2014年10月31日

アンディ・ラウ主演 『 三国志 』 感想

IMG_6442.jpg
新ブログはコチラ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000
___________________


は〜〜〜い!
どうも!
jamiです(^^)
戦国好きのjamiであります!


観ました☆

『 三国志 』 観させていただきました☆
アンディ・ラウさん主演であります。
私、アンディ・ラウさん好きです(^^)
映画 『 墨攻 』 を観てファンになりました。
この方の作品を観るのは、これで二度目です。
ファンとか言いつつまだ二度目・・・(^^;)
と思いきや、調べてみたら 「 少林サッカー 」 など多くの作品に出ているようでして、知らない間に観ていたようであります(^^;)


ま、そんなことは良いとして、感想を書かせていただきます。

なかなか良い(((o(*゜▽゜*)o)))

はい。なかなか良いです(^^)
戦闘シーンは見ごたえがあり、スケールの大きさも感じました。

ただし、三国志作品と言えども、かなり! かな〜〜りオリジナルでありました。
幾つかのエピソードが混ぜ合わされ、完全オリジナルキャラも登場します。
その筆頭が敵の総大将である曹嬰さんであります。
曹操の孫娘で、魏軍の都督という設定で登場します。

曹操さんの孫!???

そしてなかなか強い(^^;)
武芸に長けていて、かなり狡猾。そして狡猾なくせして、分別がある(?)方でした。
自分がしていることは良くないこと(?)だと分かっていながら、そしてそんなことホントはしたくないけど、戦に勝つためには実行する。
そんな方です。
また、楽器(琴?みたいな)にも長じており、戦闘中に奏でるんですよ、この方。
それがまた、なんとも良い感じでありました。


サモ・ハン・キンポーさんが出演してるのもポイントが高いですね(^^)
良い味出してました。



てな感じでありますが、オススメできるかどうかは微妙であります。
もしかしたら、好みが分かれるかも知れないな〜、というのが本音です。

キャストも映像も申し分ないのですが、やはり物語に抵抗がある人もいらっしゃるかも知れません。
けっこう本来の三国志から変わってる部分がありますので(^^;)
ただ、別物だと知ったうえで観るのであれば、問題ないのかも知れません。

宜しければご覧ください(^^)



本日もこのブログを読んでくださり、誠にありがとうございます(^^)

ではまた〜



★ ★ ★ ★

ブログ移転しましたぁ〜( ´ ▽ ` )ノ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000

新ブログにて自作甲冑載せてます♪( ´▽`)
IMG_3463.jpg
IMG_3464.jpg
IMG_3470.jpg
IMG_3473.jpg
甲冑はじめました(*゜▽゜*)(冷やし中華はじめました的なや〜〜つ)
posted by jami at 11:22| Comment(0) | 三国志 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月29日

槍の使い手と言えば? その3

IMG_6442.jpg
新ブログはコチラ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000
___________________


は〜〜〜い!
どうも!
jamiです(^^)
戦国大好きなjamiであります☆
戦国時代をはじめ、幕末・三国志・古代中国・古代ローマなどなど、ソレ系が大好きであります。
要するに、武将や忍者や騎士たちが大好きなワケであります\(^o^)/

本日もこのブログを覗いてくださり、誠にありがとうございます!
なお、当ブログは自己満仕様となっております(^^;)
素人が只々、書きたいことを書きたいままに、とりとめもなく書いております。
玄人様におかれましては、お目汚しなどあるかと思います(^^;)
なにとぞ大きな心で読んでやってくださいませ♪


はい。今回のブログタイトルはコチラ


『 槍の使い手と言えば? その3 』


であります。
前回 『 槍の使い手と言えば? その2 』 と題して書かせていただきましたが、日本の戦国に限ったことしか書いてないことに気づき、 「 あ! 三国志を忘れていた! 」 と思い、この記事を書いております。

そうです。三国志にもおります、槍の達人が。
趙雲さんです。
三国志好きな方にはお馴染みですね。
三国無双などの影響で、女性の間でも大人気かと思われます。
劉備玄徳に仕えた名将で、五虎大将軍の一人であります。


同じく五虎大将軍の一人・馬超さんもまた、槍の達人・・・だと勝手に思っております(^^;)

いやぁ〜〜・・・ゲーム 「 三国無双 」 の影響で、馬上で槍を振り回すイメージが定着してしまいました(^^;)
そしていつの間にか私の中で、馬超さんは槍の達人ということになっておりました。
ところが、いざ調べてみて、馬超さんが槍術に長けていたという記載を目にすることがないことに気づいてしまいましたΣ(゜д゜lll)

「 あぁ! そういえばそうだ!! 今思えば、馬超さんが槍の達人とは聞いたことがないっ!!Σ(゜д゜lll) 」


・・・そうなのです。
勘違いしておりました。
私が勝手に思いこんでいただけでした・・・


が!!!


それもまた良し♪
想像のうえではすべてが自由!!!

