2014年09月30日

戦国武将紹介・その38 〜石田三成〜

IMG_6442.jpg
新ブログはコチラ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000
___________________


はい!
どもども!
ど〜〜もです!!

jamiです(^^)
戦国武将大好きなjamiであります(^^)
好きなくせしてそんなに詳しくないjamiであります!( ;´Д`)

当ブログにお越しくださり、誠にありがとうございます☆
当ブログは自己満仕様となっております。
何も得るものがないとは思いますが、なにとぞ宜しくお願いいたします!


さてさて

本日もいきましょう、あのコーナー!!
jami的戦国武将紹介ぃ〜〜〜!!!
魅力的な戦国武将の方々を、jami的視点で書いていきます。

そしてそしてぇ!
jami的能力値判定なるものを設け、誠に勝手ながら、【武力】【知力】【魅力】の数値をつけさせていただきました。
これも、かなり!かな〜〜〜〜り!!個人的見解ですので、「ふ〜〜〜〜ん、あそ(´・_・`)」ってな感じで、大きな心で見てやってくだされば幸いです(^^;)
まぁ、お気軽に読んでやってくださいな( ´ ▽ ` )ノ

本日はこの方ぁ!!!



石田三成。


jami的能力値判定
【武力】 1 ★
【知力】 3 ★★★
【魅力】 4 ★★★★

はい。石田三成(いしだみつなり)さんです。
メジャー級・・・う〜〜〜ん、準メジャー級の武将さんでしょうか(^^;)
豊臣家を守るため、関ヶ原の戦いにて徳川家康と雌雄を決すべく戦った方です。
残念ながらこの戦いに敗れ生涯を終えることとなるのですが、歴史に大きく影響を及ぼした方であります。

彼の世間一般での評価は賛否ありますね。
まぁ、どの武将さんでもそうですが(^^;)
そしてこの三成さんほど、作品によって描かれ方が極端に違う方も少ない気がします。
つまり、良い人か悪い人か。

徳川家康の視点で、もしくは徳川家康を正義として描いた作品の場合、すご〜〜く悪〜〜い人物として登場します(^^;)
今年の大河ドラマ 『 黒田官兵衛 』 に出てくる三成さんも、黒いオーラを放っているように見受けられます(^^;)
主役が官兵衛さんだからですね(^^;)
反対に、徳川家康を悪として描いた作品の場合、すご〜〜く良い人物として登場します(^^;)
私の場合は最初に三成さんのことを知ったのが漫画 『 SAKON(左近) -戦国風雲録- 』(さこん せんごくふううんろく)であり、とても良い人として描かれていたので、義に厚く平和を願う清廉潔白な人物として印象に残りました。


・・・まぁ、そんなもんですよね(^^;)


ちなみに近年の戦国武将ブームにより知名度が上がり、若い女性の間でも人気を博しているようです。
さらには、関ヶ原の戦いにて三成のもとで戦った島左近・大谷吉継もまた、歴女さんの人気を得ております。
かく言う私も、このお二人好きです(^^)

「 義 」 ですね。

「 義 」 に生きてますね。

関ヶ原に布陣した東西両軍の兵数にはそれほどの違いはなかったのですが、実は内情としては西軍がかなり不利でした。
それが分かっていたにも関わらず、左近と吉継は三成とともに戦ったのです。
それほどまでに三成さんとの絆は強かったのですね。
そしてこの点が、人気の理由ともなっているようです。


さてさて

義に厚く大敵・徳川家康との対決の舞台を用意したことで、歴史に名を遺した石田三成。
しかし、実際の彼は戦が大いに苦手な武将でした。
・・・武将という表現も適切ではないかも知れません。(どうなんだろう?(^^;))
大きな枠組みで 「武将」 と一括りにしてるだけですので(^^;)

あくまで文官として台頭した人物で、特に後方の兵糧・武具などの輜重に関わる働きは絶大なるものでありました。
九州征伐がわりと短期間で成せたのも、三成の後方支援が優れていたからと見ることもできる。


が、やはり戦闘に関しては宜しくないようで・・・
映画 「 のぼうの城 」 で有名となった忍城攻め、そしてこの関ヶ原の戦いにて大敗を喫しております。


ま、得手不得手は誰にでもありますね(^^)
それでも好きですよ、三成さん☆



本日もこのブログを読んでくださり、ありがとうございました(^^)

ではまた〜



★ ★ ★ ★

ブログ移転しましたぁ〜( ´ ▽ ` )ノ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000

新ブログにて自作甲冑載せてます♪( ´▽`)
IMG_3463.jpg
IMG_3464.jpg
IMG_3470.jpg
IMG_3473.jpg
甲冑はじめました(*゜▽゜*)(冷やし中華はじめました的なや〜〜つ)


posted by jami at 13:35| Comment(0) | 日本の戦国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月29日

戦国武将紹介・その37 〜池田恒興〜

IMG_6442.jpg
新ブログはコチラ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000
___________________


はい!
どもども!
ど〜〜もです!!

jamiです(^^)
戦国武将大好きなjamiであります(^^)
好きなくせしてそんなに詳しくないjamiであります!( ;´Д`)

当ブログにお越しくださり、誠にありがとうございます☆
当ブログは自己満仕様となっております。
何も得るものがないとは思いますが、なにとぞ宜しくお願いいたします!


さてさて

本日もいきましょう、あのコーナー!!
jami的戦国武将紹介ぃ〜〜〜!!!
魅力的な戦国武将の方々を、jami的視点で書いていきます。

そしてそしてぇ!
jami的能力値判定なるものを設け、誠に勝手ながら、【武力】【知力】【魅力】の数値をつけさせていただきました。
これも、かなり!かな〜〜〜〜り!!個人的見解ですので、「ふ〜〜〜〜ん、あそ(´・_・`)」ってな感じで、大きな心で見てやってくだされば幸いです(^^;)
まぁ、お気軽に読んでやってくださいな( ´ ▽ ` )ノ

本日はこの方ぁ!!!



池田恒興。


jami的能力値判定
【武力】 3 ★★★
【知力】 2 ★★
【魅力】 2 ★★

はい。池田恒興(いけだつねおき)さんです。
映画 「 清須会議 」 にて一般の方の間でも、少々その名が知られたのではないでしょうか。
この清須会議(清州会議)は、信長なきあとの織田勢力を誰が率いるのかを決定づけた一大イベントでした。
その会議に参加したのが、羽柴秀吉 ・ 柴田勝家 ・ 丹羽長秀、そしてこの池田恒興の四人です。

四宿老の一人として清須会議では秀吉側についた恒興さんは、その後の賤ヶ岳の戦いでも秀吉側に味方します。
その翌年、織田信雄が家康と組み、秀吉に対し兵を挙げます。
「 小牧・長久手の戦い 」 の始まりでした。

織田家の旧臣として信雄・家康側につくと思われていた恒興であったが、予想に反して秀吉側につき、犬山城を占拠した。
恒興さんは織田家ではなく、あくまで信長の家臣であったのかもしれない。
そう思えてなりません。
信長の乳兄弟として生まれ育ち、若いころは常に信長と一緒につるんで(?)いました。
年も信長の2つ下と近いこともあり、兄弟のように慕っていたのではないでしょうか。
なので、信長のいない織田家は守るに値しない。
そう思ったのかも知れません。


そして迎えた小牧・長久手の戦い。
膠着状態を打破するため、家康の本拠地である岡崎城に軍を進めることとなります。
世にいう 「中入り作戦」 である。
その情報を入手した家康もまた行動を開始。
ついに長久手・仏ケ根にて池田部隊と対峙する。

恒興は娘婿の森長可とともに徳川軍と激しい戦いを繰り広げます。
ちなみにこの森長可という武将は、「鬼武蔵」 と呼ばれ恐れられるほどの猛将であり、また、あの森蘭丸の兄でもありました。
激戦の末、長可は敵の鉄砲に倒れます。
それをきっかけに形勢は一気に徳川方へと傾き、ついに恒興も討ち取られます。



この恒興さん、能力的に見ましたら、そこまで高い能力を持っていたわけではないように見受けられます(^^;)
が、私の好きな武将でもあります(^^)
また、この長久手合戦の敗戦の原因となった 「中入り作戦」 ですが、『太閤記』(たいこうき)によれば恒興の発案とされております。
当時まだ羽柴軍は烏合の衆であり、たとえ仲間ではあっても他の武将に強く命令できる立場にはなく、ともすれば敵にまわる可能性すらあった。
だからこの恒興からの発案に対し、秀吉は負ける懸念を抱きながらも了承せざるを得なかった。
というのが定説になっておりました。

が!
秀吉が丹羽長秀に宛てた書状などから、現在は秀吉自身の策である可能性が高いとされている。


そしてこんなエピソードもあります。
恒興さんは天正10年の武田征伐において、密かに落ち延びた武田勝頼の3男・勝親を匿い保護しました。
もともと病弱であった勝親は、天正12年4月11日(1584年5月20日)に病死してしまうのですが、この死亡年月日を見てピンときました。
ピンときたと言うと大げさですが(^^;)

長久手合戦にて恒興さんが命を落としたのは、天正12年4月9日で、西暦に直しますと 1584年5月18日となります。
つまり、恒興さんの死の二日後に、勝親もまた亡くなっているのです。
もしかして、命の恩人であった恒興さんの死が、彼の心にダメージを与えてしまい体調も崩してしまったのではないか・・・

そう思えてならないのです。


・・・あ

なんだか切ない話で締めくくってしまいましたね(^^;)

ま、いっか☆



本日もこのブログを読んでくださり、ありがとうございました(^^)

ではまた〜



★ ★ ★ ★

ブログ移転しましたぁ〜( ´ ▽ ` )ノ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000

新ブログにて自作甲冑載せてます♪( ´▽`)
IMG_3463.jpg
IMG_3464.jpg
IMG_3470.jpg
IMG_3473.jpg
甲冑はじめました(*゜▽゜*)(冷やし中華はじめました的なや〜〜つ)
posted by jami at 12:14| Comment(0) | 日本の戦国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

戦国武将紹介・その36 〜佐々成政〜

IMG_6442.jpg
新ブログはコチラ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000
___________________


はい!
どもども!
ど〜〜もです!!

jamiです(^^)
戦国武将大好きなjamiであります(^^)
好きなくせしてそんなに詳しくないjamiであります!( ;´Д`)

当ブログにお越しくださり、誠にありがとうございます☆
当ブログは自己満仕様となっております。
何も得るものがないとは思いますが、なにとぞ宜しくお願いいたします!


さてさて

本日もいきましょう、あのコーナー!!
jami的戦国武将紹介ぃ〜〜〜!!!
魅力的な戦国武将の方々を、jami的視点で書いていきます。

そしてそしてぇ!
jami的能力値判定なるものを設け、誠に勝手ながら、【武力】【知力】【魅力】の数値をつけさせていただきました。
これも、かなり!かな〜〜〜〜り!!個人的見解ですので、「ふ〜〜〜〜ん、あそ(´・_・`)」ってな感じで、大きな心で見てやってくだされば幸いです(^^;)
まぁ、お気軽に読んでやってくださいな( ´ ▽ ` )ノ

本日はこの方ぁ!!!



佐々成政。


jami的能力値判定
【武力】 3 ★★★
【知力】 2 ★★
【魅力】 2 ★★

はい。佐々成政(さっさなりまさ)さんです。
前田利家さんときたら、やっぱりこの方でしょう(^^)
ってワケではないのですが、私的にはけっこう連想する方です。
と言いますのも、利家と同様に成政さんもまた母衣衆の一員だったからであります。
馬廻であり黒母衣衆であるということは、わりと信長の側近だったようですね。

あ、どうでもいいのですが、人の名前をさんづけしたり呼び捨てしたりしますが、その時の気分で書いてるので気にしないでください(^^)
ちなみに、 「 母衣衆 」 は 「 ほろしゅう 」 と読みます。
母衣とは縦に縫い合わせた長い布を背中につけたもので、馬で駆けると風をはらんでふくらみ飛矢を防いだり、戦場にて目立つためのものです。
そして大名の精鋭の武士や、本陣と前線部隊の間を行き来する使番として活躍したのが母衣衆です。
まぁ、役職名ですね。
そしてこれもどうでもいいのですが、 「 ほろしゅう 」 と検索したら、真っ先に 「 ホロ州 」 と変換されました。

どこの州やねんっ!(((o(*゜▽゜*)o)))

って言うかホントにどうでもいいわっ!!(((o(*゜▽゜*)o)))


はい。ゴメンナサイ。
話を戻します。

利家さんの記事を書いたら成政さんを思い出し、今回書くことにしたのですが、正直あんまり優秀な印象がありませんでした(^^;)

ゴメンナサイ!!!(><)
成政さんファンの方ゴメンナサイ!!!(><)
そして記事を書くにあたりちょっとばかし調べてみましたら、・・・あらら、けっこう優秀なのでは?
と思いました。

どうも過小評価されている傾向にあるようですね。
一流の武将さん方には及ばない感じはしましたが、なかなかの力量ではなかろうか。と感じます。


まず、馬廻であり黒母衣衆であるという時点ですでに、ポイント・1ゲット☆
織田軍・北陸方面の指揮官である柴田勝家の与力として府中三人衆の一人に任命され、ポイント・2ゲット☆
さらに九州征伐で功をあげ肥後一国を与えられた件にて、ポイント・3ゲット☆

うむ。
なかなかの活躍ではないでしょうか。

残念ながら肥後の統治に失敗した責を負って自害することとなったのですが、成政さんの性に合っていなかっただけなのではないでしょうか。
統治者ではなく戦人としてなら、その後も活躍を続けれたような気もします。

・・・とは言え、戦で武功を挙げたならば褒美として領地を与えなくてはいけませんよね(><)
そして実は過去に秀吉さんの敵にまわったこともあり、その影響もあるでしょう。
この流れはあくまで必然であったのかも知れません(><)
なんだか残念です・・・



本日もこのブログを読んでくださり、ありがとうございました(^^)

ではまた〜



★ ★ ★ ★

ブログ移転しましたぁ〜( ´ ▽ ` )ノ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000

新ブログにて自作甲冑載せてます♪( ´▽`)
IMG_3463.jpg
IMG_3464.jpg
IMG_3470.jpg
IMG_3473.jpg
甲冑はじめました(*゜▽゜*)(冷やし中華はじめました的なや〜〜つ)
posted by jami at 09:45| Comment(0) | 日本の戦国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。