景綱〜

IMG_6442.jpg
新ブログはコチラ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000
___________________


はい!
どもども!
ど〜〜もです!!

jamiです(^^)
戦国武将大好きなjamiであります(^^)
好きなくせしてそんなに詳しくないjamiであります!( ;´Д`)

当ブログにお越しくださり、誠にありがとうございます☆
当ブログは自己満仕様となっております。
何も得るものがないとは思いますが、なにとぞ宜しくお願いいたします!


さてさて

本日もいきましょう、あのコーナー!!
jami的戦国武将紹介ぃ〜〜〜!!!
魅力的な戦国武将の方々を、jami的視点で書いていきます。

そしてそしてぇ!
jami的能力値判定なるものを設け、誠に勝手ながら、【武力】【知力】【魅力】の数値をつけさせていただきました。
これも、かなり!かな〜〜〜〜り!!個人的見解ですので、「ふ〜〜〜〜ん、あそ(´・_・`)」ってな感じで、大きな心で見てやってくだされば幸いです(^^;)
まぁ、お気軽に読んでやってくださいな( ´ ▽ ` )ノ

本日はこの方ぁ!!!



片倉景綱。


jami的能力値判定
【武力】 3 ★★★
【知力】 4 ★★★★
【魅力】 4 ★★★★

はい。片倉景綱(かたくらかげつな)さんです。
片倉小十郎の名で有名ですね。
あの伊達政宗に仕えた側近中の側近。

伊達家中においては、「武の伊達成実」 と並んで、「智の片倉景綱」 と呼ばれるほどの知将であった。

であった・・・のですが・・・

私はよく知りません(^^;)

またかいなぁ〜〜〜!?( ;´Д`)
って感じですね(^^;)
はい、ゴメンナサイ(^^;)
最近興味が出てきたのですが、詳しくはないのです。
名前はよく耳にしてまして、伊達政宗の参謀であるということは知っておりました。


とともに、けっこう人気があるようでして(多分、戦国バサラの影響で)、私も 「どんな方なのかなぁ〜」 と気になったワケであります。
調べてみましたら、やっぱり頭の良かった方のようですね。
そしてやはり主君・政宗とは仲が良く、小十郎さんの献策が受け入れられることが多かったそうです。

そしてですね、時の天下人・豊臣秀吉にも高く評価されていたようです。
凄いっ!!Σ(゜д゜lll)
さらには、秀吉は景綱を直臣に迎えようとして三春3万石の大名に取り立てようとしたのですが、政宗への忠義を選んで辞退したとのこと。
頭が良いだけではないのですね。
義を重んじる方なのですね。



つくづく思います。
名将の影には名軍師あり。
名を馳せた武将は、己自身の力だけでのし上がったわけではありません。
その覇業を成し遂げるために支えてくれた、有能な家臣たちが必ずいます。
有名無名に関わらず、彼らがいたからこそ成り立ったのです。

有名なところですと、今回ご紹介しております片倉小十郎さん。
そして、


織田信長を支えた豊臣秀吉。

その秀吉を支えた竹中半兵衛・黒田官兵衛。

武田信玄には山本勘助。

今川義元には太源雪斎。


その他にも多くおります。
そして、すでに述べました通り、頭が良いだけではなく、今の主に尽くそうという強い思いを持った方々だったからこそ、相乗効果でさらに能力を発揮したのではないかと私は思います。
大切な人のためだからこそ、本気になれる。
そんな気がします。


いやぁ〜、なんだか良いですね(^^)
戦国ロマンでございます☆



本日もこのブログを読んでくださり、ありがとうございました(^^)

ではまた〜



★ ★ ★ ★

ブログ移転しましたぁ〜( ´ ▽ ` )ノ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000

新ブログにて自作甲冑載せてます♪( ´▽`)
IMG_3463.jpg
IMG_3464.jpg
IMG_3470.jpg
IMG_3473.jpg
甲冑はじめました(*゜▽゜*)(冷やし中華はじめました的なや〜〜つ)
posted by jami at 11:02| Comment(0) | 日本の戦国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。