2014年10月27日

三国志 登場人物紹介・その24 〜甘寧 興覇〜

IMG_6442.jpg
新ブログはコチラ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000
___________________


は〜〜〜い!
どうも!
ど〜〜もです!!

jami です(^^)
戦国武将や三国志が大好きな jami であります(^^)
好きなくせしてそんなに詳しくない jami であります!( ;´Д`)

当ブログにお越しくださり、誠にありがとうございます☆
当ブログは自己満仕様となっております。
調べればすぐに分かることを知って驚いたり狂喜したり切なくなったりする素人です。
素人でございます。


大いなる物語(?)・三国志を jami 的視点で語らせていただきます。
が、大した内容はございません。
最近 戦国武将・三国志ファンになった方に向けて、入門書の前の入口だと思って読んでいただけましたら幸いです。

「入門書の前の入口」 って、どれだけ内容薄いんだってな感じですが(^^;)

なにとぞ宜しくお願いいたします!


ではでは

今回もいきましょう、あのコーナー!!
jami 的三国志・登場人物 紹介ぃ〜〜〜!!!
三国志に登場する魅力的な方々を、jami 的視点で書いていきます。

そしてそしてぇ!
jami 的能力値判定なるものを設け、誠に勝手ながら、【武力】【知力】【魅力】の数値をつけさせていただきました。

1 ・・・ 凡庸
2 ・・・ 人並み以上
3 ・・・ 優秀
4 ・・・ かなり優秀
5 ・・・ 超かなり優秀

これも、かなり!かな〜〜〜〜り!!個人的見解ですので、「ふ〜〜〜〜ん、あそ(´・_・`)」ってな感じで、大きな心で見てやってくだされば幸いです(^^;)
まぁ、お気軽に読んでやってくださいな( ´ ▽ ` )ノ

本日はこの方ぁ!!!



甘寧 興覇。


jami 的能力値判定
【武力】 4 ★★★★
【知力】 2 ★★
【魅力】 2 ★★

はい。甘寧 興覇 (かんねい こうは)さんです。
呉の荒くれ者ですね。
この甘寧さん、私jamiはゲーム 「 三国無双 」 にて知りました。
いやぁ〜〜〜、なんだかめちゃくちゃ強い印象を受けましたね、敵として現れた時は。
まぁ、こちらも装備が良くなったり操作に慣れたりして、そこまで苦戦することはなくなったのですが、最初はホントにやっかいな敵でありました。

私がやった三国無双と言いますのは 「 真・三国無双4 」 のことなんですが、刀を逆手に持ったままダッシュして攻撃してくるイメージがつきました(^^;)

「 オラオラオラァ〜〜〜!!! 」

とか叫びながら(^^;)
何度これに吹っ飛ばされたことか(^^;)

そして後々このゲームの攻略本を買ったのですが、少々驚きましたね。
各キャラクターの能力値が記載されていたのですが、防御力が高いのです。
だいたい無双キャラは、スリムな方はわりと防御力が低いのです。
それは武闘派であってもそうです。
この甘寧さんもまた、ちょいマッチョですがそこまでゴツイ体格ではないにも関わらず高い防御力でした。
あの張飛さんより高いのです。

このデータを見て思いました。

「 ・・・この甘寧さん、史実にてかなり活躍されたのではないか・・・ 」

と。


調べてみましたら・・・やはり活躍してますね(^^)

関羽軍の精兵5000人を1000の兵で足止めしたり、合肥の戦いにて張遼の奇襲を受けた際に孫権を守ったり。
そして、手勢1000の甘寧部隊に曹仁軍5000〜6000が襲いかかり包囲されるも、何日も持ち堪えたとのこと。
これでしょうかね、ゲーム製作者さんが甘寧さんの防御力を高く設定したくなったのは。

まぁ、おかしな道理ですけどね(^^;)
でも樊城の戦いにて関羽軍の攻撃を耐え抜いた曹仁さんの防御力が高かったのを見ると、そんな気がしてきます。
劣勢、さらに多勢に無勢の中、長く持ち堪えた方の防御力は高く設定される・・・ってな感じかなと(^^;)



さてさて

調べたと言っても只検索しただけなのですが、それでも 「 へぇ〜 」 と思うようなことが他にもありました。
もとは江賊だとか川賊だとか海賊だとかだったようですが、同時に

「 自分が属する地方の長官の領内で犯罪があれば摘発と制裁を行った。 」

とのことです。
つまり、警察権を持っていたようなのです。
賊が警察・・・?

今の感覚ではしっくりこないのですが、任侠の世界のような感じなのでしょうかね?
ヤクザが揉め事を解決する、みたいな。
なかなか興味深いなぁ〜〜、と思った次第であります。


そして、そんな 「 肩書きは警察(?)だけど、ぶっちゃけ任侠の人(?)、って言うか荒くれ者 」 な生活を20年ほど続けた後、突如学問に目覚めたと言います。
そして劉表さん、黄祖さんの食客を経て、やがて孫権さんに仕えます。
そして数々の武勇伝を、さらに重ねていくこととなります。


いやぁ〜〜〜、味わい深い方ですね(^^)
と言いますか、三国志に出てくる方々、皆様味わい深いです☆
ハマってしまう方が後を絶たない理由が分かります♪



本日もこのブログを読んでくださり、ありがとうございました(^^)

ではまた〜



★ ★ ★ ★

ブログ移転しましたぁ〜( ´ ▽ ` )ノ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000

新ブログにて自作甲冑載せてます♪( ´▽`)
IMG_3463.jpg
IMG_3464.jpg
IMG_3470.jpg
IMG_3473.jpg
甲冑はじめました(*゜▽゜*)(冷やし中華はじめました的なや〜〜つ)


posted by jami at 20:13| Comment(0) | 三国志 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三国志 登場人物紹介・その23 〜夏侯惇 元譲〜

IMG_6442.jpg
新ブログはコチラ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000
___________________


は〜〜〜い!
どうも!
ど〜〜もです!!

jami です(^^)
戦国武将や三国志が大好きな jami であります(^^)
好きなくせしてそんなに詳しくない jami であります!( ;´Д`)

当ブログにお越しくださり、誠にありがとうございます☆
当ブログは自己満仕様となっております。
調べればすぐに分かることを知って驚いたり狂喜したり切なくなったりする素人です。
素人でございます。


大いなる物語(?)・三国志を jami 的視点で語らせていただきます。
が、大した内容はございません。
最近 戦国武将・三国志ファンになった方に向けて、入門書の前の入口だと思って読んでいただけましたら幸いです。

「入門書の前の入口」 って、どれだけ内容薄いんだってな感じですが(^^;)

なにとぞ宜しくお願いいたします!


ではでは

今回もいきましょう、あのコーナー!!
jami 的三国志・登場人物 紹介ぃ〜〜〜!!!
三国志に登場する魅力的な方々を、jami 的視点で書いていきます。

そしてそしてぇ!
jami 的能力値判定なるものを設け、誠に勝手ながら、【武力】【知力】【魅力】の数値をつけさせていただきました。

1 ・・・ 凡庸
2 ・・・ 人並み以上
3 ・・・ 優秀
4 ・・・ かなり優秀
5 ・・・ 超かなり優秀

これも、かなり!かな〜〜〜〜り!!個人的見解ですので、「ふ〜〜〜〜ん、あそ(´・_・`)」ってな感じで、大きな心で見てやってくだされば幸いです(^^;)
まぁ、お気軽に読んでやってくださいな( ´ ▽ ` )ノ

本日はこの方ぁ!!!



夏侯惇 元譲。


jami 的能力値判定
【武力】 4 ★★★★
【知力】 3 ★★★
【魅力】 3 ★★★

はい。夏侯惇 元譲 (かこうとん げんじょう)さんです。


「 Mr.魏! 」


そんなイメージです、jami的に(^^)
曹操の覇業に、なくてはならない方だったのではないでしょうか。
序盤から曹操につき従ってきた、隻眼の猛将であります。

と、私が改めて説明するまでもないでしょう☆

が( ´ ▽ ` )ノ

読者様の中には最近 三国志のファンになった方もおられるという前提でブログを書かせていただきまする( ´ ▽ ` )ノ

夏侯惇 元譲とは、序盤から曹操につき従ってきた、隻眼の猛将なのである!!!

って、さっき書いたことと同じやんっ!!!Σ(゜д゜lll)
・・・はい。同じでございます(^^;)
実はこれ以上、特に説明するまでもないのかなと思いまして(^^;)


それではあまりに適当過ぎるかと思いますので、賢者・Wikipedia様から、抜粋して転載させていただきます。
あくまで抜粋ですので、詳しく知りたい方は調べてみてくんなまし( ´ ▽ ` )ノ
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


************************************


14歳の時、学問の師を侮辱した男を殺し、荒い気性を持つ人として知られるようになる。

曹操が拳兵した時から一部隊の将として付き従い、190年、曹操が奮武将軍を称すると、その司馬に任じられた。

その後、夏侯惇は曹操の下で呂布討伐に従軍したが、左眼に流れ矢が当たる怪我を負った。
このことから、同族の夏侯淵と区別するために盲夏侯とあだ名された。だが夏侯惇は嫌がり、鏡で自分の顔を見る度に怒って、鏡を投げ捨てたという(王沈の『魏書』)。

219年、曹操は関羽に備えるため摩陂に出陣したとき、夏侯惇を呼び寄せた。
このとき曹操は夏侯惇に対し、車への同乗や、曹操の寝室への自由な出入りを許し信頼を示したという。
このときに魏国の前将軍に任命された。
これまで夏侯惇は、魏王に即位した後の曹操の配下では唯一漢の官位に就いており、漢の直臣という立場は曹操と同じであった。
これは曹操が「不臣の礼(配下として扱わない特別待遇)」として、夏侯惇に対して魏の官位を与えようとしなかったからであるが、夏侯惇は自分には過ぎた扱いとしてこれを固辞、魏国の官職を与えられることを強く要請したという。


************************************


以上、転載終わり。

強いだけでなく、義に厚い方だったようですね。



さてさて

一般的なお話はここまで。
ここからはjami的なお話をば(^^)

私が初めて夏候惇さんを知ったのは、ゲーム 「 三国無双 」 からであります。
いやぁ〜〜、インパクトありましたねぇ〜〜夏候惇さん。
隻眼の荒くれ者ってな感じでございました。

最初は周瑜さんがお気に入りだったのですが、やはりこの隻眼の猛者もかなり気になりました。
まだまだ三国志に興味を持つ前の話であります。
なので名前も憶えておりませんでした。
後々、三国志にハマってから、ようやくあの隻眼の猛者と夏候惇さんが合致した次第であります。



やっぱり良いですね、夏候惇さん。
良いキャラしてます。
ゲームの途中で流れるムービーも好きです。
「 三国無双 」 ・・・あ、正確ではないですね(^^;)
「 真・三国無双4 」 の夏候惇伝の中で流れるムービーでの、関羽との戦闘シーン(?)が超好きです。
確か、官渡の戦いの直前ムービーだったかと記憶しております。
むしろ、このムービーがカッコ良かったため夏候惇さんが好きになった気もします(^^;)


皆様も、宜しければゲームで楽しむ三国志も堪能されては如何でしょうか(^^)



本日もこのブログを読んでくださり、ありがとうございました(^^)

ではまた〜



★ ★ ★ ★

ブログ移転しましたぁ〜( ´ ▽ ` )ノ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000

新ブログにて自作甲冑載せてます♪( ´▽`)
IMG_3463.jpg
IMG_3464.jpg
IMG_3470.jpg
IMG_3473.jpg
甲冑はじめました(*゜▽゜*)(冷やし中華はじめました的なや〜〜つ)
posted by jami at 09:43| Comment(0) | 三国志 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月25日

三国志 登場人物紹介・その22 〜衛茲〜

IMG_6442.jpg
新ブログはコチラ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000
___________________


は〜〜〜い!
どうも!
ど〜〜もです!!

jami です(^^)
戦国武将や三国志が大好きな jami であります(^^)
好きなくせしてそんなに詳しくない jami であります!( ;´Д`)

当ブログにお越しくださり、誠にありがとうございます☆
当ブログは自己満仕様となっております。
調べればすぐに分かることを知って驚いたり狂喜したり切なくなったりする素人です。
素人でございます。


大いなる物語(?)・三国志を jami 的視点で語らせていただきます。
が、大した内容はございません。
最近 戦国武将・三国志ファンになった方に向けて、入門書の前の入口だと思って読んでいただけましたら幸いです。

「入門書の前の入口」 って、どれだけ内容薄いんだってな感じですが(^^;)

なにとぞ宜しくお願いいたします!


ではでは

今回もいきましょう、あのコーナー!!
jami 的三国志・登場人物 紹介ぃ〜〜〜!!!
三国志に登場する魅力的な方々を、jami 的視点で書いていきます。

そしてそしてぇ!
jami 的能力値判定なるものを設け、誠に勝手ながら、【武力】【知力】【魅力】の数値をつけさせていただきました。

1 ・・・ 凡庸
2 ・・・ 人並み以上
3 ・・・ 優秀
4 ・・・ かなり優秀
5 ・・・ 超かなり優秀

これも、かなり!かな〜〜〜〜り!!個人的見解ですので、「ふ〜〜〜〜ん、あそ(´・_・`)」ってな感じで、大きな心で見てやってくだされば幸いです(^^;)
まぁ、お気軽に読んでやってくださいな( ´ ▽ ` )ノ

本日はこの方ぁ!!!



衛茲。


jami 的能力値判定
【武力】 3 ★★★
【知力】 3 ★★★
【魅力】 3 ★★★

はい。衛茲 (えいじ)さんです。


・・・ん? 誰??


と思った方!
私と同じでございます(^^)
三国志演義には登場しません。
しかしながら重要人物だと思いましたので、ご紹介いたします。

この衛茲さん、三国志の序盤において、さらに序盤に登場する方です。
曹操と会い、その才気を感じ取りともに戦った方であります。
なかなかに清廉な方で、武にも長け、知恵もある方だったようです。
が、董卓配下の徐栄との戦いにおいて敗北し、戦死してしまいます。



知名度が低い衛茲さんですが、私は宮城谷昌光 先生の小説 「 三国志 」 にて、その存在を知りました。
正史をもとに書かれたこの作品において、衛茲さんはとても輝いておりました。
もしあそこで戦死せず生きながらえていたならば、歴史も変わっていただろうと思います。
そう思わせるほどに魅力的な人物であります。


賢者・Wikipedia様を覗いてみましたが、やはり記載されている文が少なかったです。
これまた哀しいですね。
以下、抜粋して転載
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


************************************


張邈配下。同郡の孝廉に推挙された。

激しい弁論を好まず、俗世の名声も求めない人柄であった。
また、優れた節操を持つ人物として知られ、三公の招聘にも応じなかった。

曹操が初めて陳留を訪れた際に、衛茲は彼と面会したところ「天下を平定する人は、必ずやこの人だ」と言った。
曹操も衛茲を異才の人物と認め、以後数度に渡り訪問して大事を諮った。
その後、衛茲は董卓討伐のために3千の兵を集めた(魏書「衛瑧伝」注『先賢行状』)。
また魏書「武帝紀」注『世語』によれば、衛茲は家財を提供して曹操の挙兵を支援し、曹操は兵5千を率いることができたという。

初平元年(190年)、張邈の命令により、衛茲は兵を率いて曹操に随行した。
曹操・衛茲らは、滎陽県汴水で董卓軍の徐栄と交戦し、衛茲は終日力戦した。
しかし軍は敗れ、衛茲は戦死した。
曹操は衛茲の死を悼み、陳留郡を通過する際には、必ず使者を派遣して衛茲のために祭祀を執り行ったという。


************************************


以上、転載終わり。

歴史に消えていった誉れ高い偉人たち。
偉人に限らず、名を残すことなく散っていった多くの方々。
思い浮かべるだけで、何かしら思うところがございます。

戦を憧れの目で見たりはしませんし、このようなことを書くのは不謹慎かも知れません。
が、人生に 「 戦 」 を交えた人々の生き様・死に様を思い浮かべると、やはり胸が熱くなります。

戦国ロマンを感じずにはいられません。



本日もこのブログを読んでくださり、ありがとうございました(^^)

ではまた〜



★ ★ ★ ★

ブログ移転しましたぁ〜( ´ ▽ ` )ノ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000

新ブログにて自作甲冑載せてます♪( ´▽`)
IMG_3463.jpg
IMG_3464.jpg
IMG_3470.jpg
IMG_3473.jpg
甲冑はじめました(*゜▽゜*)(冷やし中華はじめました的なや〜〜つ)
posted by jami at 17:45| Comment(0) | 三国志 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。