ということで(^^)
私の中では馬超さんは槍の達人であります。
しかも馬上槍の達人ということで☆

自由に想像し、自由に楽しむ。
それがjami流・戦国ロマンであります( ´ ▽ ` )ノ



本日もこのブログを読んでくださり、誠にありがとうございます(^^)

ではまた〜



★ ★ ★ ★

ブログ移転しましたぁ〜( ´ ▽ ` )ノ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000

新ブログにて自作甲冑載せてます♪( ´▽`)
IMG_3463.jpg
IMG_3464.jpg
IMG_3470.jpg
IMG_3473.jpg
甲冑はじめました(*゜▽゜*)(冷やし中華はじめました的なや〜〜つ)
posted by jami at 11:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

槍の使い手と言えば? その2

IMG_6442.jpg
新ブログはコチラ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000
___________________


は〜〜〜い!
どうも!
jamiです(^^)
戦国大好きなjamiであります☆
戦国時代をはじめ、幕末・三国志・古代中国・古代ローマなどなど、ソレ系が大好きであります。
要するに、武将や忍者や騎士たちが大好きなワケであります\(^o^)/

本日もこのブログを覗いてくださり、誠にありがとうございます!
なお、当ブログは自己満仕様となっております(^^;)
素人が只々、書きたいことを書きたいままに、とりとめもなく書いております。
玄人様におかれましては、お目汚しなどあるかと思います(^^;)
なにとぞ大きな心で読んでやってくださいませ♪


はい。今回のブログタイトルはコチラ


『 槍の使い手と言えば? その2 』


であります。
ふとまた、強き槍使いに想いを馳せておりましたら、気づけばブログを書いておりました(^^;)

強き槍使いとして、jami的に真っ先に思い浮かべるのが、森長可さんであります。
あの森蘭丸さんのお兄様です。
「 鬼武蔵 」 の異名をとる猛将で、手に持つ名槍 「 人間無骨 」 で多くの敵を討ち取ってきました。



そして忘れてはいけません。
戦国最強と畏怖される、本多忠勝さん。
戦にて、只の一度も傷を負ったことのない名将であります。
彼もまた、手に持つ名槍 「 蜻蛉切り 」 にて、多くの敵を討ち取ったことでしょう。
あの猛将・真柄直隆さんとの一騎打ちでも無傷でありました。

・・・あ、分かりますかね? 真柄直隆さん(^^;)
私の大好きな武将さんで、大太刀を振るった大男であります。



そして、この方のことを忘れてしまってはファンの方々に怒られてしまいますね。
真田信繁さん。
はい、真田幸村さんのことですね。
戦国バサラなどゲームの影響で、今や女性の間でも大人気であります。
なんと、宝塚でも上演されたそうで、その影響力は凄まじいの一言ですね。

この信繁さんもまた槍の達人でありましょう。
さすがに戦国バサラのように、二本の槍を同時に扱うなんてことはなかったと思いますが(^^;)



「 槍の又左 」 の異名をとった、前田利家さんも忘れてはなりません。
加賀百万石の大大名となった利家さん。
その若き日々は、歌舞伎者として名が通っていたようです。
怒りにまかせて、主君・信長の寵愛する近習を殺してしまうという、ぶっとんだ方であります。

そして出仕停止処分中でありながら、密かに戦に参加して武功をあげるという、良い感じに型破りな方であります(^^;)
その血の気の多さもまた、槍の又左の強さの理由だったのかも知れません。



そしてやはり、この名も挙げずにはおれません。
可児才蔵さんであります。
槍の才蔵と呼ばれたほどの、槍の達人であります。

主君を転々と変えながら、多くの戦場を渡り歩いた武人です。
その人気は当時から高く、墓前を通る者は才蔵の武勇を賞賛しその墓前で下馬して礼を送ったそうです。
やはり強い者、いえ、何かを極めんとした方は、同じ道を志す人の導きの光となるのでしょうね。



そしてこの人、渡辺守綱さんも外せません。
「 槍半蔵 」 と呼ばれた武の人であります。
殿(しんがり)にて彼の奮戦ぶりが称えられ、この異名がつきました。
徳川十六神将の一人として数えられるほどの武功を挙げた名将であります。





さてさて、ここまでは私、jamiの思いを書かせていただきました。
幾つか名が挙がりましたが、やはりまだまだ私の知らない槍の達人がいらっしゃるかと思いまして、検索いたしました。
そうしましたら、やはりおりました(^^)
私の知らない槍の達人が☆


保科 正俊(ほしな まさとし)さんであります。

「 槍弾正 」 の異名を持っており、なんとあの武田軍の武将さんでありましたΣ(゜д゜lll)
なんでも、「 戦国の三弾正 」 に数えられ、高坂昌信の「逃げ弾正」、真田幸隆の「攻め弾正」に対して「槍弾正」と称されたとのこと。

いやはや、恐れ入ります。



本日もこのブログを読んでくださり、誠にありがとうございます(^^)

ではまた〜




★ ★ ★ ★

ブログ移転しましたぁ〜( ´ ▽ ` )ノ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000

新ブログにて自作甲冑載せてます♪( ´▽`)
IMG_3463.jpg
IMG_3464.jpg
IMG_3470.jpg
IMG_3473.jpg
甲冑はじめました(*゜▽゜*)(冷やし中華はじめました的なや〜〜つ)
posted by jami at 10:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする