2013年10月19日

方天画戟

IMG_6442.jpg
新ブログはコチラ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000
___________________


は〜〜〜〜〜〜〜〜・・・・・



眠い(´・_・`)

眠いけど今日も書こう♪( ´▽`)


jamiです(^^)

本日もやってまいりましたこの時間。気が向きましたらお読みください。

あ、でもでも!

自己満ブログだから内容はないですYO!
ご了承くださいませ。


はい。

というワケで本日のブログタイトルは『方天画戟』

もうお馴染みですね(^^)あ、知らない?(^^;)三国志好きな方はお分かりですよね。
最強と名高い呂布の愛用武器です。

強い武将につきものなのが、愛用武器!と言っても過言ではありません。


はい。ウソです。過言ですね。まぁ過言ではあるのですが、カッコ良いですよね。と言いますか、私はカッコ良いと思うのです。「この武将にこの武器あり!」みたいな。

ただ、実はですねぇ、この方天画戟。三国志の時代にはまだ無かったようです。つまり呂布が方天画戟を手に暴れまわったというのはフィクションなんです。あぁ・・・残念・・・( ;´Д`)

でも、良いんです。フィクションでも良いんです。心の中で、想像して楽しめば良いんです。ゲームだってそうじゃない☆映画だってそうじゃない☆それで良いじゃない☆

あぁ・・・今日言いたかったことはもう言ってしまった。

せっかくなので、賢者Wikipedia様に方天画戟のご紹介をしていただきましょうかね(^^)



方天画戟

方天画戟(ほうてんがげき)は後漢の武将・呂布が使っていたといわれている武器である。小説『三国志演義』に登場するが、正史には登場しない(そもそも原型の方天戟共々宋王朝以降に実在する武器である為、彼等が活躍した3世紀には実在しない。片鎌の戈がせいぜいか)。また蜀の諸葛亮が南蛮遠征したときに対峙していた高定の部下もこの武器を使用している。

方天画戟は方天戟の一種で、本来なら両側に取り付けられている三日月状の「月牙」と呼ばれる横刃が、片方だけに付いている。普通、月牙が片方のみに設けられた方天戟を「青龍戟(せいりゅうげき)」や「単戟(たんげき)」もしくは「戟刀(げきとう)」と呼ぶが、その中でも特に呂布が愛用した戟は「方天画戟(ほうてんがげき)」または「双戟(そうげき)」と呼ばれた。

小説『水滸伝』では呂布に傾倒した呂方とその相棒の郭盛をはじめとして、梁山泊に立ちふさがる敵の中でも一角の豪傑達が使用している。



とのことです☆


ではまた〜



★ ★ ★ ★

ブログ移転しましたぁ〜( ´ ▽ ` )ノ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000

新ブログにて自作甲冑載せてます♪( ´▽`)
IMG_3463.jpg
IMG_3464.jpg
IMG_3470.jpg
IMG_3473.jpg
甲冑はじめました(*゜▽゜*)(冷やし中華はじめました的なや〜〜つ)


posted by jami at 09:00| Comment(0) | 三国志 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。