2013年10月14日

孫子の兵法

IMG_6442.jpg
新ブログはコチラ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000
___________________


は〜〜〜い!どうも!
ど〜〜も!!
jamiです(^^)
はい。jamiです(^^)どうも。

と、いうワケでですね、本日もやってまいりましたこの時間☆

なお、当ブログは自己満仕様となっております。ご了承の上お読みください(^^)


はい。

孫子の兵法。世界で最も有名な兵法書ですね(^^)・・・あ・・・聞いたことない?・・・そうですか・・・残念です・・・(−_−;)

では、かの有名な「孫子の兵法」についてご説明させていただきます!

それに際しまして、本日はすぺっしゃるゲストをお呼びしております。

賢者Wikipedia様です!拍手〜〜〜!!!



孫子 (書物)

西夏語訳『孫子』
『孫子』(そんし)は、中国春秋時代の思想家孫武の作とされる兵法書。後に武経七書の一つに数えられている。古今東西の兵法書のうち最も著名なものの一つである。

『孫子』の成立以前は、戦争の勝敗は天運に左右されるという考え方が強かった。孫武は戦史研究の結果から、戦争には勝った理由、負けた理由があり得ることを分析した。『孫子』の意義はここにある。

著者と目される孫武は、紀元前500年ごろに生きた人物で、当時新興国であった呉に仕え、その勢力拡大に大いに貢献した。そのためその著書は、紀元前5世紀中頃から紀元前4世紀中頃あたりに著されたと考えられている。ただ、単純に著者を孫武として良いのか、それに付随して『孫子』という書物の成立時期はいつかという基本問題において、いまだ諸説ある。

孫武の子孫といわれ、斉に仕えた孫臏も兵法書を著しており、かつては『孫子』の著者は孫臏であるとの説もあった。また『漢書』芸文志・兵権謀家類においては、孫武のものを『呉孫子兵法』82巻・図9巻、孫臏のものを『斉孫子兵法』89巻・図4巻と記し、両書はそれぞれ異なる著作であると見なされている。



賢者Wikipedia様!ありがとうございました〜〜〜!!!

書きたいことは山ほどありますが、本日はその中から二つ!二つだけご紹介したいと思います。

@
三国志の孫堅・孫策・孫権は、孫武の子孫なのである☆

A
武田信玄率いる、甲斐の武田軍。軍旗に記されし「風林火山」は孫子の兵法の一節より採ったものである☆


いやぁ〜〜、良いですねぇ。熱いですねぇ(^^)

・・・あ、熱くない?・・・そうですか・・・残念です・・・

でもね でもね!

私は胸躍るんですの!(((o(*゜▽゜*)o)))


ではまた〜


★ ★ ★ ★

ブログ移転しましたぁ〜( ´ ▽ ` )ノ
↓ ↓ ↓ ↓
戦国クリエーター・jamiの
『 甲冑ファッションコーディネート 』
http://jaminism.hatenablog.com/entry/2018/01/18/000000

新ブログにて自作甲冑載せてます♪( ´▽`)
IMG_3463.jpg
IMG_3464.jpg
IMG_3470.jpg
IMG_3473.jpg
甲冑はじめました(*゜▽゜*)(冷やし中華はじめました的なや〜〜つ)


posted by jami at 09:00| Comment(0) | 古代中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。